土岐市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 岐阜県 > 土岐市

土岐市でのレッカー移動サービスに24時間対応

土岐市のレッカー移動などロードサービス料金
土岐市のレッカー業者

土岐市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

土岐市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、土岐津/下石/妻木/曽木/駄知/肥田/泉/泉西地区など土岐市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

土岐市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

土岐市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
土岐市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

土岐市のレッカー移動サービス対応情報

土岐津/下石/妻木/曽木/駄知/肥田/泉/泉西地区など、土岐市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

土岐市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

土岐市でのロードサービス(レッカー)対応事例

土岐市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

土岐市:事故車のレッカー搬送

出張場所:岐阜県土岐市

車種:ダイハツ ミラ

作業内容:スタック引き出し作業後に近くの修理工場まで車両搬送。

コメント:電話でレッカーをお願いした時は、ぬかるみから脱出できなくなったと説明しました。しかし、レッカー車が来るまで自分で脱出を何回か試みてみたのですが、勢いが付き過ぎて左前輪のタイヤ付近を壊してしまったかも知れません。

こんなことになるなら、レッカー車の救援が来るまで大人しく待っていれば良かったと思います。

引き上げていただいてからになりますが、もし走行できないようであれば最寄りの修理工場まで搬送してください。また、修理工場まで同乗もお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

土岐市の警察署・市役所の連絡先

  • 多治見警察署(管轄):多治見市宝町6-65「TEL:0572-22-0110」
  • 土岐市役所:土岐市土岐津町土岐口2101番地「TEL:0572-54-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車が冠水や浸水してしまった時の対処法

車が冠水してしまったら・・・

一般的は乗用車は、ドアの下側(床面が水に浸らない程度)の水深であれば、冠水や浸水に耐えられるように設計されていますので、ある程度の水溜りであれば走行することは可能です。しかし、水溜りに入る前には大丈夫と思っても、思ったよりも水深がある場合があります。また、勢い良く水溜りに突っ込んだ場合などは、その反動で水が車の床面以上に入り込んできたり、マフラーの排気口に水が入り込んでしまうことがありますので、水溜りはできる限り避けて走行した方が良いでしょう。

最近はゲリラ豪雨があちこちで発生していますが、線路のガード下や立体交差点などで道路を掘り下げて「すり鉢状」になった道路には水溜りが発生しやすいので、絶対に入り込まずに引き返した方が無難でしょう。各市町村で水溜りができやすいところは分かっていますので、警察や消防の方々が通行止めにしてくれますが、急な豪雨で間に合わない場合もありますので注意が必要です。

車が冠水してしまったら・・・

水溜りがある場合、見た目だけでは分かりませんので思ったより水深がある場合があります。床面以上の水深であっても、すぐには浸水しませんので「行ける!」と思うかもしれませんが、危険を感じた時には車が浮いて走行できなくなり、エンジンの吸気口や排気口に水が入り込んでエンジンが停止して、そのまま立ち往生してしまうこともあります。

車が冠水して動けなくなってしまった場合はもう手遅れで、感電の危険もありますのですぐにエンジンを停止して避難方法や避難経路を考えて身の安全を確保します。車の前方は水深がもっと深い場合がありますので、避難する場合は走ってきた方向に戻るようにします。泥水で濁っていますので足元の状態が分からないと思いますが、マンホールの蓋が取れて穴が開いている危険性もありますので、慌てず一歩一歩確かめながら歩いて避難します。

ゲリラ豪雨は短時間で雨が止む場合も多いですが、冠水してしまった車は水が引くまで放置するしかありません。一度冠水してしまった車は、感電や車両火災の危険性がありますので、むやみにエンジンをかけない方が良いでしょう。

修理または廃車することになると思いますが、車が冠水してしまったら保険会社、車の販売店や修理工場に連絡して今後の対処方法を相談してください。そして、当社のようなロードサービスを呼んで、指定場所またはロードサービスが紹介するところまで冠水した車をレッカー搬送してください。

お急ぎのロードサービスはこちら→