川崎市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 神奈川県 > 川崎市

川崎市でのバッテリー上がり救援サービス

川崎市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

川崎市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。川崎市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

川崎区/幸区/中原区/高津区/宮前区/多摩区/麻生区など、川崎市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で川崎市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

川崎市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

川崎市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
川崎市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

川崎市でのバッテリー上がり対応情報

川崎市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

川崎市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

  • 川崎区|幸区|中原区|高津区|宮前区|多摩区|麻生区
川崎市でのバッテリー出張交換にも対応

川崎市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

川崎市でのバッテリー出張交換にも対応

川崎市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

川崎市中原区:トラックのバッテリー上がり(ジャンピング)

出張場所:川崎市中原区:お客様がお勤めの会社の関連倉庫

車  種:トヨタ ダイナトラック

コメント:荷物の積み降ろしが終わり、配達先まで向かおうとしたのですがエンジンがかかりません。ハザードランプを点灯しながらパワーゲートを何度も使ったので、バッテリー上がりになったと思います。会社のトラックなのでバッテリーが何年くらい使われていたのか分かりませんが、まだ寿命で交換時期は迫っていないような感じがします。ジャンピングでエンジン始動の手助けをしてください。

多分、ジャンピングでエンジンがかかれば大丈夫だと思います。ジャンピングの料金分の手持ちは持っていますが、バッテリー交換になった場合は、すぐに料金はお支払いできないと思います。クレジットカードは持っていますが、自分のクレジットカードを使って料金を支払うと会社で手続きが面倒そうなので、現金で料金をお支払いします。

今日はこれから配達先まで行って荷物を納めてから会社に戻りますが、絶対にエンジンを止めないようにして配達を行います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー容量アップのメリットとデメリット

バッテリー上がりトピックス

車のバッテリーは、その車を運転するために必要な電力を勘案して、発電機の役割をするオルタネーターとバッテリーの容量が決められています。しかし、車を購入した後はオーディオ類を強化したり、ドライブレコーダーやカーナビなど、電力を必要とする機器を増やす方も多いと思います。また、スマホの充電なども行いますので、電力消費が多くなっている方がほとんどだと思います。

バッテリーが劣化して寿命を迎えた場合は、バッテリーを交換することになりますが、交換する際にバッテリーの容量アップを行えば、標準のバッテリーに交換するよりも高い性能になります。

バッテリーの寿命は、一般的に2~3年と言われていますが、車の使い方によっては、それ以上使える場合も多いです。電装品を増やしていたり、車に乗る機会が少ないとか短距離走行の繰り返しが多い場合には、バッテリーの容量アップを検討されると良いと思います。

バッテリーの規格表示

車のバッテリーは規格品ですので、メーカーが異なってもサイズや端子の位置は共通化されています。バッテリーは「75D23R」というようなJIS規格で区別されています。英数字で構成された文字列ですが、この英数字で「バッテリーの性能、短側面のサイズ、長側面の長さ、端子の位置」が分かります。

先頭文字列の2桁「75」はバッテリーの性能を表していますが、数字が大きいほど高性能なバッテリーです。その他はバッテリーの大きさや、+端子がバッテリー上面の左右どちらにあるかを意味しています。バッテリー購入の際は、本体サイズや端子の位置にご注意ください。

バッテリー容量アップのメリット

標準のバッテリーから容量をアップすることにより、バッテリーの性能が上がりますが、主に以下のようなメリットがあります。

電装品を多く使える

大出力のオーディオやカーナビ、ドライブレコーダーや保冷ボックスなど、電力を必要とする装備を増設して利用しても、バッテリーへの負担を軽減できます。また、スマホやタブレットなどのUSB充電も気軽にできるようになります。バッテリーを容量アップした方が、バッテリー上がりになる確率を減らすことができます。

バッテリー上がり対策

バッテリーが新しいのに夏の渋滞でバッテリーが上がってしまったり、冬にエンジンがかかりにくい時があったのであれば、バッテリーの容量アップをしておくと安心です。

バッテリー容量アップのデメリット

バッテリーを容量アップする場合、電力に余裕ができることによるメリットがありますが、メリットだけでなく以下のようなデメリットもあります。

購入価格が高くなる

性能が高いバッテリーに交換することになりますので、バッテリー本体の購入価格は高くなります。標準のものと比べて価格が2~3倍以上高くなることもあります。

重量が重くなる

容量アップするとバッテリー本体の重量が重くなる傾向があります。バッテリーにもよりますが数百グラム以上は重くなります。

自分で交換する場合

バッテリーはJIS規格に適合した汎用品になりますが、自分の車に適合するかどうかは良く調べてバッテリーを選ぶ必要があります。適合表にないバッテリーに交換する場合は、十分調べてから新しいバッテリーを選ばなければいけません。間違って買ってしまうと、せっかく購入したバッテリーが無駄になってしまいます。

川崎市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
川崎市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→