神戸市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 大阪府・兵庫県 > 神戸市

神戸市でのレッカー移動サービスに24時間対応

神戸市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
神戸市でのレッカー移動などロードサービス料金
神戸市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

神戸市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

神戸市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区など、神戸市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

神戸市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
神戸市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

神戸市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

神戸市のレッカー移動ロードサービス対応情報

垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区など、神戸市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

神戸市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

神戸市でのロードサービス(レッカー)対応事例

神戸市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

神戸市垂水区:故障してエンジンがかからない車両のレッカー搬送

出張場所:神戸市垂水区のショッピングセンター駐車場

車種:トヨタ ヴォクシー

お客様のコメント:買い物が終わり、車のエンジンをかけて帰ろうとしたのですが、エンジンがかからなくなっていました。バッテリー上がりかどうかは自分でも判断できるのですが、確実にバッテリー上がりが原因ではありませんでした。

買い物に来る時も、お店に到着しようとした時に違和感があったので、燃料系か吸排気系に不具合が出ていると思います

いずれにせよ、故障していてここから動かせないので、レッカー移動で車を運んでもらうことにしました。
搬送先は、自宅近くのトヨタのディーラーになります。子供たちが一緒なのでレッカー車に同行することはできませんが、ディーラーには車を運んで行くことは電話連絡してあります。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

神戸市役所の連絡先

  • 神戸市役所:神戸市中央区加納町6-5-1「TEL:078-331-8181」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車が真っすぐに走れなくなる故障

車が真っすぐに走れなくなる故障

重量もあり様々な部品が使われている車は、タイヤやホイール、サスペンションやホディの歪み、そしてステアリング機構などに異常があると、ハンドルが取られて真っすぐ走れなくなってしまいます。

ドライバーは傾きや凸凹がある道や、カーブのある道を運転する時には、無意識の内にハンドル操作して進行方向を修正しています。しかし、車に何らかの異常が生じてバランスが崩れていると、真っすぐできれいに舗装されている道路でも、意識してハンドル操作しないと、まっすぐ走れなくなってしまいます。

ゆっくり走っている時は、あまり感じない場合もありますが、走行中にハンドルから手を離した時に、ハンドルが右か左にとられててしまう状態の車を運転するのは大変危険です。車は長く乗っていれば、何らかのバランスが崩れてしまうものですが、縁石などに車をぶつけて無理な力が加わって、バランスが崩れてしまうこともあります。

車が真っすぐ走れなくなった時は、以下の様な原因が考えられます。

バラツキのあるタイヤの空気圧

タイヤの空気圧は次第に低下してしまうものです。そしてタイヤによって空気圧の低下具合が異なりますので、次第にバラツキが出てしまいます。空気圧が低下してしまうと、地面に接する面積が増えて抵抗も大きくなります。そして、空気圧のバラツキが生じると、抵抗が大きい方へハンドルがとられる様になり、真っすぐ走れなくなってしまいます。

ホイールアライメントの狂い

車のそれぞれのホイール(車軸)には、サスペンションによって様々な方向に大小の角度が付けられており、これらの角度を適正な状態に調整する事をホイールアライメントといいます。ホイールアライメントは、車とタイヤ本来の性能を無駄なく活かして、直進安定性や旋廻性能を確保するために重要です。そのため、何らかの衝撃でホイールアライメントが狂ってしまうと、ハンドルをとられてしまう原因になります。

ステアリングの不具合

パワーステアリングは、オイルや電気系統の不具合で。真っすぐに走れなくなることもあります。また、ステアリングを小径にしてステアリング操作のレスポンスを良くしたり、見た目を良くするために、自分でステアリングを交換している車両もあります。しかし、ステアリングを交換した時に、中心からずれた状態で取り付けてしまうと、真っすぐ走れなくなる原因になることもあります。

アシスト機能の動作

クルーズコントロールやレーンキーピングアシストなど、運転をアシストする機能が増え、レーダーやセンサーが随所に取り付けられる様になりました。アシスト機能の中には、進行方向をコントロールするものもありますが、正しく機能しなくなる可能性もあると考えても良いでしょう。

ボディの歪みや事故歴のある車

それぞれの車の構造にもよりますが、ボディの歪みも原因として考えられます。最近流行りのモノコック構造で衝撃吸収力が高まり、安全性は高まりましたが、衝撃などによる少しの変形がボディ全体に影響してしまうデメリットもあります。

また、中古車を購入した場合、一般の方では事故歴があるかどうかは、分からない場合も多いです。事故でダメージを受けた車体を完璧に元に戻すのは大変難しいものです。中古車を購入する場合は、できれば試乗してから購入を決めた方が良いでしょう。

神戸市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
神戸市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→