福岡市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 福岡県 > 福岡市

福岡市でのバッテリー上がり救援サービス

福岡市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

福岡市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。福岡市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

博多区/城南区/早良区/東区/中央区/南区/西区、博多/中洲/天神エリアなど、福岡市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で福岡市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

福岡市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

福岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

福岡市でのバッテリー上がり対応情報

福岡市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

福岡市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

  • 博多区/城南区/早良区/東区/中央区/南区/西区
  • 博多/中洲/天神エリア
福岡市でのバッテリー出張交換にも対応

福岡市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

福岡市でのバッテリー出張交換にも対応

福岡市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

福岡市城南区:軽自動車(商用車)のバッテリー上がりジャンピング

出張場所:福岡市城南区内、国道202号線の路肩

車  種:ダイハツ ハイゼット

コメント:配達で使っている車ですが、荷台が暗いので明るめの車内用ライトを自分で取り付けました。乾電池式のものは電池の入れ替えが面倒で費用もかかるので、車から電源を取るタイプのライトにしました。1週間ほど前から使っているのですが、配達先でのトラブルで予想以上に時間がかかってしまい、車に戻るのが遅くなってしまいました。

新しく付けたライトの消し忘れには注意していたのですが、車の通りの多い路肩に駐車したのでハザードランプも点滅させていました。

バッテリーも4年くらいは使っているので交換時期かもしれませんが、とりあえずジャンピングでエンジンを始動してもらいたいと思いました。バッテリーの交換は明日の午前中に自分でしたいと思いますが、今度はワンランク容量が大きなバッテリーに交換してみたいと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー上がりが起きる主な原因

バッテリー上がりトピックス

車のバッテリーが弱まってしまうと、エンジン始動時に必要になる電力が不足してエンジンがかからなくなってしまいます。バッテリー上がりは、ライト類の消し忘れなどによるものや、バッテリーの劣化などによって起きることが多いですが、主なバッテリー上がりの原因としては、以下のようなものがあります。

電気の使い過ぎによるバッテリー上がり

バッテリー上がりの原因として多いのは、ライト類の消し忘れ(半ドアによるルームランプの長時間点灯も含む)など、エンジンがかかっていない状態で停車中に電気を消費してしまったことによるものです。また、エンジンがかかっている場合でも、渋滞などで発電機(オルタネーター)からの充電量を上回る電気の消費を長時間継続してしまった場合にもバッテリー上がりは起きてしまいます。

ハイテク化が進み、カーナビや高出力のオーディオ、車載テレビやドライブレコーダーなどの機器が後付でも搭載できるようになり、電気の消費量も多くなっている傾向にあります。電気の使い過ぎでバッテリーが上がってしまった場合は、充電すればバッテリーが復活するケースが多いです。しかし、一度バッテリー上がりを起こしてしまうと、そのバッテリーの性能は低下してしまい寿命も短くなってしまいます。

性能低下によるバッテリーの寿命

一般的な運転をしている状態で、バッテリーの寿命は2~3年と言われることが多いです。長期間車に乗る機会がなかったり、短い距離の繰り返しばかりが続く運転や、渋滞などでアイドリング状態ばかりが続く運転の仕方をしている場合は、十分な充電が行なえませんのでバッテリーの寿命を早めてしまいます。

夏場のエアコン使用によるバッテリーの消耗

猛暑が過ぎて夏の終わり頃になると、バッテリートラブルの相談件数が増える傾向があります。バッテリーは一定のスピードで性能が低下していくのではなく、寿命が近づいてくると性能が突然落ちることがあります。夏場はエアコンをフルに利用し、渋滞も発生しやすいですのでバッテリーは酷使されています。

また、バッテリーは気温が下がるとバッテリー液の温度も低くなりますので、急に冷え込んだ時などは酷使された夏場の影響もあり、バッテリー上がりが起きやすくなります。バッテリーを3年以上使っている場合は、本格的に寒くなる前にバッテリーの状態を点検しておいた方が良いでしょう。

冬場や寒冷地への引越し

車のバッテリーは、バッテリー内に入っているバッテリー液の化学反応によって電気を作っています。一般的に化学反応は、気温が下がりバッテリー液の温度が冷たくなると停滞する傾向があります。同じバッテリーであっても夏場よりも冬場はバッテリーの出力が弱まる傾向があります。
また、暖かい地域から寒い地域に引っ越す場合などは、トラブルを未然に防ぐためにも、バッテリーの容量を大きなものに交換した方が良い場合があります。特に東北や北海道方面、日本海側の雪が多い地域に引っ越す場合は、事前に整備工場やカーショップにバッテリーの容量アップについて相談された方が良いでしょう。

発電機(オルタネータ)の故障

発電機(オルタネータ)が故障したり、ベルトが切れてしまったりすると発電が出来なくなりますので、バッテリーも充電されなくなります。メーターパネルの警告灯が頻繁に点灯する様になりますが、走行中でもエンストして電気系統に不具合が生じますので大変危険です。

オルタネーターも消耗品ですので、いつまでも使用できるものではありません。バッテリーを交換しても、すぐにバッテリーが上がってしまう場合は、オルタネーターの修理や交換が必要になります。

福岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→