本巣市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 岐阜県 > 本巣市

本巣市でのレッカー移動サービスに24時間対応

本巣市でのレッカー移動などロードサービス料金
本巣市のロードサービス(レッカー移動業者)

本巣市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

本巣市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、政田/真桑/文殊/曽井中島/仏生寺/三橋/十四条/見延/浅木/上保/軽海/小柿など本巣市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

本巣市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

本巣市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
本巣市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

本巣市のレッカー移動サービス対応情報

政田/真桑/文殊/曽井中島/仏生寺/三橋/十四条/見延/浅木/上保/軽海/小柿など、本巣市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

本巣市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

本巣市でのロードサービス(レッカー)対応事例

本巣市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

本巣市:事故車のレッカー搬送

出張場所:岐阜県本巣市

車種:日産キューブ

作業内容:道路脇の電柱に衝突して走行不能になった車両を修理工場までレッカー搬送。

コメント:凄い豪雨で見通しが悪くなり、道路脇に電柱があるのに気付きませんでした。雨がすごく降っていたため、近所の人たちが集まって来なくて良かったのですが、左フロントが電柱に衝突して左前輪のタイヤが動かなくなってしまいました。それほどスピードは出てなくて身体は負傷していないのですが、車は動かせなくなり重症みたいです。

自宅の近くにある知り合いの修理工場に電話して、これからレッカーで搬送してもらうことを伝えてあります。搬送距離は15キロ程度だと思います。車を事故った時は凄い雨が降っていたのですが、今は小降りになりました。先程のような豪雨が続いていたらレッカー搬送していただくのが大変な作業になったと思いますが、雨が弱くなって良かったです。

今はスマホがあるので車の中でレッカー業者さんをネット検索して電話までできますが、スマホがない昔にこんなことになったら、きっと大変だったんだろうな~と思いながら、レッカー車が来てくれるのを車の中で待っていました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

本巣市の警察署・市役所の連絡先

  • 北方警察署(管轄):本巣郡北方町北方3219-27「TEL:058-324-0110」
  • 本巣市役所:本巣市文殊324番地「TEL:0581-34-2511」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

冠水道路走行時の注意

冠水道路へ突入

異常気象の影響でゲリラ豪雨や台風時の集中的な豪雨で冠水した道路を通り過ぎようとして、車を水没させてしまう危険性は少なくありません。多少無理かと思っても、先を急いでいたり後続車が迫っていたりすると、恐る恐る冠水した水溜りに入り込んでしまう場合もあります。

車両保険に加入していれば、ある程度の損害は保険でカバーすることもできますが、水没して車が損害を受けるだけでなく命の危険性もありますので、集中的な豪雨の中での運転には細心の注意が必要です。

車は雨が降っていても走行可能ですが、冠水した時の防水対策はほとんどされていませんので、深さが分からない冠水した道路に進入するのは大変危険な行為です。

勢い良く冠水道路へ突入するのは危険

幅が数メートル程度の冠水道路であれば、勢い良く突っ込めば通過できると思いがちですが、これは大変危険な行為です。勢い良く突っ込んでしまうと、水は衝撃をほとんど吸収してくれませんので、かなりの衝撃を受けることになります。

20cmくらいの僅かな水深の水溜りであっても、勢いをつけて水溜りに進入してしまうと、その時の衝撃で車両の前面にあるバンパーやフロントグリル、ラジエーターなどが壊れたり、各種センサーなどもダメージを受けて作動しなくなったり、走行不能になってしまうかも知れません。

また、水深が深ければ最初は車が水に浮いたとしても徐々に車が水没して、車内から脱出することができずに溺れ死ぬケースもあります。

冠水道路の走行

どうしても冠水した道路を走らなければいけない状況の時は、どのくらいの水深があるかを見極める必要があります。自分が先導して冠水道路に進入する必要はありませんので、車を道路脇に停車させて他の車の走行状態を観察します。そして車両のどのくらいの高さまで水に浸るか確認します。明らかに無理そうな場合は、冠水道路の走行は諦めた方が良いでしょう。

水深が20cm以下であれば大丈夫な場合もあると思いますが、水深の目安として路側帯の縁石やガードレールの浸水状態を確認すると良いでしょう。ガードレールが浸水していれば、水深は60cm以上はありますので進入してはいけませんが、幹線道路の縁石の高さは15cmが標準ですので、縁石が水没していなければ走行できる可能性もあります。ただし、用途によって縁石の高さが20cmを超えるものもありますので、高さの判断には十分注意してください。

冠水道路の走行時は、前の車がエンストして止った場合でも、回避できる程度の車間距離を十分に取って進入することがポイントです。また、マフラーからの浸水を防ぐためにブレーキやパーキングブレーキをかけながら、エンジン回転をある程度上げて走行するのもポイントです。

但し、冠水道路の走行はできれば避けた方が良いですので、回り道を選択したり、雨が小降りになるまで安全な場所で待機した方が良いでしょう。

お急ぎのロードサービスはこちら→