北海道でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 北海道

北海道でのバッテリー上がり救援サービス

北海道のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

北海道内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。北海道のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

北海道内のバッテリー上がり救援サービスは「札幌市、千歳市、岩見沢市、夕張市、石狩市」などを拠点として巡回しておりますが、北海道での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。北海道にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、北海道内の現地に緊急出張します。

北海道でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

北海道のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

北海道内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

北海道のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

北海道のバッテリー上がり対応情報
  • 【ア】石狩市/岩見沢市/恵庭市/江別市/小樽市/赤平市/歌志内市/芦別市/帯広市/虻田郡-京極町・倶知安町/石狩郡-当別町・新篠津村
  • 【カ】北広島市/釧路市
  • 【サ】札幌市-厚別区・北区・清田区・白石区・中央区・手稲区・豊平区・西区・東区・南区/砂川市/空知郡-奈井江町・中富良野町・上砂川町・上富良野町
  • 【タ】千歳市/滝川市/伊達市/苫小牧市
  • 【ハ】美唄市
  • 【マ】三笠市
  • 【ヤ】夕張市/夕張郡-栗山町・長沼町/余市郡-仁木町・余市町・赤井川村

※北海道内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

北海道の各施設や観光地の周辺地域でのバッテリー上がりにもスピード対応します!
北海道大学/円山動物園/大通公園/白い恋人パーク/大倉山ジャンプ競技場/すすきの/旭山記念公園/札幌ウィンタースポーツミュージアム/石狩川/イオン新さっぽろ店/JR札幌駅/札幌市資料館/石狩天然温泉/石狩海岸/厚田海浜プール/石狩浜海水浴場/北海道グリーンランド遊園地/いわみざわ公園/支笏湖/千歳水族館/千歳アウトレットモール・レラ/道の駅-夕張メロード/ゆうばり文化スポーツセンター/夕張リゾート/夕張市 平和運動公園/おたる水族館/小樽市観光物産プラザ/小樽市総合博物館/小樽美術館/サン・スポーツランド美唄…他

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーに負担をかける行為とバッテリー上がり

車のエアコンの使い過ぎと設定

車のバッテリーの寿命は2~3年ですが、バッテリーに負担をかけないように使用していれば長く使用できるのが一般的です。充電式の家電製品やスマホなどは、他から電気をもらってバッテリーが充電されますが、車のバッテリーは車自体が自分で発電してバッテリーを充電しています。

車のバッテリーが効率よく充電される条件は、エンジンが動いていて他の電装品(エアコン・ライト類・デフォッガー・カーナビ・オーディオ)などが電気を使っていない状態です。一番電力を必要とするのは、エンジンを始動する時に使用されるセルモーターですので、充電量が足りない状態からエンジンを始動しようとした時にバッテリー上がりでエンジンがかからないトラブルが起きます。

放電>充電(充電よりも放電が多い状態)が、バッテリーに負担をかけることになりますので、電力の使い過ぎにならないようすれば、バッテリーは効率よく充電され長持ちする可能性が高くなります。バッテリーに負担を与える行為は様々ですが、以下の様な行為に気を付けると良いでしょう。

エアコンの使い過ぎと設定

家庭用エアコンの消費電力を気にする人は多いと思いますが、車のエアコンの消費電力を気にする人は少ないと思います。車のエアコンは車の電装品の中でも大量に電力を使っていますので、エアコンの使い過ぎをせず、なるべく電力を使わない設定で使用するようにすると良いでしょう。

家庭用エアコンの消費電力を節電する時は、設定温度を控え目(冷房時:高めの温度設定、暖房時は低めの温度設定)にします。しかし、車のバッテリーの電力を節電する時は、ファンを動かす電力にバッテリーの電力が使われていますので、冷房時であれば設定温度を低めにして、ファンを弱目にするとバッテリーの電力を節電することができます。もちろん、エアコンをなるべく使わないようにすれば、バッテリーの負担を軽減することができます。

ライトやランプ類の使用

家庭では照明をコマ目に消灯して節電していると思います。車の場合も同じでヘッドライトやブレーキランプなどの照明は電力をたくさん使いますので、スイッチをON/OFFすることで節電することができます。ただし、ブレーキランプは後続車への停止や停止中の合図ですので、ブレーキランプで節電するのはお勧めできません。

ヘッドライトあれば、信号待ちで停車した時にヘッドライトを消してスモールランプにすることは、多少の節電効果があります。しかし、再発信する時にヘッドライトを点灯するのを忘れないように注意しなければいけません。

その他、デフォッガーは必要な時にのみ使用して、オーディオやカーナビなどは必要ない時に使わないようにすれば、走行中の電力消費が少なくなりますのでバッテリーが十分に充電されるようになります。

車に乗る機会が少ない・短距離走行の繰り返しばかり

車のバッテリーは、駐車している時でも微量の電力を消費しています。そのため長期間乗らないでいると、バッテリーの充電不足でエンジンがかからなくなってしまいます。また、短距離走行の繰り返しばかりでは、バッテリーが十分に充電できません。エンジンを始動する時のセルモーターが消費した電力分も充電できない場合もあります。

車に乗る機会が少ない場合は、バッテリーの放電を防ぐためにバッテリーの端子を外しておく方法もあります。また、家庭用コンセントから接続して使用できる充電器も市販されていますので、長期間乗らない場合は充電器で時々充電されるのも良いでしょう。

ライト類の消し忘れ

バッテリー上がりになるとバッテリーがダメージを受けて、元通りの性能までは復帰できません。ライト類の消し忘れがバッテリ上がりの原因で一番多い行為です。ライト類の消し忘れはうっかりミスが多いですので、消し忘れをしないためには、車を離れる時に消し忘れ確認の習慣付けをするしかありません。

室内灯のスイッチの位置が「DOOR」になっている場合は、車のドアを閉めた時の半ドアにもお気をつけください。

北海道でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
北海道対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→