取手市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 茨城県 > 取手市

取手市でのバッテリー上がり救援サービス

取手市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
取手市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

取手市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。取手市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

取手市全域および取手市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

取手市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
取手市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

取手市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

取手市のバッテリー上がり救援対応情報

取手市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

取手市のバッテリー上がり救援対応エリア

取手市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】青柳/稲/井野/押切/小文間/大留/小堀/大曲/岡/井野団地/井野台/市之代
  • 【か】椚木/桑原/貝塚/片/上萱場/米ノ井/萱場/神浦/小浮気/駒場/神住/小泉/光風台/上高井/毛有
  • 【さ】渋沼/清水/下萱場/桜が丘/下高井/新/新取手/新町川/山王/紫水
  • 【た】取手/長兵衛新田/寺田/戸頭/中央/高須/台宿
  • 【な】中内/野々井/中原/西/中田
  • 【は】藤代/藤代南/配松/本郷/白山/浜田/東/双葉/平野
  • 【ま】宮和田
  • 【や】ゆめみ野/吉田/米田/谷中
  • 【わ】和田

※取手市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

取手市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 取手市役所/取手支所/藤代庁舎/藤代保健センター/取手市民会館/取手警察署/取手医師会病院/取手市福祉会館/パチンコビックマーチ藤代/ブックエース新取手
  • 取手消防署/取手簡易裁判所/取手区検察庁/取手競輪場/取手市埋蔵文化財センター/JAとりで総合医療センター/キリンビアパーク取手/取手中央病院/とりでアートギャラリー
  • 花輪スポーツ公園/取手協同病院/向原公園/取手宿本陣/藤代スポーツセンター/湯楽の里取手店/取手グリーンスポーツセンター/北浦川緑地/取手緑地運動公園/新川グランド
  • とまとはうす歌謡ホール藤代/宮和田グランド/ドリーム取手/リトルジャム取手/WonderGOO取手東・・・他

取手市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 取手/戸頭/藤代/ゆめみ野/新取手/西取手/寺原/稲戸井駅

参考情報:取手市の警察署・市役所の連絡先

  • 取手警察署:取手市桑原955-1「TEL:0297-77-0110」
  • 取手市役所:取手市寺田5139番地「TEL:0297-74-2141」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

開放型のバッテリー

取手市(バッテリー上がりトピックス)

一般的な車に搭載されているのは開放型バッテリーですが、充電する時には水素ガスが発生してバッテリー外に放出されます。水素ガスは濃度が濃くなって引火してしまうと大変危険ですので、充電する時には火気厳禁でプラスとマイナスをショートさせて火花を出さないように注意が必要です。

そのため、充電する時は充電中に発生する水素の濃度が高くならないように、密閉された場所では充電を行わず換気に注意する必要があります。

バッテリー液が液量不足になると、電極板が腐食して劣化を早める原因になりますので、バッテリー液の液量の点検は日常的に行なう必要があります。

バッテリー液を補充したりバッテリー交換を行う時は、バッテリーには希硫酸が使われていますので、誤って液に直接触れてしまったり、バッテリー本体を倒して液が漏れてしまうと非常に危険です。また、衣服などに付着してしまうと、衣服がボロボロに溶けてしまいます。

電装品の追加で消費電力が増える

電力を必要とする電装品を後付けしていくと、電力の消費も当然増えます。カーナビやレーダー、ドライブレコーダーやオーディオ機器、そしてライト類などで消費電力が増えた場合は、バッテリーの容量も増やす必要があります。

ショートさせないように注意する

バッテリーを充電する時は、充電用のケーブルをバッテリーの端子に接続します。そしてバッテリー交換する時は、端子からケーブルを取り外したり、バッテリー本体を載せ換えたりします。ご自分で充電やバッテリー交換をする方もいると思いますが、バッテリーの危険性を十分認識して作業を行う必要があります。

一般的なバッテリーであっても、密閉式のバッテリーであっても、負荷のない状態でプラスとマイナスをショートさせてしまうと、発火の危険性があり大変危険です。負荷のない状態で一気に電流が流れることによってスパークが発生して、バッテリーから出ている水素ガスに引火する可能性もあります。

バッテリーの端子はバッテリー本体の上部に露出していますので、工具をバッテリーの上に置いてショートさせてしまったり、プラス極につないだケーブルの先端をボディーにショートさせたりしまわないように十分に注意して取り扱う必要があります。

入れ過ぎてしまった時はスポイトがあると便利

バッテリーを補充する時は、UPPER LEVEL(最高液面線)ギリギリを狙って補充しようとするあまり、入れ過ぎてしまう場合があります。バッテリー液には硫酸が含まれていますので、入れ過ぎてしまった時に本体を傾けて液を減らすことはできません。補充し過ぎてしまった時には、スポイトがあると便利ですので用意しておいた方が良いでしょう。

補充する時にUPPER LEVEL(最高液面線)を超えてしまうと、バッテリー液が溢れてバッテリー周辺の部品の劣化や火災の原因にもなりますので、十分注意して補充作業を行なってください。

取手市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
取手市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→