つくばみらい市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

つくばみらい市でのバッテリー上がり救援サービス

つくばみらい市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
つくばみらい市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

つくばみらい市のバッテリー上がり救援のロードサービス情報です。車やバイク、トラックのエンジンがかからない、ハイブリッドシステムが起動しないなどのバッテリー上がりトラブルに、24時間365日対応で現場へ駆けつけます。

ジャンピングスタートでエンジン始動を試みますが、バッテリーが劣化している場合は、出張先でのバッテリー交換にも対応しております。

お客様にとっては滅多に利用する機会がない、バッテリー上がり出張救援サービスだからこそ、当社は皆様に安心してご利用いただける様に、電話受付の段階で全て込みの適切・妥当な料金提示に心掛けております。

つくばみらい市にてバッテリー上がりでエンジンがかからないトラブルでお困りの際は、総額案内で安心の生活トラブルSOSのロードサービスにお気軽にご相談ください。

つくばみらい市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
つくばみらい市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

つくばみらい市のバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッド車や電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せください!

つくばみらい市のバッテリー上がり救援対応情報

つくばみらい市は、茨城県南部の県南地域に位置しています。市内には鬼怒川・小貝川・中通川が流れており、小貝川の東側には広大な水田地帯が広がっています。

常磐自動車道の開通や常総ニュータウン絹の台などの造成が行われ、東京都のベッドタウンとしての側面も持つようになりました。また、つくばエクスプレス開業後は、さらにその傾向が強まり、現在もみらい平駅周辺を中心に開発が行われています。

以下は、つくばみらい市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介です。

つくばみらい市のバッテリー上がり救援対応エリア

つくばみらい市のバッテリー上がり対応情報

つくばみらい市全域およびつくばみらい市周辺地域でのバッテリー上がりでエンジンがかからない時のジャンピングスタートによるエンジン始動、出張バッテリー交換のご依頼に夜間・深夜、早朝も24時間スピード対応いたします!

つくばみらい市の各施設や観光地の周辺地域にも駆けつけます。

※つくばみらい市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換にスピード対応。

参考情報:つくばみらい市の警察署・市役所の連絡先

  • みらい平駅前交番:つくばみらい市陽光台1丁目1-1「TEL:0297-58-9091」他
  • つくばみらい市役所:つくばみらい市陽光台3丁目9番地1「TEL:0297-58-2111」

つくばみらい市のバッテリー上がり救援対応事例

つくばみらい市にてバッテリー上がりでお困りのお客様から、ジャンピングスタート作業によるバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

つくばみらい市高岡:一晩ゴルフ場に駐めておいた車のバッテリー上がり

  • 受付:13時13分、到着:当日の13時47分
  • 出張先:つくばみらい市高岡のゴルフ場、車種:トヨタ・ハリアー

依頼:ここのゴルフ場をラウンドしたのは昨日だが、昨日はラウンドが終わってから、スコアが良かったこともあり嬉しくてビールを飲んでしまった。そのため、車をゴルフ場に駐めたままにして、一緒にラウンドした友人に自宅まで送ってもらった。今日はみらい平駅まで電車で来てここまで歩いてきたが、バッテリーが上がってしまっており、エンジンがかからなくなっていた。

みらい平駅から4キロも歩いてきたので疲れてしまったが、車のエンジンがかからないので尚更疲れてしまった。自分で車を動かせないと修理工場へも行けないが、バッテリー上がりであればエンジンをかけに来てくれる業者がいることが分かったので相談してみることにした。

コメント:お客様は車が故障したと思い、ディーラーに電話してみたそうですが、あいにくの定休日で電話が繋がらなかったそうです。そのため、車の症状をネット検索で調べて、バッテリー上がりだと思ったとのことでした。

明日は仕事を休めないため、今日中に何とかしないといけなかったこともあり、ジャンピングでエンジンがかかったことでホッとされていました。

つくばみらい市谷井田:冬の時期に乗っていなかったバイクのバッテリー上がり

  • 受付:10時41分、到着:当日の11時18分
  • 出張先:つくばみらい市谷井田のお客様宅、車種:ホンダ・フォルツァ

依頼:寒いのは苦手なので、昨年の12月になった時点でバイクにはシートを被せておいた。3月になって少し気温が上がってきた気配もあったので、久しぶりにバイクに乗ってみようと思ったらエンジンがかからなかった。少しだけセルモーターは動いたので、エンジンがかからなくなった原因は、バッテリー上がりで間違いないと思う。

バッテリー交換が必要かどうかは分からないが、前回のバッテリー交換はバイクや車に詳しい友達が1年くらい前にやってくれた。1年くらいしか経っていないので、バッテリー交換するには早過ぎると思ったこともあり、ジャンピングスタートの出張サービスを利用してみることにした。

コメント:お客様のバイクは、ビッグスクーターのフォルツァでした。冬の間はバイクに乗っていると手の指先が冷たくなって痺れてくるので、冬の間は絶対にバイクには乗らないと決めていたそうです。自分用の軽自動車も所有しているとのことで、冬の間の移動手段には困らなかったそうです。

暖かくなればバイクの方が手軽に乗れ、目的地にも早く到着できるため、そろそろバイクに乗る試運転を開始しようとしたそうです。前回のバッテリー交換は、友人に交換作業してもらったそうですが、今日はその友人に来てもらえなかったため、初めてロードサービスを利用してみることにしたそうです。

お客様宅でのジャンピング作業となりましたが、フォルツァのバッテリーはシート下の収納場所にあるため、シートを開けてから収納場所下部のカバーを取り外しました。取り付けられていたバッテリーは、1年前に交換したもので格納されている所も収納ボックス内でしたので、とてもきれいな状態でした。

ジャンプスタートでエンジンをかけることはできましたが、エンストはしないものの少し経ってからのアイドリングが安定していませんでした。お客様には走行して充電が必要なことと、すぐにエンストしてしまうと再びエンジンがかからなくなる可能性があることをご理解いただきました。

つくばみらい市陽光台:ACCモードでオーディオを使い過ぎてバッテリー上がり

  • 受付:10時06分、到着:当日の10時42分
  • 出張先:つくばみらい市陽光台のピアシティみらい平、車種:スバル・レガシィアウトバック

依頼:友人が車を買いたいというので、ここで待ち合わせてから、一緒に中古車販売店を見て回ることにしていた。友人はバイクで来ることになっていたが、30分くらい遅れると連絡があった。自分は待ち合わせ時間の30分くらい前に来たので、1時間以上はこのショッピングモールの駐車場にいたことになる。

友人の到着を待っているは、車のオーディオを聴きながら、スマホでゲームをして待っていたが、1時間くらいで車のバッテリーが上がってしまうとは思わなかった。ACCモードでオーディオを聴いていたが、4~5時間くらいは平気だと思っていたが勘違いしていた。

今回バッテリー上がりを起こしてしまったため、原因を調べ直したところ、ACCモードでテレビやオーディオ使い過ぎると、30分くらいでもバッテリーが上がってしまうことが分かった。

コメント:お客様はどこかのWebサイトを見て勘違いした様子で、車のオーディオは消費電力が少ないと思い込んでいたそうです。ジャンピングスタートでバッテリー上がりが復帰し、バッテリーの充電が必要になりますが、これから行くところは中古車販売店でした。

もし、中古車販売店で再度バッテリーが上がってエンジンがかからなくなっても、中古車販売店だったら、ジャンピングスタートくらいだったら対応してくれるだろうと、バッテリー上がりの再発をあまり心配はしていない様子でした。

車やバイクのバッテリー上がりに関するトピックス

つくばみらい市に関することや、自動車・バイクのバッテリー上がりに関するトピックスです。本ページでは、「バッテリー上がり発生時の充電システム故障の見分け方」についてのトピックスをご紹介いたします。

バッテリー上がり発生時の充電システム故障の見分け方

バッテリー上がり発生時の充電システム故障の見分け方

バッテリー上がりが発生し、充電システムの故障を疑う場合、いくつかの兆候に注目する必要があります。まず、車のエンジンをかけようとしても全く反応がない場合や、エンジンがかかっても即座に停止してしまう場合は、充電システムの問題が考えられます。

また、エンジンがかかった後に、バッテリー警告灯や充電警告灯が点灯し続ける場合も充電システムの不具合の兆候です。さらに、車の走行中にエンジンが停止してしまう、電力が急速に低下する、ヘッドライトや内蔵ライトの明るさが弱まるなどの症状も考慮すべきです。

これらの兆候が現れた場合は、専門家に相談して充電システムの点検を受けることが重要です。充電システムの故障が早期に発見されて修理されれば、車の正常な動作を維持することができます。

バッテリー警告灯の点灯
車のダッシュボードにあるバッテリー警告灯が点滅したり、点灯し続ける場合、充電システムに何らかの問題がある可能性が高まります。バッテリー警告灯が点灯する原因の一つは、充電システムの主要な部品であるオルタネーターの故障です。

オルタネーターはバッテリーを充電し、車の電気系統を動かす役割を果たしています。もし、オルタネーターが正常に機能していない場合、バッテリーの充電が行われません。その結果、バッテリー警告灯が点灯します。

バッテリー警告灯が点灯した場合は、速やかに専門家の診断を受け、充電システムの問題を解決するために適切な措置を講じることが必要になります。充電システムの問題を放置すると、車のエンジンがかからない状態になったり、その他の電気機器が機能しなくなる可能性があります。

エンジンが停止する
エンジンが正常に稼働している場合でも、バッテリーが上がっていると、エンジンが停止する可能性があります。これは、充電システムがバッテリーを十分に充電できず、エンジンが必要な電力を供給できないためです。充電システムの故障がこの状況を引き起こす可能性があります。

充電システムの主要な部品であるオルタネーターが機能しない場合、バッテリーは十分に充電されず、エンジンが停止する結果となります。また、充電システムの他の部品にも問題がある可能性があります。エンジンが停止した場合、まずはバッテリーと充電システムを点検し、問題を特定するために専門家に相談することが重要です。

異音や異臭
充電システムに異常がある場合、オルタネーターやベルトなどの部品が摩耗したり、不適切な動作をする可能性があります。この結果、異音が発生することがあります。例えば、異常な回転音やグラインディングノイズなどが聞こえる場合は、オルタネーターが損傷している可能性があります。

また、異臭が発生することもあります。オルタネーターやその他の部品が過熱すると、焦げたような匂いがすることがあります。このような異音や異臭が発生した場合は、充電システムに何らかの問題がある可能性が高まります。

ただし、異音や異臭が必ずしも充電システムの故障を意味する訳ではないため、他の兆候と併せて判断することが重要です。異音や異臭が発生した場合は、すぐに専門家に相談し、問題を解決するための適切な措置を講じることが重要です。

充電器または電圧レギュレーターの故障
充電器は車の電気系統を動かし、バッテリーを充電します。一方、電圧レギュレーターは充電器の出力を制御してバッテリーを過充電または過放電から守ります。これらの部品に故障が生じると、バッテリーの充電が不十分になり、車の電気系統が正常に機能しなくなります。

充電器または電圧レギュレーターの故障を疑う場合は、バッテリー警告灯が点灯しているか、エンジンが停止するかどうかを確認します。さらに、バッテリーの電圧を測定して、規定値から大きく外れていないかを確認することも重要です。

これらの兆候が見られる場合は、専門家に相談して充電器や電圧レギュレーターを点検し、必要に応じて修理または交換を行うことが重要です。充電システムの正常な動作を確保するために、早めの対処が必要です。


つくばみらい市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
つくばみらい市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→