灘区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 兵庫県 > 神戸市灘区

灘区でのバッテリー上がり救援サービス

灘区でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
灘区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

灘区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。灘区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

六甲・西郷・西灘・六甲山地区など、灘区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

灘区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

灘区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
灘区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

灘区でのバッテリー上がり対応情報

六甲・西郷・西灘・六甲山地区など、灘区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

灘区でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

灘区でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:灘区の警察署・区役所の連絡先

  • 灘区役所:神戸市灘区桜口町4-2-1「078-333-3330」
  • 灘警察署:神戸市灘区水道筋1丁目24-8「078-802-0110」

灘区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

灘区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

灘区水道筋:ヘッドライト消し忘れによるバッテリー上がり

出張場所:神戸市灘区水道筋にお住いのご自宅マンション駐車場

車  種:日産 スカイライン

コメント:ヘッドライトをうっかりして消し忘れてしまったのですが、キーレスエントリーでドアロックを開けることもできなくなり、エンジンもかかりません。エンジンをかけようとしてキーを回しても、エンジンが始動する直前にする音が聞こえないので、セルモーターも動かないほど完全にバッテリー上がりになったみたいです。

ヘッドライト消し忘れをしてしまったので、セルモーター自体が故障した可能性は低いため、バッテリー上がりである可能性が高いと思います。一度、ジャンピングでエンジンを始動してもらって様子を見ようと思いました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの使用期間と点検方法

バッテリーの使用期間と点検方法

車のバッテリーの平均寿命は、車の使用状況にもよりますが2~3年くらいと言われることが多いです。バッテリーの劣化が進み寿命が近づいて弱ってくると、走行中やアイドリング時などエンジンの回転数によって、ヘッドライトの明るさが変わることがあります。そして、パワーウィンドウなどもバッテリーの電力不足によって開閉動作が重々しくなります。

新車で車を購入した場合は、最初の車検が3年後になりますので、バッテリーの平均寿命を考えるとバッテリー交換時期の目安にすることもできます。中古で購入した車などで前回の交換日が分からない場合は、ディーラーなどでバッテリー交換していれば、きちんと整備手帳にバッテリー交換日を記載してくれますので、その日付から3年経ったらバッテリー交換するのも交換時期の目安となります。

バッテリーの電圧計測

バッテリーの寿命判断には、テスターという専用機器を使った電圧計測が有効です。エンジンがかかっていない状態で、バッテリーのプラス端子とマイナス端子間の電圧を計測した時に12.5V~13Vだった場合は、正常な電圧数値です。

計測した電圧が12Vよりも低い場合は、かなり劣化が進んでいる状態で寿命が近づいている恐れがあり、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなる可能性が高くなります。

バッテリーの液量

バッテリーの内部には液体が入っていますが、この液体はバッテリー液と呼ばれる希硫酸です。バッテリーの液量は多過ぎても少な過ぎてもいけませんが、バッテリー本体の側面にあるアッパーとロワーのラインでバッテリーの液量を確認することができます。

最近はメンテナンスフリーのバッテリーが増えてきていますが、1ヶ月に1回程度はバッテリーの液量点検を行うと安心できます。バッテリー液が足りない状態で使用を続けると、バッテリーの寿命を縮めるだけでなく危険も伴います。もし、点検した時にバッテリー液が少ない場合には、液面がアッパーとロワーの間に来る様に補充してください。

ガソリンスタンドでのバッテリー点検

ガソリンスタンドでも給油時にバッテリーの点検をしてもらえます。バッテリー液の量、バッテリーの取り付け、端子や本体の変形なども点検してもらえますが、電圧や比重を点検してくれる場合もあります。

もし、バッテリーの寿命が近づいており、バッテリー交換を勧められた場合は、電圧の数値を確認したり、前回バッテリー交換した日にちを伝えて、本当に今すぐバッテリー交換が必要かどうか相談してください。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→