栄区(横浜市)でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 神奈川県 > 横浜市栄区

栄区(横浜)でのバッテリー上がり救援サービス

栄区(横浜)でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
栄区(横浜)のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

栄区(横浜市)自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。栄区(横浜市)のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

栄区(横浜市)にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

栄区(横浜市)でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

栄区(横浜市)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
栄区(横浜市)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

栄区(横浜市)でのバッテリー上がり対応情報

栄区(横浜市)にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

栄区(横浜市)でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

栄区(横浜市)でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:栄区(横浜市)の警察署・区役所の連絡先

  • 栄警察署:横浜市栄区桂町320-2「TEL:045-894-0110」
  • 栄区役所:横浜市栄区桂町303番地19「TEL:045-894-8181」

栄区(横浜市)でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

栄区(横浜市)でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

横浜市栄区:大型バイクのバッテリー上がり

出張場所:横浜市栄区のマンション内バイク置き場

車  種:YZF-R6 排気量660ccの大型バイク

コメント:排気量が660ccでヤマハのYZF-R6です。冬の期間はバイクに乗らなかったので、2ヶ月半くらいマンションの駐輪場にシートを被せて保管していました。そろそろ寒くなくなってきたので、バイクに乗って出掛けようとしたのですが、エンジンがかからなくなっていました。

多分、バッテリー上がりだと思います。押し掛けでエンジンをかける方法もあるみたいですが、重過ぎてマンションの外まで押して移動させることもできません。完全にバッテリーが上がっているみたいですが、取りあえずジャンピングという方法でエンジンをかけてもらおうと思いました。

エンジンがかかれば良いのですが、古いバッテリーなのでエンジンがかかったら、バイク屋さんで新しいバッテリーに交換してこようと思っています。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因別対処法と対策

車のバッテリー上がりの主な症状と原因

車のバッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからなくなってしまいますが、バッテリー上がりの原因は、

●過放電による充電不足
●バッテリーの寿命や故障で機能しなくなる
などの2つに分けられます。

車のバッテリーは、エンジンを停止して駐車しているだけの状態でも、コンピューターやセキュリティシステムなどに電気を提供しています。これは暗電流と言います。また、バッテリーは何もしていない状態でも、僅かですが放電しています。これは自己放電と言います。

車に装備している電装品や車に対するバッテリー容量にもよりますが、これらの暗電流や自己放電により、車を長期間乗らないでいても、バッテリーの状態や放置期間によってバッテリー上がりになる場合もあります。

バッテリー上がりの原因別対処法

バッテリー上がりの原因は様々ですが、主に以下の様なことが原因でバッテリー上がりが起こります。

ヘッドライトや室内灯など、ライト類の消し忘れ(半ドアにも注意)

→バッテリーが古く劣化していなければ、他の車のバッテリーやジャンプスターターの電源で、ジャンピングスタート後に走行充電してください。

後付け電装品による消費電力の増大

→バッテリーの容量アップが必要です。

車を長期間駐車したまま放置

→放置期間にもよりますが、ジャンピングスタートや充電で回復します。

バッテリー端子の緩みによる接触不良

端子をしっかりと取り付け、充電やジャンピングスタートで回復します。

寿命によるバッテリー上がり

→バッテリーは消耗品ですので、寿命でバッテリー上がりになった場合は、新しいバッテリーに交換してください。

車両側発電装置の故障

車両側のオルタネーターやレギュレーターなど、発電装置の故障でバッテリーが充電されない。

バッテリーの内部故障や事故などによる故障

→バッテリーの交換が必要です。

バッテリー上がりの対策

一般的に2~3年経過すると、バッテリーは寿命を迎えて新しいバッテリーに交換する必要があります。車の使用環境によってバッテリーの寿命は左右されますが、車検のタイミングなどでバッテリー交換を行えば、バッテリー上がりのリスクは低減できます。

バッテリー上がりの原因で多いのは、人為的なうっかりミスによるものです。特にヘッドライトや室内灯の消し忘れにはご注意ください。また、バッテリーはエンジンが稼働している時に充電されています。車を長期間放置してしまうことが分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておくと暗電流による電力消費対策になります。

車を運転する時は、時々1時間以上のドライブをすることもバッテリー上がり対策になります。短距離ばかりの繰り返しだと、エンジン始動で消費された分の電力が充電できず、充電不足によるバッテリー上がりが起こり易くなります。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→