鴨川市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 千葉県 > 鴨川市

鴨川市でのバッテリー上がり救援サービス

鴨川市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

鴨川市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。鴨川市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

鴨川/江見/天津小湊/長狭地区など、鴨川市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で鴨川市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

鴨川市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

鴨川市でのバッテリー上がり対応情報

鴨川市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

鴨川市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

鴨川市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

鴨川市でのバッテリー出張交換にも対応

鴨川市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

鴨川シーワールド駐車場:半ドアによるバッテリー上がり

出張場所:鴨川シーワールドの駐車場

車  種:日産 セドリック

トラブル:半ドアで室内灯が点きっ放しになりバッテリー上がり。

コメント:いつもはしっかりとドアを閉めているのですが、鴨川シーワールドに家族で遊びに来て気が緩んだせいか、半ドアのまま入園してしまいました。

6時間ほど遊んでから駐車場に戻りましたが、車に乗ろうとした時に半ドアになっていることに気付きました。長い時間、室内灯が点きっ放しになっていたと思いましたので、恐る恐るキーを回してエンジンをかけようとしましたが、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなっていました。

JAFには加入していないし、知り合いもこの辺にはいないので、鴨川で車がバッテリー上がりになった時にどうすれば良いかネットで調べたところ、会員でなくてもスポット的に利用できるロードサービスを見つけました。

鴨川市横渚:寿命による充電不足でバッテリー交換

出張場所:鴨川市横渚 お客様がお住いのアパート駐車場

車  種:トヨタ ヴィッツ

トラブル:バッテリーの寿命による充電不足で出張バッテリー交換。

コメント:これから2泊でドライブに行こうとしていたのに、エンジンがかからなくて困ってしまいました。先週の土日にも車を使ったのですが、エンジンのかかりが悪くなったような気がしていたので、バッテリー上がりだと思います。

ドライブ先でバッテリー上がりになって右往左往するのは嫌なので、新しいバッテリーに交換したいと思ってネットで検索していたら、出張でバッテリー交換をしてくれる業者さんがあるのが分かりました。

朝早く電話したのですが、バッテリーの在庫があってすぐにバッテリー交換が出来たので良かったです。こんな時は大衆車に乗っていると良いですね。予定の出発時刻よりも2時間ほど出発が遅れてしまいましたが、お陰様でバッテリー上がりの心配をしないで出掛けることができます。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーを長持ちさせるには

バッテリー点検

自動車のトラブルで一番多く発生しているのはバッテリー上がりですが、思わぬところで思わぬ時に起きる場合があります。バッテリーに優しく長持ちさせる自動車の使い方を心掛けていれば、バッテリー上がりで困る確率も低くなり、自動車の維持費としてバッテリー交換にかかる費用の削減にもつながります。

バッテリーの放電と充電

自動車はエンジンが回転することで発電して、バッテリーに電気が蓄えられます(=充電)。そしてバッテリーに蓄えられた電気でヘッドライトを点灯したり、エアコンやパワーウインドウ動かして電気を使う(放電)を繰り返しています。

エンジンをかける時は多くの電気を必要としますが、この充電と放電の繰り返しで充電よりも放電する電気量が多くなってしまうと、バッテリーの電気量不足でエンジンが始動できなくなりますが、これが「バッテリー上がり」です。

常に満充電状態を維持する

近所のコンビニやスーパーへのお買い物や、家族の送り迎えなどのチョイ乗りばかりだったり、1月に数回くらいしか車に乗らない様な自動車の使い方をしている場合は、バッテリー上がりの注意が必要です。十分に充電されていない状態が続いてしまうため、充電不足状態が続いてバッテリーの寿命が短くなってしまいます。

上記の様な自動車の使い方が多い場合は、定期的に補充電することが対策になります。但し、補充電する時は急速充電を行うと逆効果になり、バッテリーの寿命を縮めてしまいます。

また、自動車に長期間乗らないことが事前に分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておけば自然放電の対策になります。但し、バッテリーのマイナス端子を外すと、時計や機器のメモリーがリセットされてしまうケースがありますので要注意です。

バッテリーになるべく負荷をかけない

バッテリーは充電不足状態で使い続けると、負荷がかかってしまい長持ちしなくなってしまいます。具体的には、充電されていないエンジンを止めた状態でテレビやオーディオ類、ライトなどを点灯していると、放電状態のみが続いてしまいます。また、エンジンを始動する時には電気を多く消費しますので、エアコンやテレビ、オーディオ類のスイッチをOFFにして、バッテリーに過度な負荷をかけないようにした方が良いでしょう。

それから、車を購入後に電気を多く消費する電装品を後付けしている場合は、バッテリーの容量が不十分になっている可能性がありますので、現在使用中のバッテリーよりも容量が大きなバッテリーに交換した方が良いでしょう。

車両側の充電装置の点検

充電装置のオルタネーターやレギュレーターの調子が思わしくないと、バッテリーの充電が正常に行われなくなります。定期点検の時にチェックはしてくれると思いますが、改めて充電装置の状態を整備士に確認すると良いでしょう。

鴨川市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鴨川市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→