姫路市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 兵庫県 > 姫路市

姫路市でのバッテリー上がり救援サービス

姫路市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

姫路市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。姫路市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

姫路市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

姫路市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

姫路市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
姫路市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

姫路市でのバッテリー上がり対応情報

姫路市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

姫路市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

姫路市でのバッテリー出張交換にも対応

姫路市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

姫路市でのバッテリー出張交換にも対応

姫路市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

姫路市飾磨区中島:1ヶ月程車に乗る機会がなくバッテリー上がり

出張場所:姫路市飾磨区中島にお住いのお客様ご自宅

車  種:トヨタ アルファード

コメント:1ヶ月程になるのですが、海外の工場支援のため出張していました。出張に出かける前も戻ってから来てからも、車のことは全く心配していなかったのですが、バッテリーが上がってしまいました。自宅にいる時も週末ドライバーだったのですが、3週間くらい車に乗らない時があったのに今回はバッテリー上がりになりました。

この車は中古で購入しましたが、3年くらいは乗っている車です。中古で購入した車なので、前回バッテリーを交換したのかしてないのか、交換した年月日はいつなのかは分かりません。そのため、バッテリー交換した方が良いのかどうか判断できませんが、ジャンピングでエンジンが始動できたら少しドライブしながら様子を見たいと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車に長期間乗らない時のバッテリー上がり対策

車に長期間乗らない時のバッテリー上がり対策

長期出張や病気や怪我で入院しなければいけなくなった、あるいは交通違反で運転免許停止などの行政処分で車を運転できなくなったなど、長期間車を運転できない状況が続く場合があります。

車のバッテリーはエンジンの回転で充電されますので、駐車しているだけの状態が長期間続いてしまうと、自然放電や暗電流による放電によってバッテリー上がりになる恐れがあります。
そのため、予め車を使えない状態が長く続くことが分かっている場合は、以下の様なバッテリー上がり対策をしておくと良いでしょう。

定期的に誰かに車を使ってもらう

自分の家族とかで運転免許を所有している信頼できる人がいる場合は、週に1回くらいのペースで定期的に30分以上または20km程度の距離を走ってもらうと良いでしょう。この場合、バッテリーの充電目的で車を運転してもらうので、渋滞道路を避けて不要な電力を使わない状態で運転してもらってください。そうすれば、バッテリー上がり対策だけでなく、エンジンの調子も悪くならないでしょう。

家族以外に頼む方法もありますが、他人に運転を頼んだ場合は様々なリスクが伴いますので注意が必要です。何か起きた場合に家族であれば許容範囲で済むことが、他人の場合はその後のトラブルに発展する恐れがあります。万が一の事故や破損、交通違反などのリスクもありますが、必要以上に車を乗り回されてしまう場合もあります。

バッテリーのマイナス端子を外しておく

エンジン停止状態で駐車しているだけでも、自然放電や暗電流によってバッテリーに蓄えられている電気が放電されてしまいます。バッテリーのマイナス端子を外しておけば、バッテリーから車両に流れる電気を遮断できますので、暗電流による電力消費をなくすことができます。

バッテリーからマイナス端子を外す作業は簡単にできそうですが、作業には十分な注意が必要です。マイナス端子とプラス端子を間違えないことは当然ですが、端子部分のナットやネジ山に合った工具を使ってください。端子のナットを緩めるだけですが、サイズが合わない工具で取り外し作業を行うと、ナットやネジ山を変形させてしまう場合があります。

バッテリーのプラス端子は、危険が伴いますのでバッテリー交換時以外は触らない様にしてください。誤ってショートしてしまった場合など、大きな損害につながる場合があります。

バッテリーのマイナス端子を外しておく対策は、簡単にできて余計なコストもかかりません。しかし、車両が電源から遮断された状態になりますので、盗難防止装置のセキュリティーアラームが動作しない状態になります。車庫に駐車しておければある程度は安心ですが、そうでない場合は無防備な状態で長期間車を駐車しておくことになります。

また、キーレスエントリーも動かなくなりますので、しばらくぶりに車に乗る時にドアロックが解除できず、故障と勘違いする可能性もあります。それから車のコンピューターが学習した内容、そして時計やラジオの設定などが、工場出荷状態にリセットされてしまいます。マイナス端子を取り付ければエンジンがかかる様になりますが、電源復帰後の対応を調べてからバッテリーのマイナス端子を外す対策を行った方が良いでしょう。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→