合志市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 熊本県 > 合志市

合志市でのバッテリー上がり救援サービス

合志市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

合志市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。合志市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

合志市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で合志市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

合志市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

合志市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
合志市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

合志市でのバッテリー上がり対応情報

合志市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

合志市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

合志市でのバッテリー出張交換にも対応

合志市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

合志市でのバッテリー出張交換にも対応

合志市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

合志市須屋:1日で2回目のバッテリー上がりで出張バッテリー交換利用

出張場所:合志市須屋のコンビニ駐車場

車  種:日産 フェアレディZ

コメント:3週間くらい車に乗っていなかったのが原因だと思いますすが、自宅を出る時にバッテリー上がりでエンジンがかかりませんでした。自宅に父親が持っていたバッテリーケーブルがあったので、そのバッテリーケーブルを使って父親のクルマのバッテリーとつないでジャンピングしてエンジンをかけました。

バッテリーは3年前くらいに交換したのですが、1時間くらい走れば充電できると思いました。しかし、コンビニに寄ってからエンジンをかけようとしたら、またもバッテリー上がりでエンジンがかかりませんでした。父親は仕事中なので助けに来てもらうことはできませんでしたので、ロードサービスのお世話になるしかありませんでした。

自分でバッテリー交換するよりも費用は掛かってしまうと思いますが、バッテリー上がりを繰り返しても困るので、出張バッテリー交換を申し込みました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因とバッテリー交換のサイン

バッテリー上がりの原因とバッテリー交換のサイン

クルマのバッテリー上がりは突然起きることもありますが、バッテリー上がり状態になる前に何らかの前兆が現れる場合もあります。バッテリー上がりの原因やバッテリー交換のサインを見逃さないことで、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなり困ることを予防することもできます。

バッテリー上がりの原因

バッテリー上がりによって、エンジンがかからなくなる原因はいくつか考えられますが、最も多いのはライト類や室内灯の消し忘れです。駐車場などでライトや室内灯が点灯したままのクルマを見かけたことがあると思いますが、まさにあの状態です。また、エンジンが停止している状態でエアコンやオーディオ類などを使用していると、バッテリーの電力を消費するだけの状態が続きますので注意が必要です。

クルマはエンジンがかかっている時に発電している時の余力で充電されていますが、エンジンが停止している状態で電装品を使っていると、バッテリーの電力をどんどん消費してしまいます。そして、最終的にバッテリーの電力残量が少なくなり、エンジン始動時に必要な電力がなくなってしまいます。

また、クルマに長期間乗らないで放置してしまってもバッテリー上がりになります。これはバッテリーの自然放電で少しずつ電力を消費しているのが原因です。

主なバッテリー上がりの原因

・ヘッドライトやポジションランプなどのライト類や室内灯の消し忘れ
・半ドアのまま放置して室内灯が点きっ放し
・エンジン停止状態で電装品使用(エアコン、オーディオやカーナビなど)
・長期間エンジンをかけない状態で放置
・短い距離の走行ばかり
・バッテリーの寿命(バッテリーは消耗品なので交換が必要)

主にこの様なことが原因でバッテリー上がりになります。また、バッテリーは消耗品ですので永遠に使えるものではなく寿命があります。普通に車を使っている場合、一般的なバッテリーの寿命は2~3年です。

バッテリーにはクルマの使用状況や運転の仕方、環境などから様々な負荷がかかります。夜間や渋滞道路ばかり走っていると、ヘッドライトやブレーキランプを多用する状態が続きますので、充電量を消費量が超えやすくなり慢性的な充電不足の状態が続きます。

また、劣化や寿命によるバッテリー上がりばかりでなく、ライト類の消し忘れなどのうっかりミスというケースも多いですので、クルマから離れる時にはライト類を消し忘れていないか十分に気を付けた方が良いでしょう。

バッテリーの寿命や交換のサイン

以下の様な症状が現れた場合は、バッテリーの寿命が近づいておりバッテリー交換が必要だというサインです。寿命ギリギリまで使おうとせず、早めにバッテリー交換した方が良いでしょう。

・エンジンの回転数によってライトの明るさが変化する
・エンジンのかかりが悪い(セルモーターの回りが弱々しい)
・バッテリー液の減り方が早くなってきた
・パワーウインドウの開閉動作が重々しい(遅くなった)
・バッテリーを3年以上使っている(3年以上バッテリー交換してない)

整備工場やカーショップなどでプロに診断してもらうのも良いですが、実際にバッテリー交換を決断するのは自分です。いつバッテリーが尽きてしまうかは、プロの目から見ても判断が難しい場合もありますので、バッテリーを3年以上使っていてこの様な症状が現れた場合は、早めにバッテリー交換しておくことをお勧めします。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→