北九州市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 福岡県 > 北九州市

北九州市でのバッテリー上がり救援サービス

北九州市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

北九州市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。北九州市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

門司区/若松区/戸畑区/小倉北区/小倉南区/八幡東区/八幡西区などの北九州市内にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で北九州市全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

北九州市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

北九州市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
北九州市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

北九州市でのバッテリー上がり対応情報

北九州市(門司区/若松区/戸畑区/小倉北区/小倉南区/八幡東区/八幡西区)で、バッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

北九州市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

北九州市でのバッテリー出張交換にも対応

北九州市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

北九州市でのバッテリー出張交換にも対応

北九州市の門司区/若松区/戸畑区/小倉北区/小倉南区/八幡東区/八幡西区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

北九州市門司区:寿命によるバッテリー上がりでコンビニ駐車場にて出張バッテリー交換

出張場所:北九州市門司区:寿命によるバッテリー上がりでコンビニ駐車場にて出張バッテリー交換

車  種:トヨタ マークX(2500cc)

コメント:真夜中なのにコンビニの駐車場でバッテリー上がりになり、エンジンがかからなくなってしまいました。昨日からエンジンがかかり難くなったり、ヘッドライトの明るさが安定していなかったのでバッテリー上がりだと思います。少し走れば充電されると思ったのですが、状態は良くならなかったみたいです。

今使っているバッテリーは、4年ほど前に一度交換したものです。その時にバッテリーの容量をアップした記憶があるのですが、今のバッテリー型式は「55B24L」です。同程度の容量のバッテリーが用意可能でしたら、そのバッテリーに交換してください。用意できない場合は標準品や適合品でも良いです。出張バッテリー交換にも対応していると、ホームページに掲載されていましたので、ジャンピングはなくバッテリー交換をお願いすることにしました。

今は深夜で走行してすぐにバッテリー上がりになってしまったので、バッテリー交換をしなければいけないと思いました。深夜のバッテリー上がりでエンジンがかからなくなり困っていましたが、ジャンピングでエンジンがかかっても次にエンジンがかからなくなる可能性もありました。出張バッテリー交換というサービスがあって本当に良かったです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー交換時期の見極め方と目安

バッテリー交換時期の見極め方と目安

車にとってバッテリーは重要な部品のひとつですが、消耗品ですので永久的に使えるものではなく、定期的もしくは状態によって交換する必要があります。しかし、目に見えるような明確な変化はありませんので、素人には交換時期の判断やタイミングが難しいとも言えます。

バッテリー上がりを見極めるポイント

バッテリーは重要な部品のひとつですが、主に2つの役割があります。ガソリンだけではなく電気も使用するハイブリッドカーは、メインのバッテリーとは別に補機バッテリーと呼ばれるもうひとつのバッテリーが、ガソリン車のバッテリーと同じ様に車の機器を動かすための電力を供給しています。

(1)車のエンジンを始動させるための動力

イグニクションキーをONにすると、バッテリーからセルモーターに電流が流れ、それを動力源としてエンジンが始動します。ちなみにエンジン始動時に一番電力が消費されます。

(2)車内機器の電源

オーディオやカーナビ、ランプ類やエアコンなど、電力が必要な機器にはバッテリーの電力が必要不可欠です。

バッテリー交換時期の目安

車のバッテリーには必ず保証期間が設けられており、外箱にその保証期間が記載されていますが、ほとんどのバッテリーは2年または3年と記載されています。メーカーがそのバッテリーを安全に使うことができると判断している期間が保証期間です。

従って、メーカー保証期間の2年または3年が、バッテリー交換時期の目安と考えても良いでしょう。そのため、車検のタイミングでバッテリー交換を勧められることもあります。

但し、車の使い方などによって、4年以上も問題なく使い続けられる場合も多いですので、自分でバッテリーの交換時期を判断できると経済的です。

バッテリー交換時期の見極め方

バッテリーの状態にかかわらず、メーカーの保証期間内で定期的にバッテリー交換するのが最も安全と言えます。但し、自分でバッテリーの交換時期を見極められると車の維持費を軽減することができます。バッテリーが劣化して寿命が近づくと何らかの予兆が現れますので、その予兆を見極められればバッテリーの寿命ギリギリまで使い切ることも可能になります。予兆は様々ですが、以下の様な予兆が現れた場合は、バッテリーの交換時期の目安と考えても良いでしょう。

エンジンのかかりが悪くなる

エンジンを始動する時に最も多くの電力を必要としますので、バッテリーが弱ってくるとエンジン始動時に変化が現れます。エンジン始動時のセルモーターの回転音が弱々しくなったり遅くなってきた場合には、早急にバッテリーを交換する必要があります。

ライト類の明るさが安定しなくなる

バッテリーの寿命が近づくとライト類の明るさに変化が現れます。アイドリング状態でいつもより暗く感じたり、明るさが安定しない場合は、交換時期が近づいていると判断できます。但し、消費電力の少ないLEDヘッドライトやハイブリッドカーは、ライト類の明るさでバッテリーの交換時期を見極めるのは難しいかもしれません。

バッテリーの外観

バッテリーが弱ってきてバッテリー本体の側面が膨らんだり、端子部分が白っぽいものが付着している場合は、バッテリーの交換時期が迫っていると判断しても良いでしょう。

バッテリー交換しないでいると・・・

バッテリーは消耗品ですので、いつまでも使い続けることはできません。バッテリー交換時期の予兆が現れてもバッテリー交換を行わないでいると、やがて電力がなくなりすべての機器が使えなくなります。もちろんエンジンも始動できなくなります。また、走行中にエンストすることもありますので危険です。バッテリー交換時期の予兆が現れた場合は、できる限り早くバッテリー交換で対処することが必要になります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→