薩摩川内市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 鹿児島県 > 薩摩川内市

薩摩川内市でのバッテリー上がり救援サービス

薩摩川内市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
薩摩川内市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

薩摩川内市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。薩摩川内市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

川内・樋脇・東郷・入来・祁答院地域など、薩摩川内市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

薩摩川内市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

薩摩川内市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
薩摩川内市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

薩摩川内市でのバッテリー上がり対応情報

川内・樋脇・東郷・入来・祁答院地域など、薩摩川内市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

薩摩川内市-川内・樋脇・東郷・入来・祁答院地域でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

薩摩川内市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:薩摩川内市の警察署・市役所の連絡先

  • 薩摩川内警察署:薩摩川内市原田町1-1「TEL:0996-20-0110」
  • 薩摩川内市役所:薩摩川内市神田町3番22号「TEL:0996-23-5111」

薩摩川内市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

薩摩川内市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

薩摩川内市平佐町:バッテリー上がりでバッテリーの交換時期と判断

出張場所:薩摩川内市平佐町にお住いのお客様ご自宅

車  種:トヨタ ポルテ

コメント:前回バッテリー交換してから3年以上は経っていると思いますが、1ヶ月くらい車に乗らなかったらバッテリー上がりで、エンジンがかからなくなってしまいました。

バッテリー交換を前回した時は、兄も一緒にに住んでいたので、車好きの兄がやってくれたのですが、今は自宅に車に詳しい人がいません。

エンジンがかからないので、車屋さんに行くこともできず困ってしまいました。電話で兄に相談してみたのですが、「出張バッテリー交換」というサービスをしてくれる業者さんがあることを教えてもらったので申し込んでみました。

ジャンピングという方法で、エンジンをかけてもらうサービスもあるそうですが、エンジンがかかってもその後の対処に自信がないので、バッテリー交換を申し込むことにしました。自宅まで出張して来てくれたので、電話するだけで済んで良かったです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりになる主な原因

バッテリー上がりになる主な原因

車のエンジンをかけようとした時に、エンジンがかからなくなる事態は誰にでも起こり得るトラブルです。エンジンが突然かからなくなる原因の多くは、バッテリー上がりによるものです。エンジンがかからなくなる事態は、大変困って慌ててしまうと思いますが、バッテリー上がりになる原因を知っておくことで、ある程度は予防することも可能です。

もし、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなった場合は、以下の様な原因が当てはまらないか確認してみると良いでしょう。

ライト類の消し忘れ

エンジンが停止した状態で、ヘッドライトや室内灯などのライト類を点灯したままにしていると、バッテリー上がりになる恐れがあります。エンジンが稼働していれば、発電機から電力が送られてバッテリーが充電されますが、エンジンが停止していると発電機は稼働していません。

そのため、ライト類を長時間消し忘れていると、バッテリーに蓄えられた電力が消費されるだけの状態が続いてしまい、やがてバッテリーに蓄えられた電力がなくなってしまいます。そして、バッテリー上がり状態になってしまった場合、エンジン始動時にセルモーターを稼働させる電力がバッテリーに残っていないため、エンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリーの寿命

経年劣化によるバッテリーの寿命でバッテリー上がりになり、エンジンがかからなくなることもあります。バッテリーの寿命は2~3年が目安となりますが、寿命が近づいたり寿命が尽きてしまうと、十分に充電することができなくなってしまうためバッテリー上がり状態になります。

エンジンのかかりが悪い、窓の開閉速度が遅い、アイドリング時にライトが暗くなるなどの症状が現れた場合は、バッテリーの寿命が近づいている恐れがあります。バッテリー上がりにならないためには、寿命が近づいている症状が出ていない場合でも、3年以上バッテリーを交換していないのであれば、寿命が近づいている可能性が高いため、バッテリー交換しておく安全策もあります。

車に乗る機会が少ない

車を使う頻度が少ない場合も、車のバッテリーは上がりやすくなります。車を使っていない場合でも、車のバッテリーは僅かに電力を消費していますので、長期間車に乗る機会がなく放置状態が続くと、蓄電された電力が消費されてなくなってしまいます。

車の使用状況や車種にもよりますが、1~3か月車を使用しないだけでも、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなることもあります。特にバッテリー容量の小さい軽自動車などは、蓄電できる電力量が少ないため注意が必要です。

電気系統の故障

発電機であるオルタネーターなどの電気系統が故障した場合も、バッテリー上がりの原因になります。エンジンが始動すると発電機が稼働しますが、その発電された電力でバッテリーは充電されています。オルタネーターなどの電気系統が故障してしまうと発電されなくなり、バッテリーの電力がドンドン消費されてバッテリー上がりになります。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→