福岡県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 福岡県

福岡県でのバッテリー上がり救援サービス

福岡県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

福岡県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。福岡県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

福岡県内のバッテリー上がり救援サービスは「福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市、宗像市、太宰府市、大野城市、嘉麻市、築上郡、筑紫郡」などを拠点として巡回しておりますが、福岡県での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。福岡県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、福岡県内の現地に緊急出張します。

福岡県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

福岡県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

福岡県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

福岡県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

福岡県のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】朝倉市/飯塚市/糸島市/うきは市/大川市/大野城市/大牟田市/小郡市/朝倉郡-筑前町・東峰村/遠賀郡-芦屋町・岡垣町・遠賀町・水巻町
  • 【か】北九州市-小倉北区・小倉南区・戸畑区・門司区・八幡西区・八幡東区・若松区/久留米市/古賀市/春日市/嘉麻市/糟屋郡-宇美町・粕屋町・篠栗町・志免町・新宮町・須恵町・久山町/京都郡-苅田町・みやこ町/鞍手郡-鞍手町・小竹町/嘉穂郡-桂川町
  • 【た】田川市/太宰府市/筑後市/筑紫野市/田川郡-赤村・糸田町・大任町・川崎町・香春町・添田町・福智町
  • 【な】中間市/直方市
  • 【は】福岡市-早良区・城南区・中央区・西区・博多区・東区・南区/福津市/豊前市/筑紫郡-那珂川町/築上郡-築上町・上毛町・吉富町
  • 【ま】みやま市/宮若市/宗像市/三井郡-大刀洗町/三潴郡-大木町
  • 【や】柳川市/八女市/行橋市/八女郡-広川町

※福岡県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

福岡県の各施設や観光地の周辺地域でのバッテリー上がりにもスピード対応します!
福岡ヤフオク!ドーム/鳥栖スタジアム/海の中道海浜公園/久留米森林つつじ公園/福岡市赤煉瓦文化館/久留米百年公園/博多ポートタワー/門司港レトロ地区/太宰府天満宮/浜の宮海岸/八女人形会館/大濠公園/アクアリウム/北九州市立松本清張記念館/小倉城/ 舞鶴公園 /福岡市博物館/マリンワールド海の中道/博多駅/北九州市河内藤園/アサヒビール博多工場/九州国立博物館/福岡市美術館/到津の森公園/福岡市海づり公園/小倉競馬場/久留米市鳥類センター/大牟田市動物園/北九州市立文学館/筑後広域公園プール/マリンメッセ福岡/HAWKSベースボールパーク筑後/小郡市陸上競技場/飯塚オートレース場…他

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリーの役割について

車のバッテリーの役割

バッテリーは、ブレーキランプやヘッドライトの点灯や、エアコンやカーナビを動かすなど、電気を動力源としているものに電気を供給する役割を担っています。そして、車のバッテリーは消耗品ですので、状態や使用期間、時期などによって新しいバッテリーに交換する必要があります。

車を運転するためにはエンジンをかける必要がありますが、ガソリン車やディーゼル車は自力でエンジンを始動することができません。ガソリン車やディーゼル車は、バッテリーの電気を使ってエンジン始動用に使われるセルモーターを回転させることでエンジンがかかります。エンジンをかける時に最初に音がしますが、その音を発しているのがセルモーターです。

バッテリーは「蓄電池」とも言われますが、一般的な乾電池などは蓄えられた電気が消費されるだけですが、車のバッテリーは消費と充電を繰り返して使うことができます。ノートパソコンやスマホなどにもバッテリーが使われていますが、これらの電化製品は家庭用のコンセントに挿して充電を行います。一方、車のバッテリーは発電機(オルタネータ)の発電で充電が行われます。エンジンの力で発電機(オルタネータ)を動かして電気を作り、発電した電気でバッテリーが充電されます。

発電機(オルタネータ)が発電した電気よりも電気が消費された場合は、バッテリーに蓄えられた電気で補填され、発電した電気が余るとバッテリーが充電される仕組みになっています。

車の多種多様化でバッテリーの種類も増えた

エコカーやアイドリングストップ車、ハイブリッド車など車の多種多様化に伴い、バッテリーの性能も向上して種類も増えています。最近の車の中には、燃費を向上させるためにあまり発電しない仕組みを取り入れるようになってきました。充電制御車とか発電制御車と呼ばれていますが、一定量まで充電すると発電を停止し、一定量より足りなくなると充電を再開する充電制御システムを取り入れています。

アイドリングストップ車は、充電と放電を短いサイクルで繰り返しますので、短時間でも効率よく充電することができる専用のバッテリーが搭載されています。そして、ハイブリッド車に搭載される補機バッテリーなど、それぞれの車には専用のバッテリーを搭載しないと、そのバッテリー本来の性能を発揮することができないので、バッテリー交換する時には間違えないように注意が必要です。

バッテリー上がりの主な原因

車のトラブルで一番多いのは、バッテリー上がりでエンジンがかからなくトラブルです。バッテリーが電気不足になり、エンジンをかける時に使われるセルモーターを回転させるためのパワーがなくなり、エンジンがかからなくなります。セルモーターはバッテリーの電気を動力源として動きますので、これからセルモーターを回転させるために必要な電気量がバッテリーに蓄えられていないとエンジンがかかりません。

寒い冬の季節になるとバッテリー上がりのトラブルが起きやすいですが、暑くなる夏の季節もバッテリー上がりが起きやすくなります。暑い季節にフルに使うことが多いエアコンがその主な原因ですが、エアコンは車の電装品の中でも電気を大量に使うため、充電効率の悪い渋滞道路を走った次の朝などに、セルモーターを回す電気が足りなくなり突然バッテリー上がりになることがあります。

一般的にバッテリーの寿命は2~3年と言われることが多いですが、車の使用状況によっては2年経っていないのにバッテリーを交換しなければいけなくなったり、4年以上も元気に働いてくれるケースもあります。

バッテリーを長持ちさせるためには、バッテリーに負担を与えないことがポイントになります。例えば、車にたまにしか乗らず長期間放置したり、チョイ乗りの繰り返しばかり、そして渋滞道路ばかり走っていると、バッテリー上がりにもなりやすく寿命も短くなる傾向があります。

福岡県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福岡県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→