古河市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 茨城県 > 古河市

古河市でのバッテリー上がり救援サービス

古河市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
古河市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

古河市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。古河市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

古河市全域および古河市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

古河市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
古河市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

古河市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

古河市のバッテリー上がり救援対応情報

古河市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

古河市のバッテリー上がり救援対応エリア

古河市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】大堤/大手/旭/新久田/大和田/恩名/丘里/砂井新田/磯部/尾崎/女沼/稲宮/江口/大山
  • 【か】古河/けやき平/上辺見/上和田/葛生/北間中橋/北山田/上砂井/上大野/五部/久能/高野/上片田/北利根/鴻巣/駒込/駒羽根/小堤/駒ケ崎
  • 【さ】下大野/下片田/関戸/幸/坂間/釈迦/新和田/桜/三和/静/下辺見/下山
  • 【た】茶屋新田/中央/立崎/長左ェ門新田/鳥喰/常盤
  • 【な】名崎/西牛谷/仁連/西間中橋/中田新田/錦/中田
  • 【は】東諸川/長谷/東間中橋/東牛谷/原/平和/本/東本/東山田
  • 【ま】牧野地/松並/前林/諸川/三杉/南間中橋/水海/緑/宮前
  • 【や】谷貝/山田/柳橋/横山
  • 【ら】雷電

※古河市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

古河市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 古河市役所/古河赤十字病院/古河市広域中央運動公園/古河税務署/古河市ふるさとの森/陸上自衛隊古河駐屯地/古河体育館/古河総合公園/三和資料館/古河警察署
  • 古河病院/古河文学館/古河歴史博物館/篆刻美術館/古河街角美術館/鷹見泉石記念館/ネーブルパークポニー牧場/古河市三和ふるさとの森/古河鴻巣ショッピングプラザ
  • 古河城址/古河市サッカー場/古河市民球場/三杉団地/リバーサイド倶楽部/古河市三和野球場/上大野グラウンド/諸川コミュニティパーク/古河市三和健康ふれあいスポーツセンター
  • 三和農村環境改善センター/マーケットシティ古河ファッションモール/道の駅「まくらがの里こが」/小堤フィッシィングセンター/古河セントラルホテル/まねきねこ古河さくらヶ丘
  • マルハン/モーリーファンタジー/古河第一バッティングセンター/オールフォーワンビームス古河/ビックマーチ総和・・・他

古河市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 古河駅

参考情報:古河市の警察署・市役所の連絡先

  • 古河警察署:古河市旭町1丁目1-23「TEL:0280-30-0110」
  • 古河市役所 総和庁舎:古河市下大野2248番地「TEL:0280-92-3111」
  • 古河市役所 古河庁舎:古河市長谷町38番18号「TEL:0280-22-5111」
  • 古河市役所 三和庁舎:古河市仁連2065番地「TEL:0280-76-1511」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因

古河市(バッテリー上がりトピックス)

自動車のバッテリーは消耗品ですので、半永久的に使用できるものではありません。車の使用頻度や使い方、環境などによって使用できる期間は異なってきますが、いずれ寿命が来て十分に性能を発揮できなくなり、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいます。

寿命が来るまでバッテリーを使用できればよいのですが、バッテリー上がりの原因で多いのは人為的なケアレスミスによるものです。

例えば、半ドアや消し忘れでルームランプが点灯したままだった、ヘッドライトやスモールランプの消し忘れ、エンジンを停止した状態でオーディオ類やテレビ・カーナビの使用など、そのケアレスミスの内容は様々です。
また、後付けで電気を多く使用する電装品を取付て、慢性的なバッテリーの充電不足などでもバッテリー上がりになってしまいます。

その他、車に長期間乗らないで放置したことで、自然放電による充電切れになったり、車両側の発電装置の故障やケーブル類・端子などの劣化や不具合が生じてバッテリー上がりになるケースもあります。

充電器で充電したり、ジャンピングでエンジンを始動後に走行充電することで、そのままバッテリーを継続して使用できる場合も多いですが、新しいバッテリーに交換が必要になる場合や車両側の修理が必要になるケースもあります。

バッテリー液の補充について

バッテリーの中には希硫酸が入っていますが、長い間使い続けていると液の量が減ってきますが、バッテリー液は主に蒸発と電気分解によって減ってしまいます。

走行中などエンジンルームが高温になることでバッテリー液の蒸発が起きますが、この蒸発に伴ってバッテリー液の量が減っていきます。また、充電によって酸素と水素の気体に分解されることでもバッテリー液が減ってしまいます。

バッテリーの側面には、UPPER LEVEL(最高液面線)とLOWER LEVEL(最低液面線)のラインがありますが、バッテリー液の液面がLOWER LEVEL(最低液面線)より少なくなってはいけませんので、正しい方法で補充しなければいけません。

バッテリー液は、硫酸と精製水を混ぜた希硫酸と呼ばれる液体です。水道水を精製水の代わりに入れてしまおうと思われる方もいるかもしれませんが、水道水にはナトリウムやカルシウムなどが含まれているため、バッテリーの性能を低下させてしまいますので、水道水を使って補充するのはNGです。

蒸発や電気分解で減ってしまった量を補うために精製水を補充しますが、精製水ばかり補充してしまうと希硫酸の濃度が薄くなってしまいますので、補充用として販売されているバッテリー液を使った方が良い場合もあります。精製水は薬局でも購入できますが、バッテリー液補充液はカーショップやホームセンターで購入してください。

カーショップやホームセンターのバッテリー関連商品の棚には、バッテリー強化剤と呼ばれる液体も販売されています。「強化剤」という名称が付いていますので、補充液の代わりに購入してしまいそうになるかもしれませんが、特に弱っていないバッテリーに強化剤を補充してしまうと電極を傷めてしまう恐れがあります。バッテリー強化剤は、バッテリーが弱っている症状が出てきた時のみに使った方が良いでしょう。

強化剤がどのくらい効果があるかは分かりませんが、弱っている症状が現れた時は早めのバッテリー交換が一番最適な対応と思います。

古河市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
古河市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→