羽島市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 岐阜県 > 羽島市

羽島市でのレッカー移動サービスに24時間対応

羽島市でのレッカー移動などロードサービス料金
羽島市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

羽島市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

羽島市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、羽島市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

羽島市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

羽島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
羽島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

羽島市のレッカー移動ロードサービス対応情報

羽島市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

羽島市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

羽島市でのロードサービス(レッカー)対応事例

羽島市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

羽島市舟橋町:配達中にぬかるみから脱出できなくなった軽バンを救出

出張場所:羽島市舟橋町内の配達先お客様宅の敷地内

車種:軽バン(スズキ エブリイ)

作業内容:ぬかるみから脱出できなくなった軽バンを救出。

お客様のコメント:配達中に泥にハマって動けなくなってしまいました。会社に知らせるといろいろと後処理が厄介なので、何とか早く来てくれるロードサービスを探して電話しました。電話したタイミングも良かったみたいで、ちょうど近くにスタッフの方がいるということでしたので、至急でお願いすることにしました。

会社で何らかの保険やロードサービスに入っているかもしれませんが、会社には内緒にしておきたいので、料金は自費でお支払いします。ロープで引っ張ってもらえれば、ぬかるみから脱出できると思いますのでよろしくお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

羽島市の警察署・市役所の連絡先

  • 岐阜羽島警察署:岐阜市柳津町梅松3-108「TEL:058-387-0110」
  • 羽島市役所:羽島市竹鼻町55「TEL:058-392-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のヒューズが切れる時に考えられる原因

車のヒューズが切れる時に考えられる原因

車のヘッドライトが点灯しなくなったり、シガーソケットから電源を取っている電装品の電源が入らなくなった時など、電装品が機能しなくなった時にヒューズが切れている場合があります。ヒューズは、定格以上の電気が流れた場合に電気系統を保護するための部品ですが、ヒューズが切れた時はサイズや容量が同じものに交換するのが基本です。

ヒューズが切れる主な原因

配線の被膜が破れたことによるショートや容量オーバーが、ヒューズ切れの原因として考えられます。

配線のショート

ヒューズ切れでまず考えられるのは配線のショートです。通常の配線は被膜の中に導線があり、ボディなどの金属部分に触れてもショートしない様に作られています。しかし、配線の被膜が痛んで破れていると、導線が金属部分に触れることでショートしてしまうことがあります。

配線をきつく束ねていたり何かに擦れていたりすると被膜が破れることがありますが、多くの配線の中からショートしている個所を探し出すのは大変なことです。後から配線を変更していなければ、配線の被膜が破れる心配はあまりありませんが、後から追加した電装品の配線がショートすることが多いです。もし、配線を変更した箇所があれば、その配線箇所から点検することをお勧めします。

ヒューズが切れてしまった場合、新しいヒューズに交換することでヒューザ切れが再現しなくなる場合もありますが、ヒューズを交換してもすぐに交換したヒューズが切れてしまう場合は、配線がショートしている個所を修理する必要があります。

後付け電装品による容量オーバー

配線のショートがヒューズ切れの原因でない場合は、後付け電装品によってヒューズを上回る電力を使用していることが考えられます。電気を多く使う電装品を追加したり、ひとつの電気回路にたくさんの電装品をつないでいる場合などは、ヒューズ切れの原因になっていることがあります。シガーソケットから分岐してたくさんの電装品を使用している場合などには、ヒューズ切れの原因になっていることがあります。

後から電装品を追加するものとしては、ETCやカーナビ(テレビ)、ドライブレコーダーや大容量スピーカーなど、様々なものがあります。最近ではスマホの充電を行うことも多くなっていると思います。電装品の取り付けは、ご自分で行えば取り付け費用を節約することもできますが、配線が必要な場合にはカーショップなどに配線をお任せした方が安心です。専門のところに頼めば、電力的に余裕のある回路から配線を引いてくれると思います。

ヒューズの容量を大きくしない方が良い

ヒューズが切れない様に元々取り付けられていたヒューズよりも大きな容量のヒューズに交換するのは得策ではありません。その電気回路に定格以上の電力が流れてしまい、元々付いていた純正の電装品などに負担を与えることになってしまいますので、故障してしまう原因になってしまいます。

以上の様にヒューズが切れる原因としては、配線のショートや電装品増設による容量オーバーが考えられます。また、ヒューズの容量を大きくすればヒューズ切れしなくなると考えられますが、根本的な対策ではなく、その他の電装品に負担を加えることになり故障の原因になってしまいます。

お急ぎのロードサービスはこちら→