札幌市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 北海道 > 札幌市

札幌市でのバッテリー上がり救援サービス

札幌市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

札幌市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。札幌市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

中央区/北区/東区/白石区/厚別区/豊平区/清田区/南区/西区/手稲区など、札幌市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で札幌市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

札幌市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

札幌市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
札幌市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

札幌市でのバッテリー上がり対応情報

札幌市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

札幌市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

札幌市でのバッテリー出張交換にも対応

札幌市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

札幌市でのバッテリー出張交換にも対応

札幌市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

札幌市手稲区:ビッグスクーターのバッテリー上がり対応

出張場所:札幌市手稲区のお客様ご自宅

車  種:ホンダ シルバーウイング400GT

コメント:まだこのバイクを購入してから1年経っていないのにエンジンがかからなくなりました。1週間ほどバイクに乗る期間がなかったのですが、バッテリー上がりになるのは早過ぎると思いました。バイクの鍵は抜いておいたので、ヘッドライトなどが点けっぱなしになっていた訳でもありません。

このバイクはブレーキレバーを握りながらセルボタンを押してエンジンをスタートしますが、その操作はきちんと行なっています。また、サイドスタンドもきちんと戻してある状態です。

セルモーターが回らないのでバッテリー上がりだと思ったのですが、一週間の間にバッテリーの電気を消費してしまった原因が分かりませんでした。それで漏電でもしていたのかと思いましたが、しばらくしてからメットインの照明スイッチがONのままになっていたことに気づきました。

バッテリー上がりになった原因が分かりましたので修理する方法は分かりましたが、バイクのバッテリー上がりに対応してくれる業者さんが見つからず困りました。やっと、バイクのバッテリー上がりに対応してもらえるところが見つかって良かったです。

このバイクはビッグスクーターなので重量が重過ぎ、バイク屋さんまで押していくことなど考えられませんでした。自宅まで来てもらえて本当に助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

セルモーターが回るのにエンジンがかからないケース

バッテリー上がり以外でエンジンがかからないケース

車のエンジンを始動する時には、勢いよくセルモーターが回る音がしますが、セルモーターが勢いよく回るのにエンジンがかからない場合は、バッテリー上がり以外の原因が考えられます。

バッテリー上がり以外で考えられる原因

車のエンジンがかからない場合、まずは電気系統に異常がないか点検します。ヘッドライトやルームランプの明かりが弱くないか? クラクションが鳴るか? パワーウィンドウがスムーズに動くか? などをひと通り試してみてください。

電気系統に問題がなくセルモーターも勢いよく回るのであれば、バッテリー上がり以外の原因として「ガス欠やエンジン始動時の操作/燃料系統や点火系統の問題/外気温が低い」などが考えられます。

ガス欠やエンジン始動時の操作

燃料を使い果たしていればガス欠状態ですのでエンジンはかかりません。燃料計に注意していればガス欠になることはほとんどないと思いますが、うっかりしていたり燃料計が調子悪かったりしていると、ガス欠でエンジンがかからない状態になるケースもあります。

また、誤発進を防ぐために車によってエンジンを始動する時に必ず行わなければいけない操作があります。ギアのポジション、ブレーキやクラッチの踏み込みなどですが、車検時の代車やレンタカーなど、普段運転したことがない車を運転することになった時などは注意が必要です。

また、この様な時にエンジンをかけようとして、大量に電力を消費するセルモーターを必要以上に長い間回し続けてしまうと、バッテリー上がりも併発してしまいますのでご注意ください。

燃料系統や点火系統の問題

車が故障している状態ではエンジンがかかりません。燃料系統や点火系統に不具合が出ていると、エンジン内にきちんと燃料が供給されなったり、エンジンを動かすための点火装置が正常に動かなくなってしまいます。
燃料系統や点火系統に問題がある場合は、素人では対処が難しいですので整備工場にて点検や修理をしてもらうしかありません。

バッテリー上がりであれば、ジャンピングスタートやバッテリー交換を行えば、その場でトラブルを解決できることが多いですが、燃料系統や点火系統の不具合が原因の場合は、車を整備工場まで運ぶ必要が出てきますので、レッカー搬送の手配も必要になります。

燃料系統や点火系統に不具合が出始めると、車の発進時に勢いが無い(エンジンが吹かずかぶっているような感じ)、アイドリングが落ち着かないなどの症状が現れる場合もありますので、運転中に異常を感じた場合には早めに整備工場などに相談された方が良いでしょう。

外気温が低い

凍えるように寒い日や豪雪地域に行った時にエンジンがかかり難くなることがあります。バッテリーは気温が低くなると性能が低下しますので、一時的にエンジンがかからない状態になることがあります。この場合は、数分から数十分おいて再度エンジンを始動するとエンジンがかかることがありますが、すでにバッテリーの交換時期が近づいて弱っている可能性があります。

この様な場合は、前回のバッテリー交換時期を確認して、一般的にバッテリーの寿命と言われている2~3年以上経っている場合は、バッテリー交換を検討してみてください。


車のエンジンがかからなくなると本当に困った状態になってしまいます。路上でエンストしてしまった場合や、高速道路で車が動かなくなってしまうと渋滞の原因になったり、それが原因で事故が発生してしまうこともあります。そうならないためにも、普段から車の点検や整備には十分気をつけておくことが大切になります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→