神戸市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 兵庫県 > 神戸市

神戸市でのバッテリー上がり救援サービス

神戸市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

神戸市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。神戸市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

東灘区/灘区/中央区/兵庫区/北区/長田区/須磨区/垂水区/西区など、神戸市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で神戸市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

神戸市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

神戸市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
神戸市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

神戸市でのバッテリー上がり対応情報

東灘区/灘区/中央区/兵庫区/北区/長田区/須磨区/垂水区/西区など、神戸市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

神戸市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

神戸市でのバッテリー出張交換にも対応

神戸市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

神戸市でのバッテリー出張交換にも対応

神戸市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

神戸市灘区:六甲ガーデンテラス駐車場にて出張バッテリー交換

出張場所:六甲ガーデンテラス駐車場

車  種:トヨタ シエンタ

コメント:自宅を出る時にエンジンがかかり難いと感じたのですが、その時は何とかエンジンをかけることができました。昨晩は雨降りで事故渋滞が自宅の近くであり、電気を使い過ぎたからと思ったので、暫く走って充電すれば大丈夫だと思ったのですが、セルの回りも弱々しくエンジンがかからなくなりました。

今のバッテリーは4年ほど使っていますので、バッテリーを交換しなければいけないのかもしれません。バッテリー上がりで車のエンジンがかからなくなると、こんなに困ってしまうとは思いませんでした。ジャンピングスタトでエンジンをかけることができるとのことですが、どうせバッテリー交換しなければいけないのであれば、「出張バッテリー交換サービス」を利用して、バッテリー交換をしてもらうことにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりした時の復旧方法について

バッテリー上がりした時の復旧方法

バッテリー上がりで車のエンジンがかからなくなってから、再びエンジンを始動するためには、バッテリーを復旧させる作業を行う必要があります。バッテリー上がりになると、バッテリーに蓄電していた電気がほとんど空になっている状態ですので、エンジンが始動できたとしても充電を行なわければいけません。

最近は車もバッテリーも性能が向上していますので、昔と比べればバッテリー上がりで困る機会も減っていると思います。そのため、いざという時に困らないためにも、バッテリー上がり後の復旧方法について知っておくことも大事なことです。

バッテリー上がりした時の回復方法因

バッテリー上がりした時は、ジャンピングスタートして緊急的にエンジンを始動してから自力充電するか、充電器で充電してバッテリーを回復させてからエンジンを始動します。充電器で充電する方法は、普通充電で8~10時間くらいかけて充電する方法や急速充電する方法などがあります。

時間的に余裕があるのであれば、急速充電はバッテリーに負担をかける方法で、バッテリーの寿命を縮めてしまいますので、緊急の場合以外には急速充電は避けた方が良いでしょう。普通充電をした場合、満充電近くまで充電できますが、充電中にガスが多く発生したり、バッテリーが温かくなってきたら充電完了のサインです。

バッテリー上がりした時の回復方法としては、
(1)ジャンピングスタートして、エンジンを始動してから自力充電。
(2)充電器で充電してからエンジンを始動。

などに分けられますが、人の寝起きで例えれば、「ジャンピングスタート:目覚し時計または他人に起こされる」「充電器:自然に目覚める」と表現できます。バッテリー上がりを起こすとダメージを受けて、バッテリーの寿命が短くなると言われますが、ジャンピングスタートを行うとよりバッテリーに負担を与えてしまいます。

バッテリー上がりを起こした場合、充電器で普通充電するのがバッテリーに負担をあまり与えない方法ですが、時間がかかり充電器が手元にないことも多いです。そのため、ジャンピングスタートでバッテリー上がりを回復するのが、最も一般的な回復方法とされています。

ジャンピングスタートした後の自力充電

ジャンピングスタートでエンジンを始動した後は、ある程度走行してバッテリーを充電する必要があります。30分から1時間ほどとされていますが、バッテリーの使用年数や状態、バッテリーの種類や車種などによっても条件が変わります。時間に余裕があれば、念の為に1時間ほど走行して自力充電した方が良いでしょう。

自力充電は、エンジンの回転数が2,000~2,500回転くらいが一番効率よく充電できます。ライト類やオーディオ類、カーナビなどの電装品の電源をOFFにした状態、そして渋滞道路を避けて走行すると効率よく自力充電できます。

アイドリング状態でも充電は可能ですが、アイドリング時のエンジン回転数は500~1,000回転程です。アイドリング時は、最も効率よく充電できる自力充電の半分以下ですので、充電効率は決してよくありません。また、長時間のアイドリングは、エンジン音で近隣へ迷惑をかけますので、周囲に配慮することを忘れない様にしてください。

バッテリー上がり後にバッテリーを交換した方が良いか?

バッテリーを交換した方が良いかどうかは、バッテリー上がりした時の条件によって判断できます。

例えば、
◆バッテリーが比較的新しく、ライト類の消し忘れなどの過放電でバッテリー上がり。
バッテリーの回復処置後にそのままバッテリーを使い続けられる可能性が高いですが、暫く様子を見ることは必要です。

◆通常のバッテリー寿命期間(2~3年)を超え、原因不明でバッテリー上がり。
バッテリーの経年劣化によるバッテリー上がりの可能性が高いです。回復処置後にエンジンが始動したら、そのままディーラーやカーショップに向かって、バッテリーの点検を受けた方が良いでしょう。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→