高松市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 香川県 > 高松市

高松市でのバッテリー上がり救援サービス

高松市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

高松市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。高松市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

高松市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

高松市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

高松市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
高松市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

高松市でのバッテリー上がり対応情報

高松市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

高松市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

高松市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:高松市の警察署・市役所の連絡先

  • 高松北警察署:高松市西内町2-30「TEL:087-811-0110」
  • 高松南警察署:高松市多肥上町1251-8「TEL:087-868-0110」
  • 高松市役所:高松市番町一丁目8番15号「TEL:087-839-2011」

高松市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

高松市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

高松市瓦町:1ヶ月程乗る機会がなかった車両のバッテリー上がり

出張場所:高松市瓦町にお住いのお客様ご自宅

車  種:ダイハツ ムーヴ

コメント:体調を崩して入院していたため、1ヶ月程車に乗れないでいました。自宅に帰って来れたので、久しぶりに車で出掛けようとしましたが、エンジンがかからなくなり、車庫から車を出せなくなってしまいました。

この車は中古で購入したので、バッテリーは何年使われていたかは知りません。年式は2015年なので生産されてから4年くらい経っていて、1度もバッテリー交換されていない可能性があります。

車庫に前向き駐車しているので作業がし辛いと思いますが、バッテリーの状態を見ていただいて、バッテリーの交換時期を迎えているようでしたら新しいバッテリーに交換してください。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因と防止方法

バッテリー上がりの原因と防止方法

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなることがありますが、バッテリー上がりには必ず原因があります。どの様なことが原因になるかを知ることで、バッテリー上がりを防ぐことや、バッテリーの交換時期を知ることができます。

バッテリー上がりになる主な原因

バッテリーの寿命が来ていないのに、突然バッテリー上がりになることがあります。バッテリー上がりの大きな原因となるのは電力の消費です。ライト類の消し忘れやエアコンなどの電装品の使い過ぎが、バッテリー上がりの原因になります。

電力を多く消費するエアコン以外にも、ドライブレコーダーやレーダー探知機、カーナビやETCなど、電気を動力源とする機器が増えています。特にエアコンなどは、必要ない時は使わない様に心掛けると良いでしょう。

また、シガーソケットやUSB端子を使ってスマホを充電する機会も増えていますが、これらも電力を消費する行為のひとつです。車のバッテリーはエンジンがかかっている時に充電されていますが、エンジンがかかっていない状態では、スマホの充電のためにバッテリーの電力がどんどん消費されるだけの状態が続いてしまうため、エンジンがかかっていない状態でのスマホ充電は、できるだけ控えた方が良いでしょう。

車を長期間放置しないことも大切

長期間車を乗らない状態が続くことも、バッテリー上がりの原因になります。車には電子システムや時計機能などが装備されていますが、それらを正常に維持するためにバッテリーの電力が使われています。僅かな消費電力ですが、長期間車のエンジンをかけずに放置してしまうと、やがてバッテリー上がり状態になり、エンジンもかからなくなってしまいます。

バッテリー上がりを防ぐためには、車を長期間放置せずに適度に運転することが、バッテリー上がりの予防策になります。車はエンジンがかかっている時に発電されて、その発電された電力でバッテリーは充電されています。そのため、週1回もしくは最低でも2週間に1回は、30分もしくは1時間以上走行させた方が良いでしょう。

車のエンジンを始動する時には、セルモーターを動かす時に多くの電力を消費しています。短い距離の運転でエンジン始動を頻繁に繰り返してしまうと、エンジン始動時の電力消費を補えませんので、できるだけ長い距離を走行することも大切です。

バッテリーの定期的な点検

バッテリーの状態を定期的に点検することも、バッテリー上がり対策になります。バッテリーを点検する際は、バッテリーの液量や状態を点検します。バッテリーの液量は、「UPPER LEVEL」と「LOWER LEVEL」という表示の間であれば適正です。

バッテリーの状態は、バッテリー上部にあるキャップの通気口や端子がきれいかを確認します。ゴミや白っぽいものが付着している場合は、バッテリーの交換時期が近付いていると判断しても良いでしょう。また、バッテリーの側面が膨らんでいるかも確認し、明らかに膨らんでいる場合は、バッテリーの寿命を疑った方が良いでしょう。

バッテリーが弱っている症状

バッテリーが弱ってくると、「エンジンがかかり難い」「ライトやメーター類の明るさが暗くなる」などの症状が出ることがあります。この様な症状が出始めた時は、早めにバッテリーの点検やバッテリー交換することで、バッテリー上がりを回避することができます。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→