和歌山県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 和歌山県

和歌山県でのレッカー移動サービスに24時間対応

和歌山県での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
和歌山県でのレッカー移動などロードサービス料金
和歌山県対応のロードサービス(レッカー移動業者)

和歌山県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

和歌山県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、和歌山市/橋本市/紀の川市/岩出市/海南市/和歌山県立体育館/和歌山マリーナシティ/紀州東照宮/海南市わんぱく公園/道の駅-紀の川万葉の里/和歌山ビッグウエーブ/和歌山県立自然博物館/和歌山城/橋本市運動公園/和歌山公園動物園など、和歌山県内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

和歌山県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
和歌山県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

和歌山県でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

和歌山県のレッカー移動ロードサービス対応情報

和歌山県内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

和歌山県のロードサービス対応エリア

和歌山県でのロードサービス(レッカー)対応事例

和歌山県で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援に24時間対応で出張します。

  • 【あ】有田市/岩出市/有田郡-有田川町・広川町・湯浅町/伊都郡-かつらぎ町・九度山町・高野町
  • 【か】海南市/紀の川市/海草郡-紀美野町
  • 【は】橋本市/日高郡-美浜町・由良町
  • 【わ】和歌山市

和歌山県内の上記および周辺地域のロードサービス対応・・・お任せ下さい!

和歌山県内のレジャー先や各施設へもレッカーサービス緊急出動します!

  • 和歌山ビッグ愛/和歌山県書道資料館/和歌山市民球場/和歌山ビッグホエール/和歌山大学/和歌山市役所/和歌山マリーナシティ/和歌山県庁/京奈和自動車道/和歌山県立医科大学/テレビ和歌山
  • 和歌山市民会館/NHK和歌山放送局/橋本市産業文化会館/JA紀北かわかみ/紀泉高原スカイライン/和歌山公園動物園/イオンモール和歌山店/紀の川市役所/和歌浦/紀の川市立パークゴルフ場
  • 雑賀崎/和歌山城/新和歌浦/片男波海岸/和歌山カントリー倶楽部/淡嶋神社/紀州東照宮/和歌浦天満宮/神通温泉/和歌山県立紀伊風土記の丘/加太淡嶋温泉/和歌山県立近代美術館/磯ノ浦
  • 紀の国カントリー倶楽部/観光特産センターこかわ/和歌山競輪場/和歌山県立博物館/和歌山市立博物館/和歌山市立こども科学館/花山温泉/紀の川市歴史民俗資料館/和歌山ビッグウエーブ
  • 橋本市運動公園/雨山観光農園/紀三井寺公園/紀三井寺球場/貴志川ゴルフ倶楽部/県立橋本体育館/紀三井寺陸上競技場/和歌山市立松下体育館/橋本市役所/紀北東道路/橋本市郷土資料館
  • 橋本市民会館/ハイランドパーク粉河/和歌山県立橋本体育館/紀伊国分寺/貴志川トレーニングプラザ/紀の川市立粉河体育館/桃山特産センター/橋本カントリークラブ/紀北西道路/貴志川観光物産センター・・・他

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

交通事故防止のポイント

レッカー移動はお任せ下さい!

交通事故防止のポイントを知り安全な運転を確保するためには、様々な状況における危険を予測することが必要です。運転中の危険には死角となりに見えない危険が多くあります。

死角となって見えない危険は、直前まで確認できませんので、気付くのが遅れやすく事故に遭う可能性が多くなります。

交差点での対向右折車による危険

交差点でトラックやバスなどの大型車やワンボックス車が、対向車で右折しようとしていると、その後方が死角になります。右折対向車の死角からバイクなどが突然現れる場合がありますので、自分も右折する場合は一気に右折するのではなく、少しずつ進んで対向車線の状況を十分に確認してから右折すると良いでしょう。

右折時の危険

直進道路で右折する時も注意が必要です。対向車線を走ってくる車両が大型車の場合、その後方を走っている後続車を確認できない場合があります。対向車が通り過ぎた後に後続車がいないと思ってすぐに右折すると、後続車と衝突する危険性があります。特に大型車が通り過ぎた後に右折する際は、後続車の有無を十分に確認してから右折しましょう。

交差点での対向左折車による危険

交差点で右折しようとした時に対向車線に左折車があると、左折車で死角になって見えないところに小さな子供がいるのが見えない場合があります。左折車が停止した時に道を譲ってくれたと思って、一気に右折してしまうと、死角になっている場所から子供が急に飛び出してくる危険があります。

交差点で左折車が停止した場合は、この様な危険が潜んでいますので、右折する際は急な飛び出しにも対応できる様に十分安全を確認して右折すると良いでしょう。

左折する時

クルマの後方や左側は、バックミラーやサイドミラーに映らない死角があります。特にバイクや自転車は路側帯を走行してきますので、ミラーで後方を確認するだけでなく、振り向いて目視確認も行って安全を確認してから左折すると良いでしょう。

片側2車線道路の信号待ちで発信する時

隣に停車している車両が大型車の場合、横断歩道の状況が十分に確認できない場合があります。この様な状況では、横断歩道を渡り遅れて横断している歩行者や、信号無視の歩行者に気付かないで発信すると大変危険です。横断歩道の状況で確認できないエリアがある場合は、左右の車両が発進後に発進するか、十分に安全が確認できてから発進しましょう。

信号のある交差点に進入する時

前を走っている車両が大型車の場合、接近した状態ですと信号を確認できずに交差点に進入してしまう場合があります。車間距離を十分取って信号を確認してから交差点に進入しましょう。

万が一、事故が起きてしまいレッカー移動が必要になった場合は、生活トラブルSOSの全国24時間対応ロードサービスにご依頼下さい。

和歌山県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
和歌山県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→