土浦市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 茨城県 > 土浦市

土浦市でのバッテリー上がり救援サービス

土浦市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

土浦市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。土浦市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

土浦市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で土浦市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

土浦市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

土浦市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
土浦市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

土浦市でのバッテリー上がり対応情報

土浦市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

土浦市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

土浦市でのバッテリー出張交換にも対応

土浦市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

土浦市でのバッテリー出張交換にも対応

土浦市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

土浦市小岩田東:半ドア放置によるバッテリー上がり(ジャンピング)

出張場所:土浦市小岩田東にお住いのお客様ご自宅

車  種:ホンダ フィット

コメント:いつも半ドアには気を付けているつもりでしたが、昨晩は半ドアのまま車から離れてしまいました。車に乗る前に半ドア状態に気付きましたが、室内灯は点灯していませんでした。多分、バッテリー上がりになっているとは思いエンジンをかけようとしましたが、やはりエンジンはかかりませんでした。

通勤で車に乗っているので、エンジンがかからないと会社に行けません。急いでバッテリー上がり対応してくれるロードサービスをネット検索で探して電話しました。今日は遅刻してしまうと思いますが、会社を休むことはできませんでした。到着予定時間より10分早く到着してもらえましたが、至急で来てもらえて助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの主な症状と原因

バッテリー上がりの主な症状と原因

バッテリー上がりの状態は、バッテリーが電気不足に陥った状態のことです。バッテリーは本来、エンジンがかかっている時に発電される余力で電気を蓄え、エンジン停止中に電気を使用するというサイクルを繰り返しています。

しかし、バッテリーに蓄えられた電気の量を使用量が上回ってしまうと、電気の使用量に電気の供給が追い付かない状態になります。この様な状態になると、エンジン始動時にセルモーターを駆動する電気が足りなくなり、エンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリー上がりの主な症状

バッテリー上がり状態になると、以下のような症状が現れます。

セルモーターの駆動が弱くエンジンがかかり難い(かからない)

エンジンがかからない時に一番怪しいのはバッテリー上がりです。セルモーターを起動するための電気が足りないため、セルモーターの駆動音が普段と違って弱々しくなり、エンジンがかかり難かったり、エンジンがかからなくなります。

パワーウィンドウなどの電装品の動きが遅くなる(動かない)

パワーウィンドウなどの電気を動力としている電装品は、エンジン停止時にはバッテリーの電気を使って動きます。バッテリーが上がってしまった状態では、電気を使う電装品は動きが遅くなったり、操作しても全く動かなくなってしまいます。

バッテリー上がりが復旧した後は・・・

バッテリーが上がってしまった場合、他の車のバッテリーなどから電気を借りてジャンピングスタートしたり、新しいバッテリーに交換することで復旧することができます。

バッテリーが上がりで完全に放電してしまった後、車種によって違いはありますが、時計の時刻やラジオの設定、そしてパワーシートの位置設定など、バッテリーの電気を使って記録されている設定がリセットされてしまいます。

バッテリー上がりになる主な原因

バッテリーは「電気の使用量 > バッテリーの蓄電量」という状態が続くと、バッテリー上がりになりエンジンがかからなくなります。バッテリー上がりは、主に以下の様なことが原因で起きてしまいます。

ライトの消し忘れ

トンネルや夜間走行後にライトを消し忘れたことに気付かずに、エンジンを停止後に車を離れて長い時間経ってしまうとバッテリー上がりになります。エンジン停止中は、ライトの点灯に使われるのはバッテリーの電気ですので、バッテリーに蓄えられた電気がドンドン減ってしまいます。

ライトを消し忘れエンジンを停止した状態で車を離れようとすると、警告音で知らせてくれる車種も多いですが、慌てていたり、他のことに気を取られていると気付かないこともありますのでご注意ください。

半ドアによる室内灯の点灯

室内灯のスイッチの位置を「DOOR」にしている方が多いと思います。「DOOR」に設定していると、車のドアが開くと室内灯が点灯する仕組みになっています。そのため、ドアをしっかりと閉めないで半ドアになっていると、室内灯が点灯し続けてバッテリー上がりになります。

エンジン停止状態でエアコン使用

ライトや室内灯の消し忘れの他にエアコン使用が原因でバッテリー上がりになることがあります。車種によってはエンジンがかかっていない状態でもエアコンを使用できますが、エンジンを停止してエアコンを長時間使い続けてしまうとバッテリー上がりの原因になります。

車に乗る機会が極端に少ない、長期間放置

車のバッテリーは「自然放電」しています。自然放電は車を使用していなくてもバッテリーに蓄えられている電気が自然に少しずつ減っていく現象です。車に乗る機会が極端に少なかったり、長期間放置してしまうと自然放電によってバッテリー上がりになる場合があります。

バッテリーの寿命

バッテリーは消耗品ですので「寿命」があります。車の使い方にもよりますが、一般的にバッテリーの寿命は2~3年です。寿命を迎えたバッテリーは充電しても電気を蓄えられませんので、速やかに交換して対処しないとバッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→