千歳市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 北海道 > 千歳市

千歳市でのバッテリー上がり救援サービス

千歳市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

千歳市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。千歳市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

千歳市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で千歳市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

千歳市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

千歳市でのバッテリー上がり対応情報

千歳市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

千歳市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

千歳市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

千歳市でのバッテリー出張交換にも対応

千歳市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

千歳市青葉:バッテリー上がりでエンジンがかからない

出張場所:千歳市青葉のお客様ご自宅

車  種:ダイハツ ムーブ(軽自動車)

トラブル:バッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまったので、2ヶ月ほど乗らないで放置した。出張バッテリー交換希望。

コメント:2ヶ月ほど前にバッテリーが上がってしまいエンジンがかからないので、2ヶ月くらい家の車庫に入れたままにしてしまいました。その間はもう一台の大きな方の車を乗っていたのですが、やはり近所の店などへの買い物は、軽自動車の方が乗りやすいです。

バッテリーのことは少し調べたのですが、現在使っているバッテリーは寒冷地仕様の38B20Lです。ネットでバッテリー交換について調べていたら、自宅に来てくれる「出張バッテリー交換」があることが分かり、お願いしてみることにしました。

千歳市伯太町:経年劣化でバッテリー寿命

出張場所:千歳市伯太町のお客様ご自宅

車  種:ホンダ フォルツァ(BIGスクーター 250cc)

トラブル:経年劣化でバッテリーの寿命によるバッテリー上がり。

コメント:バッテリーが弱り気味だったので、家にあるバッテリー充電器で昨日充電してみたのですが、コンビニで買物をして帰ろうとした時にエンジンがかからなくなってしまいました。バイク屋さんに頼んだとしても、自分でバイク屋さんまでこの大きなバイクを押していかなければいけませんので、最初はレッカー移動などで運ぶことを考えていました。

新しいバッテリーに交換しないと、またバッテリー上がりで困ってしまうので、どうしたら良いかネットで調べてみました。そしてバイクもジャンピングを行ってエンジンをかけてもらえることが分かり、こちらに来てもらうことにしました。

エンジンがかかったら、このままバイク屋さんに直行してバッテリ交換をしたいと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー液の点検と補充方法

バッテリー液の補充と点検

車のバッテリーは、エンジンを始動する時に必要な電力を供給したり、電装品に電力を供給したりして、放電と充電を繰り返しています。バッテリーが十分に機能を発揮するためには、適切な量のバッテリー液が必要ですので、バッテリー液の点検の仕方について、しっかりと覚えて日常的に点検した方が良いでしょう。

バッテリー液の点検

一般的な車であれば、ボンネットを開けるとバッテリーを見つけられると思います。四角い箱の上面に6つのキャップが付いていて、横から見た時に「UPPER LEVEL」「LOWER LEVEL」などの文字が書いてあり、「+端子」と「-端子」が1つずつ付いていれば、それがバッテリーです。

まずは、バッテリー液の分量を点検しますが、「LOWER LEVEL」と記されているラインと「UPPER LEVEL」と記されているラインを見つけ、バッテリー液の液面が2つのラインの間にあればOKです。6つの槽に別れていますが、それぞれの液面にバラツキがないのが理想的です。

バッテリーの側面が半透明であっても、色が濃くて液面が見えにくい場合は、懐中電灯などで照らしてみると影などで確認することができます。この時、ライターなどの火を懐中電灯の代わりに使っては全体に行けません。引火して爆発する危険性があります。

バッテリー液の補充

バッテリー液の補充は難しい作業ではありませんが取り扱いには注意が必要で、目に入ったり素手で触ったりしない様に注意してください。目に入ると大変なので保護メガネで目を守って作業を行った方が良いでしょう。

バッテリー液を補充する時は、バッテリーの上面にあるキャップを外します。素手でキャップを外すのは大変なので、縦溝式のキャップであれば、大きめのマイナスドライバーや硬貨を使うと良いでしょう。硬貨で回しにくい時は、硬貨をペンチで挟んで回すとキャップを緩めることが簡単にできますので試してみてください。

バッテリー液はたっぷり入っていれば良い訳ではありませんので、「UPPER LEVEL」を超えないように、そして6つの槽の液面が均一になるように補充します。

バッテリーの補充液がない場合は、水道水でもOKなどという間違った情報もありますが、バッテリーの性能を低下させてしまいますので、バッテリー補充液以外の液体を入れてはいけません。

千歳市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
千歳市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→