邑楽郡でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 群馬県 > 邑楽郡

邑楽郡でのバッテリー上がり救援サービス

邑楽郡のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

邑楽郡-板倉町/明和町/千代田町/大泉町/邑楽町自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。邑楽郡のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

板倉町/明和町/千代田町/大泉町/邑楽町など、邑楽郡にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で邑楽郡内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

邑楽郡でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

邑楽郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
邑楽郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

邑楽郡でのバッテリー上がり対応情報

板倉町/明和町/千代田町/大泉町/邑楽町など、邑楽郡内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

邑楽郡内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

邑楽郡でのバッテリー出張交換にも対応

邑楽郡でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

邑楽郡でのバッテリー出張交換にも対応

板倉町/明和町/千代田町/大泉町/邑楽町など、邑楽郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

邑楽郡邑楽町:バッテリー寿命による出張バッテリー交換

出張場所:邑楽郡邑楽町にお住いのお客様ご自宅

車  種:トヨタ ヴィッツ

コメント:昨晩、バッテリー上がりでお世話になり、ジャンピングでエンジンを始動してもらいました。昨晩お世話になったスタッフの方がバッテリーの電圧を計っていたみたいですが、バッテリーの交換時期が迫っていると言われました。また、エンジンが始動できてからは30分以上は運転するようにも言われました。

今日の仕事帰りにでもカーショップでバッテリー交換をしようと思っていましたが、エンジンが再度かからなくなり、車で出掛けられなくなりました。

昨晩はジャンピングでエンジンをかけてもらいましたが、今回はバッテリー交換でお願いすることにしました。昨晩のバッテリー上がり時にバッテリー交換までしてもらっておけば良かったのですが、2日続けてお世話になることになってしまいました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリーの仕組みと長持ちさせるコツ

車のバッテリーの仕組みと長持ちさせるコツ

最近はバッテリーの性能も上がっておりますので、そう簡単にはバッテリー上がりで困ることも昔と比べれば減っていると思います。しかし、バッテリーは消耗品ですので半永久的に使えるものではなく、寿命が来て性能を発揮できなくなれば新しいバッテリーに交換する必要があります。

バッテリーは車の使い方によって使用できる期間が左右されますので、バッテリーの仕組みと長持ちさせるためのコツを知って実践することで、結果的に車の維持費を軽減することができます。

バッテリーの仕組みや保証期間

車のバッテリーは、軽自動車→普通自動車→トラックやバスなど、排気量や車体が大きくなるとともにバッテリーのサイズが大きくなり購入費用も高くなります。一般的にバッテリーのメーカー保証期間は2~3年ですが、車の使い方によって実際に使用できる期間が長くなったり短くなったりします。例えば、普段車にあまり乗らない場合は、メーカー保証期間よりも短いサイクルでバッテリー交換をしなければいけなくなる場合があります。

バッテリーは、車のエンジンがかかっている状態の時に余剰電力を利用して自動的に充電されています。エンジンがかかっていない状態では全く充電されないばかりか、「自己放電」という自然放電的な現象によって何もしなくてもバッテリーに蓄えられた電気が消費されてしまいます。

バッテリー上がりの原因としては、ルームランプやヘッドライトの電装品の消し忘れなど、人為的なうっかりミスで起きるケースも多いですが、車を長期間放置してしまい自己放電でバッテリー上がりになるケースもあります。バッテリーは性質上、自己放電が進みバッテリーの電力が空になってしまい完全放電状態になると、どんどんと劣化のスピードを進めてしまいます。

バッテリーのメーカー保証期間は2~3年ですが、この様なケースでバッテリーの性能が発揮できなくなった場合は、保証期間内であっても保証の適用外になります。そのため、基本的にバッテリーの交換は自費で行うことになります。

バッテリーはそれほど安いものではありませんので、長く使えれば車の維持費を抑えられますが、交換頻度が多ければ多いほど車の維持費が高くなってしまいます。

エンジンを定期的に長くかけることが重要

バッテリーはエンジンがかかっている時に充電されますので、バッテリーを長持ちさせるためにはエンジンを定期的に長くかけることが重要になります。勘違いしてはいけませんが、エンジンをかける回数よりもエンジンがかかっている時間が重要です。

片道5分くらいの近所のお店や駅への往復ばかりではいけません。チョイ乗りばかりでは、エンジン始動時に大きく失われたバッテリーの消費量を上回る充電をすることが難しく、短かい距離ばかり繰り返して車を乗っていると、バッテリーの充電不足状態が慢性的になり、逆にバッテリーの寿命を縮めてしまいます。

実際にはバッテリーの充電は30分程度エンジンをかけっぱなしにしたり、できるだけ長い時間充電される状態を続けなければいけません。通勤などに車を使っていないと難しいかも知れませんが、車を毎日乗れない場合は一週間に一度でもよいので、30分~1時間程度は運転するように心掛けると良いでしょう。

また、車に長期間乗れないことが分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておくことも、バッテリーを長持ちさせるための手段となります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→