館山市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 千葉県 > 館山市

館山市でのバッテリー上がり救援サービス

館山市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

館山市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。館山市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

館山/北条/那古/船形/西岬/神戸/富崎/豊房/館野/九重地区など、館山市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で館山市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

館山市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

館山市でのバッテリー上がり対応情報

館山市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

館山市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

館山市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

館山市でのバッテリー出張交換にも対応

館山市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

館山市館山:電装品追加によるバッテリーの性能不足

出張場所: 館山市館山のコンビニ駐車場

車  種:トヨタ アルファード

トラブル:電装品追加によるバッテリー不調でバッテリー交換。

コメント:電気をたくさん必要とする電装品をいくつか取付けたのですが、バッテリーが上がってしまいエンジンがかからなくなってしまいました。友人にもバッテリーの容量アップを勧められていましたが、バッテリーはそのまま交換しないでいました。

コンビニに立ち寄って買い物をして、車に戻りエンジンをかけようとしましたが、セルの回りも弱々しくなりエンジンがかからなくなってしまいました。

ジャンピングでエンジンを始動しても、またどこかでバッテリーが上がってしまうと思い、バッテリー交換をお願いすることにしました。今のバッテリーは型式が「50D23L」ですが、できるだけ性能の良いバッテリーに交換したいと思い、出張バッテリー交換をお願いしました。

→ボッシュのハイテック プレミアム「HTP-Q-85/115D23L」にバッテリー交換

館山市下真倉:ジャンピングでエンジン始動よりもバッテリー交換

出張場所:館山市下真倉にお住まいのお客様のご自宅

車  種:トヨタ プリウス

トラブル:バッテリーの経年劣化によるバッテリー交換

コメント:1ヶ月くらい前にバッテリー上がりでエンジンがかからなくなり、そのままにしていました。しばらく車に乗っていませんでしたので、バッテリーは交換するしかないと思っていました。

電話した時にバッテリーを交換すれば、ジャンピング作業は必要が無くなるとのことでしたので、今使っているバッテリーと同等のバッテリーに交換してもらうことにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー液の補充について

バッテリー点検

バッテリーの中には希硫酸が入っていますが、長い間使い続けていると液の量が減ってきますが、バッテリー液は主に蒸発と電気分解によって減ってしまいます。

走行中などエンジンルームが高温になることでバッテリー液の蒸発が起きますが、この蒸発に伴ってバッテリー液の量が減っていきます。また、充電によって酸素と水素の気体に分解されることでもバッテリー液が減ってしまいます。

バッテリーの側面には、UPPER LEVEL(最高液面線)とLOWER LEVEL(最低液面線)のラインがありますが、バッテリー液の液面がLOWER LEVEL(最低液面線)より少なくなってはいけませんので、正しい方法で補充しなければいけません。

バッテリー液は、硫酸と精製水を混ぜた希硫酸と呼ばれる液体です。水道水を精製水の代わりに入れてしまおうと思われる方もいるかもしれませんが、水道水にはナトリウムやカルシウムなどが含まれているため、バッテリーの性能を低下させてしまいますので、水道水を使って補充するのはNGです。

蒸発や電気分解で減ってしまった量を補うために精製水を補充しますが、精製水ばかり補充してしまうと希硫酸の濃度が薄くなってしまいますので、補充用として販売されているバッテリー液を使った方が良い場合もあります。精製水は薬局でも購入できますが、バッテリー液補充液はカーショップやホームセンターで購入してください。

カーショップやホームセンターのバッテリー関連商品の棚には、バッテリー強化剤と呼ばれる液体も販売されています。「強化剤」という名称が付いていますので、補充液の代わりに購入してしまいそうになるかもしれませんが、特に弱っていないバッテリーに強化剤を補充してしまうと電極を傷めてしまう恐れがあります。バッテリー強化剤は、バッテリーが弱っている症状が出てきた時のみに使った方が良いでしょう。

強化剤がどのくらい効果があるかは分かりませんが、弱っている症状が現れた時は早めのバッテリー交換が一番最適な対応と思います。

入れ過ぎてしまった時はスポイトがあると便利

バッテリーを補充する時は、UPPER LEVEL(最高液面線)ギリギリを狙って補充しようとするあまり、入れ過ぎてしまう場合があります。バッテリー液には硫酸が含まれていますので、入れ過ぎてしまった時に本体を傾けて液を減らすことはできません。補充し過ぎてしまった時には、スポイトがあると便利ですので用意しておいた方が良いでしょう。

補充する時にUPPER LEVEL(最高液面線)を超えてしまうと、バッテリー液が溢れてバッテリー周辺の部品の劣化や火災の原因にもなりますので、十分注意して補充作業を行なってください。

館山市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
館山市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→