淡路市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 兵庫県 > 淡路市

淡路市でのバッテリー上がり救援サービス

淡路市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

淡路市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。淡路市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

淡路市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で淡路市全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

淡路市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

淡路市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
淡路市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

淡路市でのバッテリー上がり対応情報

淡路市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

淡路市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

淡路市でのバッテリー出張交換にも対応

淡路市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

淡路市でのバッテリー出張交換にも対応

淡路市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

淡路市岩屋:半ドアで室内灯が点灯したままになりバッテリー上がり

出張場所:淡路市岩屋にお住いのお客様ご自宅

車  種:ホンダ ライフ

コメント:運転席側のドアが半ドア状態になっているのを3日間ほど気付かないでいました。今日はたくさん買い物をする予定だったのですが、妻の軽自動車で出掛けようとしたら、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなっていました。

ネットで調べたのですがバッテリー上がりになった場合、ジャンピングスタートという方法でエンジンをかけれるそうですが、自分で行うのは多少の不安がありました。JAFには入会していないので誰かに頼みたかったのですが、ネット検索の最中に出張でバッテリー上がりを救援してもらえるサービスを見つけられて良かったです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

うっかりミスによるエンジンがかからなくなる原因

うっかりミスによるエンジンがかからなくなる原因

何の異常もなく車を運転できていたのに、急にエンジンがかからなくなってしまうことを想像してしまうと、とても不安を感じると思います。

車のエンジンがかからなくなるトラブルで一番多いのは「バッテリー上がり」です。また、エンジンをかける時の操作間違いやガス欠などのうっかりミスが原因の場合もあります。いざという時に戸惑わない様にエンジンがかからない原因の見極め方や対処法を知っておくと良いでしょう。

バッテリー上がり

エンジンをかけようとしてもセルモーターの回転が弱々しかったり、「カチカチ」という様な音がするだけで、いくらトライしてもエンジンがかからない場合は、バッテリー上がりの可能性が高いです。バッテリー上がりの状態になると、エンジンがかからないばかりでなく、「メーターランプが点灯しない」「エンジンをかけようとするとメーターランプが消える」など、電気系統に電力不足の症状が現れます。「スマートキーでドアロックが解除できない」といった症状が現れる場合もあります。

車のバッテリーは、ヘッドライトやルームランプなどの消し忘れで、セルモーターを回転する電力が足りなくなると、エンジンがかからなくなります。ランプ類の消し忘れでバッテリー上がりになった場合は、ジャンプングスターターや他の車のバッテリーとつないでジャンピングスタートすれば、エンジンを始動することができます。ジャンピングスターターやブースターケーブルがあればご自分でも対処できますが、対処方法に不安がある場合には、ロードサービスを利用した方が良いでしょう。

但し、バッテリーが寿命で交換時期を迎えていたり、完全に放電してしまった場合などは、例えエンジンが始動できて走行充電しても、すぐにバッテリー上がりが再発することがあります。こうなった場合には、バッテリーそのものを交換する必要があります。

エンジン始動時の操作間違い

車を購入した時は、操作方法を販売店が教えてくれると思いますが、「購入したばかりの車なのにエンジンがかからない」ということもあります。この様な場合には、以下の様なエンジン始動方法の操作ミスが考えられます。

●ミッション車:ギアのセット位置が「N(ニュートラル)」以外の時にクラッチを踏んでいるか?
●オートマチック車:ギアが「P(パーキング)、N(ニュートラル)」以外に入っていないか?
●スマートキー車:ブレーキを踏んでいるか?
●スマートキー車:スマートキーを持っているか?

レンタルカーなど、自分の車以外を借りた時などに起こりやすいミスですが、その様な場合には落ち着いてエンジン始動時の操作を確認してください。

ガス欠(燃料切れ)

車種によって異なりますが、一般的には給油ランプ(燃料残量警告灯)が点灯すると、残りの燃料は10リットル程度の場合が多いです。「まだ大丈夫!」と思って給油しないでいると、エンジンの回転が不安定になって止まってしまい、その後エンジンがかからなくなります。

ガソリンスタンドが近くにあったとしても、所定の携帯缶以外のペットボトルなどに給油することは法律で禁じられています。また、放火事件の影響で携帯缶であっても、給油を断るガソリンスタンドも増えています。この様な場合は、ロードサービスを呼んで燃料を運んでもらうか、レッカーでスタンドまで搬送することで対処することになります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→