沖縄県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 沖縄県

沖縄県でのレッカー移動サービスに24時間対応

沖縄県のレッカー業者

沖縄県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

沖縄県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、那覇市/糸満市/豊見城市/浦添市/宜野湾市/南城市/沖縄市/うるま市/名護市/島尻郡-八重瀬町・与那原町・南風原町/中頭郡-嘉手納町・西原町・北中城村・北谷町・中城村・読谷村/国頭郡-大宜味村・恩納村・金武町・宜野座村・国頭村・今帰仁村・東村・本部町周辺地域および沖縄本島全域のレッカー移動サービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

沖縄県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

沖縄県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
沖縄県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

沖縄県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い沖縄県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。沖縄県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

沖縄県のレッカーサービス対応エリア

沖縄県対応ロードサービス

※沖縄本島内:全域対応です。

沖縄県でのロードサービス(レッカー)対応事例

沖縄県でのロードサービス(レッカー)対応事例

沖縄県で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

沖縄県那覇市:前部を破損した事故車のレッカー搬送

出張場所:沖縄県那覇市

車種:トヨタ プリウス

作業内容:前部を破損した事故車のレッカー搬送。

コメント:事故で車の前の部分を破損した状態です。バンパーが取れてしまい、エアバッグも出ている状態です。エンジンも破損していると思うので、エンジンがかかるかどうかは試していませんが多分ダメでしょう。

シートベルトをしていてエアバッグにも守ってもらったので、体は全然怪我などしていませんが、車は壊れてしまいました。現場検証はほとんど終わり、壊れた車は自分でレッカー移動をすることになったのですが、どこにレッカー移動を頼んでよいのか分からず困ってしまいました。そのため、携帯していたスマホですぐにレッカー移動に対応してくれる業者さんがないか検索して調べました。

多分、廃車になってしまうかも知れませんが、自宅近くの修理工場までレッカーで運んでもらおうと思いました。

レッカー移動なんてしてもらったことなど一度もないのですが、事前の契約なしでもレッカー移動をしてもらえる業者さんがあって本当に助かりました。また、電話した時にどのくらいの料金がかかってしまうのか確認させて頂きました。ホームページに掲載されている料金を目安にしていましたが、突然依頼したにも関わらず良心的な料金で良かったです。

トピックス:車のタイヤのメンテナンス

車のタイヤのメンテナンス

車のタイヤを点検する時に最も重要なのは溝の深さや摩耗状態ですが、異物が刺さっていたり、溝に小石などが挟まっていたり、タイヤの表面に釘などが刺さっていないかなども点検します。溝に挟まっている小石などは、自分の車が被害に遭うことはほとんどないと思いますが、高速走行中などスピードを出して走っている時に飛び石になって、他の車のフロントガラスやボディをキズ付ける可能性があり危険です。

空気圧の点検は、様々な空気圧計が販売されていますので、空気圧計を持っていれば自分でもコマ目に点検することもできますが、ガソリンスタンドで給油する時に空気入れを無料で貸してくれるスタンドが多いですので、給油の際に時々空気入れを借りて補充するのも良いでしょう。また、自分で空気入れをするのに自身がない場合は、スタンドのスタッフにお願いすれば快く空気を入れてくれるはずです。

また、わざわざ空気圧計を使わなくてもタイヤの側面のたわみ具合でも、ある程度は空気圧が減っているのが分かります。タイヤの空気圧の点検は少なくとも月に一回くらいは実施した方が良いと思いますが、特に高速道路を走行する前には、空気が抜けた状態での高速走行はバーストの原因にもなり危険ですので、空気圧の点検や補充は必ず行なう必要があります。

タイヤのローテーション

車のタイヤはコーナリングやブレーキング、重量のバランスなどが起因して、個々のタイヤへの負担が異なりますので、前後左右など場所によってすり減り具合が異なります。ある程度すり減り方を均一にした方が、タイヤも長持ちしますので、タイヤの位置を定期的に変えるタイヤローテーションを行います。

一般的には1万km走行前後で行った方が良いと言われていますが、実際に目視点検をしてすり減り方が明らかに異なる場合は、早めにローテーションを行なった方が良いでしょう。

タイヤの寿命と交換

タイヤは長い距離を走っていれば次第に擦り減って、使用限界である溝の深さが1.6mm以下になってスリップサインが現れてきます。一般的にスリップサインが現れれば寿命とされていますが、タイヤのゴムは紫外線や温度差などで劣化して硬化していきますので、溝の深さだけではなくひび割れなども寿命の判断材料になります。

ひび割れができてしまうほどタイヤの硬化が進んでしまうと、グリップ力なども低下してタイヤ本来の性能が発揮できなくなってしまいますので、硬化現象が現れた場合はタイヤの交換を考えた方が良いでしょう。

タイヤのローテーションは自分でできても、タイヤのゴムの部分を自分で交換することはできませんので、整備工場やタイヤ専門店、カーショップやスタンドなどに依頼するのが一般的ですが、特にタイヤ専門店やカーショップなどでは、種類も豊富で適切なアドバイスを受けることができますので、硬化によるひび割れ症状が現れた場合は一度相談してみてください。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

沖縄県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
沖縄県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→