滝川市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 北海道 > 滝川市

滝川市でのバッテリー上がり救援サービス

滝川市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

滝川市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。滝川市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

滝川市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で滝川市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

滝川市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

滝川市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
滝川市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

滝川市でのバッテリー上がり対応情報

滝川市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

滝川市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

滝川市でのバッテリー出張交換にも対応

滝川市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

滝川市でのバッテリー出張交換にも対応

滝川市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

滝川市花月町:ハイブリッド車の出張バッテリー交換

出張場所:滝川市花月町にお住いのお客様ご自宅

車  種:トヨタ プリウス

コメント:4年以上は使っているバッテリーですが、とうとう寿命でバッテリー交換が必要になってしまいました。以前乗ってた車のバッテリーを自分で交換したこともありますが、ハイブリッド車のバッテリー交換では、各種メモリーが初期化されてしまうなど、簡単に素人ができないことが分かりました。

クルマのエンジンがかかればカーショップまで行けたのですが、エンジンがかからないのでクルマを運転することができませんでした。ネットでバッテリー交換について調べていた時に、自宅に来てバッテリー交換をしてくれる「出張バッテリー交換サービス」を見つけたので、今の自分にはちょうど良いサービスだと思いました。

ハイブリッド車のバッテリー交換方法を調べて自分で交換していたら、かなり時間を費やす必要があったと思います。「出張バッテリー交換サービス」を自宅にいるまま利用できたので良かったです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの状態や症状そして主な原因

バッテリーのジャンピング

バッテリーが充電不足になり、エンジンがかからなくなる状態がバッテリー上がりです。本来、バッテリーはエンジンがかかっている時にオルタネーターの発電によって充電され、エンジン停止中に電気を使用または放電するというサイクルを繰り返しています。

しかし、バッテリーに蓄えられた電気の量を使用量が上回ってしまうと、電装品に必要な電気を供給できなくなり、エンジン始動時にセルモーターを正常に起動する電気が足りなくなってしまいます。

バッテリー上がりの症状

バッテリーが上がる、または上がりそうになっている状態では、以下の様な症状が現れます。車に詳しくなくても判別できますので、いつもと違う以下の様な症状が現れた場合は、バッテリー上がりを疑っても良いでしょう。

セルモーターの駆動音が弱々しい、エンジンがかからない

エンジンをかけようとした時には、セルモーターが回転する音が聞こえてからエンジンが始動します。この時にセルモーターの駆動音がいつもと比べて弱々しく、エンジンがかかり難い場合はバッテリー上がりの可能性が高いです。この症状は、エンジンがかからない状態ですので、一番分かりやすいバッテリー上がりの状態です。

パワーウィンドウなどの電装品の動きが重々しい

エンジン停止時には、パワーウィンドウなどの電装品はバッテリーの電気で動作します。バッテリー上がりに近い状態では、これらの電装品の動きが重々しくなります。全く動かない場合は、バッテリーが完全に上がってしまっている可能性が高いです。

ライト類が暗くなる

アイドリング状態でヘッドライトがいつもより暗く感じた場合は、バッテリーが弱っている可能性が高いです。しっかりと確かめる場合は、シフトギアを「NかPレンジ」にセットして、アイドリング状態でアクセルを踏んでエンジンの回転数を上げてみると分かりやすいです。エンジンの回転数によってヘッドライトやルームランプの明るさが変化する場合は、バッテリーが弱っていると考えられます。

バッテリー上がりになる主な原因

バッテリーに蓄えられている電気量よりも使用量が超える状態が続いてしまうと、バッテリーの充電が使用量に追い付かずバッテリー上がりになります。また、バッテリーはいつまでも使えるものではなく、消耗して寿命を迎えますので、寿命でバッテリー上がりになった場合は、バッテリー交換で対処する必要があります。

電気の使い過ぎ

ヘッドライトの消し忘れでバッテリー上がりになることが多いです。夜間走行後にエンジンを停止して車を離れる時に注意が必要ですが、昼間でもトンネル走行後に消し忘れることがあります。エンジンを停止した時には必ず、ライトのスイッチを確認してから車を離れる様に習慣付けると良いでしょう。

消し忘れをアラームで教えてくれる車種も多いですが、周辺が騒がしかったり慌てていると、アラームに気付かないこともあります。

ライト類の消し忘れ以外にエアコンにも注意が必要です。車種によってはエンジンがかかっていない状態でもエアコンを使用することができますが、エアコンは電力消費も多いのでバッテリー上がりの原因になりかねません。

また、車のバッテリーは「自然放電」と呼ばれる現象を起こしています。自然放電は車を使っていなくてもバッテリーに蓄えられた電気が少しずつ減っていく現象です。車に長期間乗らないで放置状態が続いてしまうと、自然放電でバッテリー上がりになることもあります。

バッテリーのメンテナンスや寿命

バッテリーの中にはバッテリー液が入っていますが、何らかの原因でバッテリー液が少なくなってしまうと、極板が露出してしまい劣化も進んでしまいます。バッテリーの寿命も縮めてしまいますので、時々はボンネットを開けてバッテリー液量の点検をすると良いでしょう。

寿命を迎えたバッテリーは、充電しても電気をほとんど蓄えられなくなります。2~3年以上使っているバッテリーで、特に原因が考えられないのにバッテリー上がりの前兆が現れた場合は、速やかにバッテリー交換しないとエンジンがかからなくなります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→