須磨区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 大阪府・兵庫県 > 神戸市須磨区

須磨区でのレッカー移動サービスに24時間対応

須磨区でのレッカー移動などロードサービス料金
須磨区のレッカー業者

須磨区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

須磨区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、妙法寺/板宿町/白川台/弥栄台/高倉台/北落合/横尾/大池町/大田町/友が丘/須磨浦通/須磨寺町/鷹取町/中落合/西落合/竜が台/一ノ谷町など須磨区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

須磨区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

須磨区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
須磨区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

須磨区のレッカー移動サービス対応情報

須磨区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

須磨区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

須磨区でのロードサービス(レッカー)対応事例

須磨区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

神戸市須磨区:車検切れ車の搬送

出張場所:神戸市須磨区→東灘区

車種:ホンダ ステップワゴン

作業内容:車検切れ車の営業所間搬送。

コメント:中古車の搬送をお願いします。今日中に中古車を営業所間(須磨区→東灘区)で搬送しなければいけなくなったのですが、いつも利用している搬送車が故障してしまい都合が付かなくなりました。お客様に約束した納期に間に合わせるためには、今日中に搬送する必要がありました。

車検切れ車の状態ですので、荷台に乗せて搬送できる運搬車で搬送する必要がありました。距離的には20キロメートルくらいの搬送になりますが、車検切れ車の搬送を請け負っていただけるところが見つかり助かりました。夕方に近い時間の搬送依頼になってしまいましたが、届け先の営業所には事情を連絡してありますので、搬送する車が届くまで担当者が営業所をお待ちするように手配してあります。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

須磨区の警察署・区役所の連絡先

  • 須磨警察署:神戸市須磨区大池町5丁目1-30「TEL:078-731-0110」
  • 須磨区役所:神戸市須磨区大黒町4-1-1「TEL:078ー731ー4341」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のブレーキの異常とブレーキパッドの交換時期

車のブレーキを踏む

最近の車は性能や生産技術も向上していますので、昔と比べれればあまり故障しないイメージがあると思います。しかし、車が進む方向を操作するハンドルや車を停止させるブレーキが故障してしまうと、重大事故につながる危険性があります。

ハンドルのパワーステアリングが効かなくなる程度であれば何とかなるケースが多いですが、ハンドルが固まって動かなくなる故障が起きる可能性もあります。ハンドルの故障であれば、車を停止させることができますが、ブレーキが故障してしまうと大変なことになります。

車のブレーキは、走行中の車を停止させるための重要な役割がありますので、何かいつもと違う症状や異音、そして違和感を感じた時は、速やかに整備工場で点検や修理を受ける必要があります。

ブレーキの異常を知らせる症状や異音

ブレーキパッドが摩耗して交換時期を迎えたり、ブレーキの調子が悪くなると以下の様な症状が出たり、異音が聞こえたりします。

ブレーキの故障箇所によって症状や異音は変わりますが、正常に機能している時とは異なる症状や異音で分かると思います。症状や異音に気付いているのに点検や修理を行わないで車に乗り続けるのは大変危険です。
ブレーキオイルやブレーキパッドは消耗品ですので、状態や走行距離、使用期間などで判断して新しいものに交換する必要があります。

ブレーキオイルは、油圧式ブレーキを作動させるために必要な液体ですが、劣化してしまうとブレーキの効きが弱まってしまうという特徴もあります。エンジンオイルと比べると交換時期がそれほど頻繁ではありませんので、車検時に交換することが一般的です。

ブレーキの効きが悪くなったと感じた時は、ブレーキオイルが劣化しているケースも多いですので、事故を未然に防ぐためには、ブレーキの効きの悪さを感じた時に交換した方が良いでしょう。また、走行距離が少ない場合でも、ブレーキオイルは時間と共に劣化しますので、2年を目安に交換を考えた方が良いでしょう。

ブレーキパッドの交換時期

車のブレーキパッドは、ディスクブレーキを構成する主要なパーツのひとつです。ブレーキを踏んだ時にブレーキディスクローターに押し当てられ、その時の摩擦で制動力を産み出す重要な役割を担っています。新品の状態で約10mmの厚さがありますが、2mm程度まで摩耗してしまうと危険です。

ブレーキパッドの摩耗が進み交換時期が近付くと、ブレーキ鳴きと呼ばれる「キーキー」というような異音が発生する場合があります。また、ブレーキを踏んだ時に「ゴリゴリ」と何かが削られている様な異音が聞こえるようになった場合は、ブレーキパッドの摩耗が進み、硬い部分がローターに当たってしまい、ローターをガリガリと削っている証拠です。

車に詳しい人であれば、ブレーキパッドを自分で交換することも可能で、ブレーキパッドもカーショップなので購入することができます。しかし、車を停止させる大変重要な場所でもありますので、多少の費用がかかったとしても整備工場に頼んだ方が良いでしょう。

お急ぎのロードサービスはこちら→