北広島市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 北海道 > 北広島市

北広島市でのバッテリー上がり救援サービス

北広島市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

北広島市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。北広島市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

北広島市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で北広島市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

北広島市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

北広島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
北広島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

北広島市でのバッテリー上がり対応情報

北広島市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

北広島市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

北広島市でのバッテリー出張交換にも対応

北広島市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

北広島市でのバッテリー出張交換にも対応

北広島市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

北広島市大曲並木:お客様がご自分で購入されたバッテリーの交換作業

出張場所:お客様ご自宅の車庫

車  種:トヨタ エスティマ

コメント:今年の夏に北広島市に引越してきました。週1回程度のペースで週末に車に乗っていますが、先週の日曜日に車を運転した時にエンジンのかかりが悪く感じました。今のバッテリーは2年ちょっとしか使っていないのにバッテリー上がりの症状が出たので、やはり気温が寒い地方なのでバッテリーの容量をアップしなければいけないのかなと思いました。

ネットでバッテリーの型式などを調べて、ネット通販を利用して1ランクアップした新しいバッテリーを注文したのですが、昨日バッテリーが届きました。バッテリー交換は自分で行うつもりでいたので、交換方法についてはネットで調べてみました。但し、いざバッテリー交換作業を行おうとしましたが、自分で行うのは危険を感じました。

ホームページを確認したところ、出張バッテリー交換サービスがあることに気付き、念の為自分で購入したバッテリーの交換作業のみで申し込めるか確認するために電話してみました。バッテリー交換作業のみでも対応してもらえて助かりました。

ネットでバッテリー交換について調べていた時に「爆発・火災」などの事故が起きることがあると掲載されていたので、怖くなったのが正直なところです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

弱っているバッテリーの見分け方と交換時期の目安

弱っているバッテリーの見分け方と交換時期の目安

車のバッテリーの寿命が近づき弱ってくると、エンジンがかかり難くなったり、ライト類の明るさが安定しない、電装品のパワー不足を感じるなどの症状が現れます。

専門的にバッテリーの交換時期を判断するには、CCA測定を行ったり比重を確認したりと様々な方法がありますが、バッテリーの触診やバッテリー電圧のチェックでも交換時期の目安にすることができます。

バッテリーを触診して交換時期の目安を判断

バッテリーの表面を触って触診します。バッテリーの取付状態によっては、バッテリーを一度取り外す必要がありますが、バッテリー側面を手で触れることができるスペースがあれば取り外す必要はありません。

バッテリー本体の側面を手で触った時に明らかに膨らんでいる場合は、交換時期が迫っていると判断しても良いでしょう。但し、膨らみ方の判断については人によって感覚が異なり、メーカーやバッテリーによっては内部構造物が違っていたりパッケージ強度も異なります。触診による方法は判断要素のひとつですので、他のバッテリー交換時期の目安となる症状も確認して判断された方が良い場合もあります。

バッテリー電圧を計測して交換時期の目安を判断

バッテリー電圧を測定するチェッカーが必要になります。使用するチェッカーはアナログ式ではなく、電圧数値の読み取り誤差が少ないデジタル式のものが良いでしょう。

バッテリー電圧をチェックする時は、エンジン停止直後は避けて計測します。エンジンを停止した直後は、直前まで補充電されている状態ですので、一時的に電圧が高くなっているからですが、少なくとも1日以上はエンジンを始動しない状態で放置してから計測した方が良いでしょう。

電圧を計測した時の値が12.5V以上であれば、そのバッテリーはまだまだ現役でしばらくは大丈夫と言えますが、12.5V未満の場合はバッテリーの内面的な劣化が進んでいると言えるでしょう。状態で言えば「注意の初期状態」ですので、そろそろバッテリー交換を検討して、交換用バッテリーの手配を検討しても良いでしょう。

もし、12Vを下回っている場合は、かなり劣化が進んでいる状態です。いつバッテリー上がりを起こしてもおかしくない状態ですので、出来るだけ早くバッテリー交換を行う必要があります。

但し、バッテリー電圧を計測して交換時期を判断するのも、目安のひとつでしかありませんので、他のバッテリー交換時期の目安となる症状と合わせて考えた方が良いです。また、計測するタイミングで計測した電圧の数値にバラツキが出る場合がありますので、2回以上は計測を行った方が良いでしょう。

バッテリー交換時期の判断

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなる原因は様々ですが、できれば避けたい車のトラブルです。バッテリーは寿命まで使うのが経済的には理想的ですが、突然のバッテリー上がりで右往左往することがない様に、日頃からバッテリーの状態に気を配ることも大切です。シガーソケットに接続して電圧を計測できる電圧計も安価で購入できますので、簡易な電圧計として利用するのも良いと思います。

バッテリー上がりは、車のトラブルで一番発生件数が多いトラブルです。バッテリー上がりを回避するだけでも快適なドライブを楽しめることにつながります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→