菊池郡でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 熊本県 > 菊池郡-大津町/菊陽町

菊池郡-大津町/菊陽町でのバッテリー上がり救援サービス

菊池郡-大津町/菊陽町のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

菊池郡-大津町/菊陽町自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。菊池郡のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大津町/菊陽町など、菊池郡にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で菊池郡全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

菊池郡-大津町/菊陽町でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

菊池郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
菊池郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

菊池郡-大津町/菊陽町でのバッテリー上がり対応情報

菊池郡にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

菊池郡-大津町/菊陽町でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

菊池郡-大津町/菊陽町でのバッテリー出張交換にも対応

菊池郡でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

菊池郡-大津町/菊陽町でのバッテリー出張交換にも対応

菊池郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

菊池郡菊陽町:長期間乗らなかった大型バイクのバッテリー上がり

出張場所:菊池郡菊陽町にお住いのお客様ご自宅

車  種:ヤマハ MT-09(900cc大型バイク)

コメント:昨年の11月頃にビッグスクーターを購入したのですが、ビッグスクーターの方が乗りやすく寒さ対策を施したこともあり、バッテリーが上がってしまった方の大きなバイクを乗らなくなってしまいました。そのため、バイク用のシートを被せたままで6ヶ月も放置してしまいました。

暖かくなってきたので、久しぶりにエンジンをかけてみようとしましたが、エンジンがかかる気配が全くありませんでした。多分、バッテリー上がりだと思いましたので、ジャンピングスタートをしてもらおうと思い電話してみました。

重いバイクなのでエンジンがかからないと押して歩くのも大変です。バイクでも自宅まで来てくれるバッテリー上がり救援サービスが利用できて良かったです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

ハイブリッド車のバッテリー

ハイブリッド車のエンジンルーム

ハイブリッド車とは、異なる2つの動力源を持つ自動車ですが、主にガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせた動力で走行する自動車がハイブリッド車と呼ばれています。発進時の燃費消費率が悪い時などにバッテリーに蓄電されている電力で電気モーターを駆動力として使うなどして、ガソリンの消費を抑えて燃費を良くしています。

ガソリンエンジン車は、エンジンを始動しないで長期間放置してしまうと、バッテリーに蓄えられた電力が次第に自然放電などで消費されてしまいます。そのため、セルモーターを動かすために必要な電力が足りなくなり、エンジンを始動できなくなってしまいます。

ハイブリッド車は、電気モーターで走行できるほどの電力を蓄えたバッテリーが搭載されているため、バッテリー上がりはしないと誤解されている人もいます。しかし、ハイブリッド車も、様々な要因で充電量より放電量が上回ってしまえば、バッテリー上がり状態になりエンジンが始動できなくなります。

役割が異なる2種類のバッテリー

ハイブリッド車には、「補機用バッテリー」と「駆動用バッテリー」と呼ばれる異なった役割を持つ2種類のバッテリーが搭載されています。

補機用バッテリーは、バッテリー上がり状態になるとシステムを起動できませんので、エンジンの始動には欠かせないバッテリーです。もうひとつはガソリン車にはない、ハイブリッド車特有の電気モーターを駆動するための駆動用バッテリーです。駆動用バッテリーは、電圧や容量が高く設定されていますので、一般の方は安易に触れない方が良いでしょう。

ハイブリッド車の多くは、駆動用バッテリーを介して補機用バッテリーが充電されていますが、ガソリンエンジン車と同様に充電と放電を繰り返しています。そのため、ヘッドライトやオーディオなどの電気系統の消し忘れや、長期間放置が原因で放電状態が長く続いてしまうとバッテリー上がりになります。

ハイブリッド車のバッテリー上がりの症状

ハイブリッド車も補機バッテリーがバッテリー上がり状態になると、ガソリンエンジン車と同様に困った状況に陥ります。補機バッテリーが完全に放電してしまうと、電気系統が使えなくなってしまいドアロックも解除できなくなってしまいます。システムも始動できませんのでエンジンも始動できなくなります。

全てのハイブリッド車ではありませんが、補機バッテリーが消耗して電圧が下がってくると、メーターパネルの液晶画面にメッセージが表示されて知らせてくれる車もあります。渋滞に巻き込まれている最中に表示されると焦ってしまうと思いますが、エアコンやオーディオ類などの電源をOFFにしても走行に問題ない電装品の使用は止め、できるだけ早く渋滞を抜けてバッテリーの点検を行った方が良いでしょう。

ハイブリッド車の補機バッテリーのバッテリー上がりは、ガソリンエンジン車と同様にブースターケーブルで繋いで、ジャンピングスタートでエンジンを始動させることができます。ただし、従来のバッテリーとは繋ぎ方が異なるので注意が必要です。

ブースターケーブルがあった場合でも、ジャンピングスタートの作業に不安がある場合は危険であり、他のトラブルに発展する可能性もあります。この様な場合は、当社の様なロードサービスを呼んで対処した方が良いでしょう。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→