東灘区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 兵庫県 > 神戸市東灘区

東灘区でのバッテリー上がり救援サービス

東灘区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

東灘区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。東灘区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

東灘区-御影/住吉/魚崎/本山/本庄地区にて、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で東灘区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

東灘区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

東灘区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
東灘区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

東灘区でのバッテリー上がり対応情報

東灘区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

東灘区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

東灘区でのバッテリー出張交換にも対応

東灘区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

東灘区でのバッテリー出張交換にも対応

東灘区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

神戸市東灘区:3週間ほど車を使わなかったためバッテリー上がり

出張場所:神戸市東灘区にお住いのお客様ご自宅

車  種:フォルクスワーゲン ゴルフ

コメント:通勤は電車ですので、車には週末にしか乗る機会がありません。買い物やどこかに出掛ける時に車を使っていますが、今回は3週間ほど車に乗る機会がありませんでした。今日は買い物に行く予定でしたが、車のエンジンがかからないので困ってしまいました。

自転車で買い物に行くこともできますが、このままエンジンがかからない状態では、いざという時に車を使えなくなってしまうので、出張バッテリー交換サービスを利用することにしました。

昨年1回目の車検を受けましたので、バッテリーは4年と少しは使えたと思います。ジャンピングでエンジンがかかったとしても、もう寿命による交換が必要だと思いますので、ジャンピングではなくバッテリー交換で申し込みました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因と上がる前に起きる予兆

バッテリー上がりの予兆や原因の確認

車のバッテリーが上がる原因は様々ですが、大別すると「寿命」によるもの、そして「ミス」によるものがあります。また、寿命が原因でバッテリー上がりになる場合は、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなる前に何らかの予兆が現れることがあります。

バッテリー上がりの原因(負担増や寿命)

バッテリーの寿命は一般的に2~3年と言われていますが、車の使い方によってはそれ以上使える場合もあります。寿命によるバッテリー上がりを避けるために、車検のタイミングで交換するという考え方もあります。しかし、まだまだ使えるバッテリーを交換するのはもったいないでしょう。そのため、バッテリーに負担をかけて寿命を短くする車の使い方を避け、寿命が近づいた時に予兆が現れたらバッテリー交換方法も、バッテリーを交換する時の判断とするのも良いでしょう。

バッテリーの寿命を短くしてしまう車の使い方として考えられるのは、頻繁な短距離走行の繰り返しです。短距離走行の繰り返しは、電力を多く消費するエンジンをかける回数を増やすだけでなく、オルタネーターの発電による充電が間に合わない場合があります。そのため、慢性的な充電不足状態が続き、バッテリーの寿命を短くしてしまいます。

また、夜間走行や渋滞道路の走行が多い場合も同様で、ヘッドライトやブレーキランプなどを使うため、電力消費が多くなり、どうしてもバッテリーの負担が大きくなります。その他にも、シガーライターの電源をたくさんの機器で使っていたり、後付けで追加した電装品が増えている場合は、バッテリー容量に対する電気使用量が多くなり、バッテリーの寿命を短くしてしまいます。

車に乗らないで長期間放置してしまうのもいけません。車を使っていない間もバッテリーは自然放電していますので、車に乗る機会が少ない場合はバッテリー上がりに対する注意が必要です。

バッテリー上がりの原因(ミス)

バッテリー上がりは単なるミスで起きることがあります。一番多いのは、ヘッドライトやルームランプの消し忘れです。警告音などで消し忘れを知らせてくれますが、その時の状況によって気付かない場合もあります。最近の車の中には、自動的に消し忘れ機能が働くものもありますが、車種によっては動作条件が異なりますので注意が必要です。

ルームランプの様な消費電力が少なそうなものでも、消し忘れた時間やその時のバッテリーの状態によっては、すぐにバッテリー上がりを起こしてしまう可能性があります。

後付けで電装品を追加している場合、エンジンが停止していても電力だけは消耗しているような配線をしてしまうと、エンジン停止中にバッテリーの電力がドンドン消費していきますので、バッテリーの寿命を縮めてしまうしまう原因になります。

バッテリー上がりになる前に起きる予兆

ヘッドライトがLEDやHIDであれば消費電力が少ないので症状が出難いですが、昔ながらのハロゲンランプであれば、アイドリング時にヘッドライトが暗く感じる様になります。また、パワーウィンドウやウィンカーの動作が安定しなくなったり、エンジンがかかり難くなるのもバッテリー上がりの予兆です。

電圧計が付いている車であれば、電圧の表示でバッテリーの状況を確認することができます。エンジンがかかっていない状態、アイドリング状態、エンジン回転数が高い状態で、いつもよりそれぞれの状態での電圧表示がかなり低くなっている場合は、バッテリー上がりに気を付けた方が良いでしょう。

バッテリーが上がった時

寿命でバッテリー上がりになった場合は、ジャンピングスタートでエンジンがかかっても十分に充電されませんので、新品のバッテリーに交換する必要があります。ミスでバッテリー上がりになった場合は、ジャンピングスタートでエンジンがかかれば、その後に走行充電することでバッテリーを使い続けられます。しかし、一度バッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリーの寿命を極端に縮めてしまいますのでご注意ください。

当社は全国24時間対応のロードサービスを展開しておりますが、現地に出張してジャンピングでエンジンを始動します。また、出張バッテリー交換サービスも行っておりますので、寿命でバッテリー上がりになった場合は、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなった現地でバッテリー交換することができます。

エンジンがかからない原因がバッテリー上がりでない車両の故障であっても、レッカーサービスもご利用いただけます。ご自宅やお出掛け先で車のエンジンがかからなくなりお困りの際は、是非ご連絡ください。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→