西条市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 愛媛県 > 西条市

西条市でのレッカー移動サービスに24時間対応

西条市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
西条市でのレッカー移動などロードサービス料金
西条市のロードサービス(レッカー移動業者)

西条市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

西条市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、西条市内および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

西条市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
西条市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

西条市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

西条市のレッカー移動サービス対応情報

西条市および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

西条市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

西条市でのロードサービス(レッカー)対応事例

西条市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

西条市壬生川:車検切れ車を民間整備工場までレッカー搬送

出張場所:西条市壬生川にお住まいのお客様ご自宅

車種:マツダ MPV

作業内容:車検切れのため西条市内の民間整備工場までレッカー搬送。

コメント:車の所有者だった父が他界して、この車は半年ほど前に車検が切れたのですが、父が大切に乗っていた車でしたので車庫に入れたまま保管していました。

先日、甥が遊びに来た時にこの車を欲しいと言いましたので譲ることにしました。車検は甥が住んでいる近所にある民間の整備工場で受けるそうなので、同じ西条市内にある整備工場にレッカーで搬送することになりました。

バッテリーは上がっていましたが、甥が来た時に他の車からジャンピングを行なってエンジンを始動することはできました。車高はノーマルでエンジンがかかりますので車を動かすことはできます。タイヤの空気は多少抜けているようですが、レッカー車に乗せるくらいなら大丈夫だと思います。

車検が切れている車でしたので、当然JAFには加入していませんし、故障とかではないのでJAFに加入していても搬送は断られたと思います。それでレッカー搬送をしてくれる業者さんがないかネット検索で調べたのですが、「5kmまでは基本料金:15,000円+1km:800円」と料金が明確でしたので、電話して料金についていくらくらいになるか総額を問い合わせました。

自宅から搬送先の整備工場までは10キロくらいなので、自分でもレッカー移動に必要な費用を計算していましたが、電話で確認した見積り額と相違がなかったのでお願いすることにしました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

西条市の警察署・市役所の連絡先

  • 西条警察署:西条市新田133-1「TEL:0897-56-0110」
  • 西条西警察署:西条市周布349-1「TEL:0898-64-0110」
  • 西条市役所:西条市明屋敷164番地「TEL:0897-56-5151」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

自動車を点検する5つのポイント

自動車を点検するポイント

自動車には様々な部品が使われていますが、それらの部品の中には時間の経過や長期使用によって劣化したり摩耗したりする部品もあります。運転中に故障が起きると走行不能になったりしますが、他人の命を奪ってしまうような大事故につながる場合もあります。

トラブルが起きてから後悔したのでは遅いですので、車の故障を未然に防いで、できるだけ長持ちさせるためにも、以下の5つの点検ポイントをご自分でも点検されると良いでしょう。

①タイヤ

タイヤは車が地面に接している唯一の部品ですので、走行中にバーストした場合は重大な事故に繋がる場合があります。

まずは、すり減り具合を点検するためにタイヤの溝を点検しますが、スリップサインまで減っている場合は、タイヤ交換をする必要があります。次に空気圧を点検します。空気圧が高くても低くてもタイヤが変磨耗してしまいますので適正空気圧に調整します。また、クギなどがタイヤに刺さっていないかも点検します。走行中にタイヤ付近で周期的に音がする場合は、早目に点検して修理します。

②エンジンオイル

エンジンオイルはエンジンの潤滑をする役割がありますので、量が不足していたり、長く使い過ぎて汚れていたり劣化していると、エンジンが潤滑不良を起こしてしまい、焼付きや故障の原因になってしまいます。そのため、エンジンオイルの点検はとても重要です。

エンジンオイルを点検する時は、ボンネットを開けてオイルレベルゲージを抜き、ウエスなどでゲージの先端に付いているオイルを拭き取ります。そしてゲージを戻して再度抜き取り、オイルの量や汚れ具合を点検します。

オイルの量はゲージのLOWレベルからFULLレベルの間に入っていればOKです。また、長い間使ったエンジンオイルは劣化して黒くなっています。ゲージの先端に付いたオイルの色が黒ずんでいる場合は、新しいオイルに交換した方が良いでしょう。

エンジンオイルの交換時期は、走行距離や使用期間で判断することもできます。車両の取扱説明書に走行距離や使用期間による交換時期が記載されていますので、一度確認した方が良いでしょう。

③ベルト類の点検

ボンネットを開けるとベルト類が使われていますが、各ベルトの内側を点検してヒビや亀裂が入っていないか点検します。また、ベルトが伸びてたるんでいないかも点検します。

④バッテリー

バッテリーの電力がスターターを回す電力より低くくなると、電力不足でエンジンを始動できなくなります。エンジンをかけた時にスムーズにエンジンがかかれば問題ありません。

次にバッテリー液の量も点検しますが、減っている場合は補充します。また、バッテリーの寿命は3~5年ですので、3年以上使用している場合でバッテリーが弱っていると感じた場合は、早目にバッテリーを交換して方が良いでしょう。

⑤冷却水

冷却水はエンジンを冷やす役割がありますので、冷却水が不足してしまうとエンジンがオーバーヒートしてしまいます。

冷却水を点検する時は、ボンネットを開けて冷却水のリザーバータンクのMAX~LOWの間に冷却水があるかどうかを点検します。そしてラジエータキャップを開けて、ラジエーター内に冷却水があるかも点検した方が良いでしょう。

西条市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
西条市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→