今治市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛媛県 > 今治市

今治市でのレッカー移動サービスに24時間対応

今治市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
今治市でのレッカー移動などロードサービス料金
今治市のロードサービス(レッカー移動業者)

今治市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

今治市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、今治市内および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

今治市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
今治市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

今治市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

今治市のレッカー移動サービス対応情報

今治市および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

今治市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

今治市でのロードサービス(レッカー)対応事例

今治市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

今治市大西町:事故車を修理工場までレッカー移動

出張場所:今治市大西町

車種:ダイハツ ムーヴ

作業内容:事故のため自走不能になり、修理工場までレッカー移動依頼。主にフロント左側が損傷しており、エンジンが始動できなく自走もできない状態。タイヤは動く状態でしたので、レッカー車両に車を積載してご指定の修理工場まで15キロほど搬送。搬送中はお客様1名がレッカー車両に同乗しました。

コメント:自分の前を走っていた車が急ブレーキをかけたのですが、避け切れず追突してしまいました。こんなところでブレーキを踏むことなどないと油断していたんだと思います。後から考えれば車間距離も少なかったのかもしれません。

前の車を運転していたドライバーは、ネコが急に飛び出してきたので急ブレーキをかけたと言っていますが、急ブレーキに対応できませんでした。追突された相手の車は、後ろ側が凹んで大きなキズができているものの走行できそうでしたが、追突した自分の車は、エンジンがかからなくなり、潰れたボディーが助手席側のタイヤに擦れている状態です。

修理できるかどうか不安でしたので、知り合いの修理工場に電話して相談してみましたが、とりあえずこの事故車を修理工場まで運ぶことになりました。エンジンがかからないので自走することはできませんので、レッカー車で運んでもらうしかありませんでしたが、レッカー搬送をどこにお願いするばよいか分かりませんでした。

それでレッカー搬送してくれそうな業者さんを呼ばなければいけなくなり、持っていたスマホで「レッカー 今治市」と検索して、救援依頼の電話をさせてもらいました。

電話してからレッカー車が来てくれるまで、道路脇に車を停めて60分ほど待っていましたが、早くこの事故現場から離れたいという気持ちもあり、とても長く感じました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

今治市の警察署・市役所の連絡先

  • 今治警察署:今治市旭町1丁目4-2「TEL:0898-34-0110」
  • 伯方警察署:今治市伯方町木浦甲4639-1「TEL:0897-72-0110」
  • 今治市役所:今治市別宮町1丁目4番地1「TEL:0898-32-5200」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

タイヤの劣化と寿命による交換時期について

タイヤの点検や交換時期

車のタイヤには経年劣化によるひび割れを防止するために、劣化防止剤が含まれていますが、それでもタイヤは自然に劣化していきますので交換が必要です。

身近なゴム製品として輪ゴムの例がありますが、はじめの内は弾力性があるものの、しばらく月日が経つと硬化して伸びなくなり、無理に伸ばそうとすると切れてしまいます。このようにタイヤもゴム製品ですので経年劣化してしまうため、その進み具合によって交換する必要があります。

車のタイヤ交換の目安については、溝のすり減り具合で判断されることが多いですが、例え溝が残っていて走行距離が短い場合でも、劣化によってひび割れが見られるようになります。走行中のバーストの危険性がありますので、最低でも4年前後を目安にして交換した方が良いでしょう。

車種や乗り方によってのすり減り方の違い

セダンタイプの車種は、前後の重量バランスがほぼ同じですので、4本のタイヤはほぼ均等に摩耗します。一方、最近のハイブリッドカーやミニバン、軽自動車は、エンジンもモーターも前側に配置されていますので、前輪の方がすり減り具合が早い傾向があります。ハイブリッドカーやミニバン、軽自動車は、特に前輪側のすり減り具合に注意が必要です。

また、乗り方によってもタイヤのすり減り方が変わってきます。高速道路などを走っている時は、どのタイヤもまっすぐな状態で走っていますので片寄ったすり減り方はあまりしません。それよりも車庫入れなどで切り返しをたくさん行なったり、都市部の信号待ちでSTOP&GOを頻繁に繰り返す方が、タイヤの摩耗は早まる傾向があります。

タイヤ交換のチェックポイント

タイヤ交換を判断する条件については、以下の3つのチェックポイントがあります。

(1)タイヤのすり減り具合
タイヤの溝の深さが1.6ミリ以下になると車検が通りませんが、溝が減っているとタイヤが滑りやすくなって危険です。新品のタイヤの溝は8ミリ程度ですが、3ミリ程度まで溝が減っていると性能が低下して危険ですので、早目に交換した方が良いでしょう。

(2)ひび割れや亀裂などのキズ
タイヤの側面にひび割れがあったり、溝と溝の間がひび割れていると亀裂になり、運が悪いと走行中にバーストしてしまう危険性があり大変危険です。

ひび割れの原因には、経年劣化の他に空気圧不足での走行、道路からの熱や紫外線、縁石に乗り上げたり凸凹道を走った時の過加重などがあります。

(3)使用年数
タイヤは全く走っていない場合でも劣化して硬くなり、傷んでしまいます。4年前後をで交換を検討した方が良いでしょう。タイヤの側面に製造年週が刻印されていますので、一度確認されるのが良いでしょう。

今治市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
今治市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→