直方市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

直方市でのバッテリー上がり救援サービス

直方市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
直方市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

直方市のバッテリー上がり救援のロードサービス情報です。車やバイク、トラックのエンジンがかからない、ハイブリッドシステムが起動しないなどのバッテリー上がりトラブルに、24時間365日対応で現場へ駆けつけます。

ジャンピングスタートでエンジン始動を試みますが、バッテリーが劣化している場合は、出張先でのバッテリー交換にも対応しております。

お客様にとっては滅多に利用する機会がない、バッテリー上がり出張救援サービスだからこそ、当社は皆様に安心してご利用いただける様に、電話受付の段階で全て込みの適切・妥当な料金提示に心掛けております。

直方市にてバッテリー上がりでエンジンがかからないトラブルでお困りの際は、総額案内で安心の生活トラブルSOSのロードサービスにお気軽にご相談ください。

直方市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
直方市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

直方市のバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッド車や電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せください!

直方市のバッテリー上がり救援対応情報

直方市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

直方市のバッテリー上がり救援対応エリア

直方市のバッテリー上がり対応情報

直方市全域、および直方市周辺地域でのバッテリー上がりでエンジンがかからない時のジャンピングスタートによるエンジン始動、出張バッテリー交換のご依頼に夜間・深夜、早朝も24時間スピード対応いたします!

直方市の各施設や観光地の周辺地域にも駆けつけます。

※直方市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換にスピード対応。

参考情報:直方市の警察署・市役所の連絡先

  • 直方警察署:直方市殿町5-31「TEL:0949-22-0110」
  • 直方市役所:直方市殿町7-1「TEL:0949-25-2000」

直方市でのバッテリー上がり救援対応事例

直方市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

直方市感田:コンビニ駐車場でのバッテリー上がりにバッテリー交換で対応

  • 受付:18時51分、到着:当日 19時24分
  • 出張先:直方市感田のセブンイレブン、車種:三菱・デリカD:2

依頼:バッテリーの電力不足が考えられる症状が現れていたので、そろそろバッテリーが末期状態かもと感じていたが、週末まで使えることを祈りながら会社まで通勤していた。今日は金曜日なので明日の土曜日までバッテリーが使えれば良かったのだが、そんなに都合の良いことにはならなかった。

会社から帰宅する時はコンビニでコーヒーを買い、灰皿が置いてある喫煙場所で一服してから家に帰るのが平日の日課になっている。しかし、バッテリーが弱っていることは知っていたので、今日はコンビニに寄らないで帰った方が良かったのかもしれない。自宅ではない場所でバッテリー上がりになってしまったので、出張バッテリー交換を利用してしまうことにした。

自分でバッテリーを購入して、バッテリー交換作業も自分で行なった方が費用は安く済むと思うが、今回のバッテリー上がりは緊急事態みたいなものなので、多少の出費は仕方がないと思うことにした。

コメント:信号待ちなどでアイドリングストップ機能が働かなくなっていたとお聞きしましたので、元々バッテリーが弱っていたのかも知れません。あと1日で週末だったのでお客様は残念そうでしたが、バックアップ電源も使ってバッテリー交換を行いましたので、電子機器の設定値や記憶データはそのまま残る状態でバッテリー交換を行なえたことをお客様に報告しました。

お客様は週末にカーショップでバッテリーを購入してきて、自宅でバッテリー交換を行う予定だったそうです。バッテリー交換時のバックアップ電源のことは知らなかったそうですので、頼んで良かったと言っていただきました。

直方市頓野:アイドリングストップ車のバッテリー上がり

  • 受付:14時02分、到着:14時47分
  • 出張先:直方市頓野のホームセンター、車種:スズキ・スペーシア

依頼:ホームセンターで買い物してから荷物を積み込んでいただけなのに、バッテリー上がりと思える症状が現れてエンジンがかからなくなった。荷室に荷物を入れていた時間は10分程度だったが、その間は荷室のランプや室内灯などが点灯していたかもしれない。

荷室のドアを開けるとランプが点く設定になっていたが、どれも小さなランプなので消費電力は少ないと思い、油断していたのがいけなかったのかもしれない。バッテリー上がりでエンジンがかからず、原因や解決法をネット検索で調べてみたところ、この車はアイドリングストップ車だが、最近アイドリングストップ機能が働かなくなっていたので、バッテリーが弱っていた可能性もある。

ホームセンターの駐車場なので、お店の中に新しいバッテリーがあれば交換してしまおうとも思ったが、この車に合う型式のバッテリーは残念ながら売っていなかった。バッテリー交換については、ネット通販で購入してから自分で交換する予定。エンジンをかけてもらって、このまま自宅に帰りたいのでジャンピングスタートをしてもらうことにした。

コメント:お客様がお待ちになっているホームセンターの駐車場に到着したところ、ボンネットを開けている車が一台ありましたので、お客様の車の位置はすぐ分かりました。しかし、お客様の姿が見当たりませんでしたので、お客様の携帯電話に電話してみたところ、お店の中で待たれていました。

ジャンピングによるエンジン始動は、一発で成功してエンジンをかけることができました。お客様はご自分でバッテリー交換したこともある様でしたので、エンジン始動後の注意点については十分ご存じみたいでしたが、念のため簡単に説明させていただいて作業完了となりました。

直方市山部:バッテリー直結装置のスイッチ切り忘れでバッテリー上がり

  • 受付:11時34分、到着:当日 12時21分
  • 出張先:直方市山部のお客様ご自宅、車種:ホンダ・NC-750X(大型バイク)

依頼:日曜日に通信販売で購入したドライブレコーダーを自分で取り付けた。電源を取る配線のために必要な電工工具が見つからなかったため、暫定処置としてバッテリー直結状態としたが、エンジンを停止するたびにドライブレコーダーのスイッチをOFFにすれば良いと思っていた。しかし、ドライブレコーダーのスイッチを切り忘れてしまいバッテリーが上がってしまった。

コメント:お客様のバイクは、ホンダのNC-750Xでしたが、通常の燃料タンクの部分が収納ボックスになっている珍しいタイプのバイクでした。バッテリーも燃料タンク部分の収納ボックス奥にありましたが、お客様がカバーを外してジャンピングをすぐに行える状態にスタンバイしてお待ちでした。

ドライブレコーダーやUSB電源を追加する際には、電工工具などを使って配線に加工する方法もありますが、ヒューズのアンペアと形状間違いに注意すれば、ヒューズBOXから簡単に電源を取り出す方法もあることをお客様にお伝えしました。

直方市|バッテリー上がりトピックス

直方市に関することや、自動車・バイクのバッテリー上がりに関するトピックスです。本ページでは、「直方市の概要・カーバッテリーの健康状態チェック方法」についてのトピックスをご紹介いたします。

直方市の概要

直方市は、福岡県の北部に位置する市で、筑豊平野のほぼ中央の福岡市と北九州市の間にある市です。直方市の東側は、福智山を中心に山々が連なっており、中央部西寄りには南北に遠賀川が流れ自然に恵まれています。

遠賀川とJR筑豊本線(福北ゆたか線)に挟まれた地域を中心に市街地が広がり、大規模な住宅団地も造成され、幹線道路沿いにロードサイド店舗が点在しています。また、市域を縦断する国道200号線沿いには、大型ショッピングモールも立地しています。

カーバッテリーの健康状態チェック方法

カーバッテリーの健康状態チェック方法

カーバッテリーの健康状態をチェックする方法はいくつかあります。まず、視覚的なチェックを行います。端子やケーブルが錆びていないか、損傷がないかを確認します。次に、バッテリーの外観をチェックします。膨らみや漏れがないか確認します。また、バッテリーの液体レベルが適切かどうかを確認します。

さらに、マルチメーターを使用してバッテリーの電圧を測定します。エンジンを切った状態の目安として、12.5ボルト以上である必要があります。エンジンをかけた状態で、充電中に13.5~14.5ボルトの間であるべきです。

より正確にチェックする場合は、専用のバッテリーテスターを使用して、バッテリーの充電状態や性能を評価します。これらの手順を定期的に行うことで、バッテリーの健康状態を維持し、問題があれば早期に対処することでバッテリー上がりを回避できる可能性が高くなります。

電圧チェック
カーバッテリーの健康状態を確認する方法の1つは、電圧チェックです。これはマルチメーターを使用して行います。まず、車のエンジンを停止して、マルチメーターを直流電圧測定モードに設定し、バッテリーのプラス端子とマイナス端子にそれぞれプローブを接続します。

電圧を測定することでバッテリーの充電状態を測定しますが、充電されたバッテリーは目安として、エンジン停止状態で12.5~12.8Vです。次に、エンジンを起動して、充電中の状態で再び電圧を測定します。この時、13.5~14.5ボルトの間で安定しているはずです。電圧が適正でない場合は、バッテリーの充電不足や充電システムの問題が考えられます。

スターターテスト
エンジンを始動させる際にバッテリーが正常にパワーを供給できるかを確認する方法です。まず、エンジンを停止し、車のパーキングブレーキをかけます。次に、ヘッドライトなどを点灯させてバッテリーに負荷をかけた状態でエンジンを始動してみます。

そして、スターターモーターの回転が迅速かつ力強く行われるかどうかを注意深く観察します。遅れや劣化した動作が見られる場合、バッテリーの健康状態に問題がある可能性があります。また、エンジンがスムーズに始動するかどうかも重要です。

エンジンの始動が鈍い場合、バッテリーが充電不足であるか、あるいはバッテリーそのものが寿命を迎えている可能性があります。スターターテストを定期的に行うことで、バッテリーの健康状態や性能を把握し、問題があれば早期に対処することができます。

サービステスト
一部の自動車部品店や修理工場では、バッテリーの無料サービステストを提供しています。これらのテストでは、バッテリーの健康状態や充電状態を専門機器で評価してくれます。このテストでは、バッテリーの定格容量と実際の充電容量を比較し、バッテリーの劣化を評価します。

テスターはバッテリーに負荷をかけ、内部抵抗や電圧降下などのパラメーターを測定します。また、充電システムの性能も評価し、バッテリーの液体レベルや状態もチェックします。サービステストは総合的な健康状態の評価を提供し、問題があれば早期に発見し対処することができます。

充電状態インジケーター
バッテリ本体に「充電状態インジケーター」が付いているバッテリーもあります。バッテリーが十分に充電されている場合、インジケーターは通常、緑色または青色の光を示します。一方、バッテリーが低い充電状態にある場合は、インジケーターが赤色または黄色に点灯し、注意が必要であることを示します。

このインジケーターを定期的にチェックすることで、バッテリーの健康状態を把握し、必要に応じてメンテナンスやバッテリー交換を行うことができます。

これらの方法を使用して、バッテリーの健康状態を定期的にチェックし、必要に応じてメンテナンスや充電、バッテリー交換を行うことで、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなるリスクを軽減して、車の信頼性を維持できます。


直方市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
直方市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→