熊本市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 熊本県 > 熊本市

熊本市でのバッテリー上がり救援サービス

熊本市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

熊本市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。熊本市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

西区/北区/中央区/東区/南区など、熊本市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で熊本市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

熊本市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

熊本市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
熊本市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

熊本市でのバッテリー上がり対応情報

熊本市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

熊本市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

熊本市でのバッテリー出張交換にも対応

熊本市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

熊本市でのバッテリー出張交換にも対応

熊本市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

熊本市中央区:ハザードランプ消し忘れによるバッテリー上がり

出張場所:熊本市中央区 お客様ご自宅のマンション駐車場

車  種:ホンダ ステップワゴン

コメント:マンションの敷地内に駐車場がありますが、場所が道路沿いなので駐車しようとする時に後続車がある時は、ハザードランプを点灯して後続車が通り過ぎるのを待ってから駐車しています。

昨晩も後続車が通り過ぎるのを待ってから駐車したのですが、大雨が降っていたのでハザードランプを消すのを忘れていたみたいです。朝出掛ける時に車のエンジンをかけようとしたのですが、完全に放電してしまったみたいでエンジンが始動できませんでした。

原因として思い当たるのは、ハザードランプの消し忘れです。通勤に使っている車でロードサービス付きの任意保険に入っているのですが、昨晩の大雨の影響かもしれませんが、保険のロードサービスが出動できないそうです。

せっかくロードサービス付きの任意保険に入っているのに困ったものですが、すぐにバッテリー上がりに対応してくれる民間の業者さんが見つかって助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーは車の乗り方で寿命が変わる

バッテリー上がりと故障の見分け方

車のバッテリーのメーカー保証期間を考慮した一般的な寿命は2~3年ですが、日頃の車の乗り方によっては3~4年以上もバッテリー交換をしないで使い続けられます。車のバッテリーは消耗品ですので、いずれ寿命が来て機能を果たせなくなりますが、安価な部品ではありませんので、どうせなら長く使えた方が良いと思う方が大半だと思います。

バッテリーは充電と放電を繰り返していますが、毎日短い距離しか走らなかったり、たまにしか車を乗らず久しぶりに車に乗っても短い距離しか走らないと、バッテリーの寿命はかなり短くなります。車をあまり乗っていないので、バッテリーも長く持つと間違った解釈をしている方もいらっしゃると思いますが、それは間違った解釈です。

車のバッテリーは、エンジンがかかってる時に充電装置によって充電が行われます。走行距離が短くエンジンがかかっている時間も短かいと充電量よりも放電量の方が多くなってしまいます。これはエンジン始動時に多くの電力が必要なためですが、エンジンを始動して少し走っただけでエンジンを停止するような乗り方の繰り返しばかりだと、エンジン始動で消費した電力を充電で補えないからです。この様な乗り方を繰り返していると、バッテリーに負担がかかってしまい、寿命も縮まってしまいます。

バッテリーに負担を与える車の使用方法

などですが、バッテリーを長持ちさせるためには、満充電に近い状態をなるべく保ち、必要ない電装品は点けっ放しにしないようにすると良いでしょう。また、極端に車を乗る機会が多く長い距離を走行している場合も、バッテリーは充電と放電を繰り返していますので、バッテリーの寿命が早まる場合もあります。

バッテリーの寿命を回復させる気遣い

バッテリーに負担を与える車の乗り方をした時は、ちょっとした気遣いをすることでバッテリーを回復させることができます。

エンジンがかかっている時間を増やす

毎日車に乗っていても短距離走行の繰り返しばかりが多い場合は、暖機時間を長くするなどしてエンジンがかかっている時間を長くしたり、1週間に1回程度は30分から1時間以上は続けて走行することでバッテリーの寿命を長くすることが可能です。

エンジンをかければ燃料を消費しますので、経済的や環境面での問題はありますが、バッテリーも短期間で交換が必要になれば有害な廃棄物をそれだけ多く処理することになります。バッテリーを長持ちさせることも地球の環境問題に貢献していることにはなります。

電装品の電力消費を抑える

無駄もしくは余計な電装品の電力消費を抑えれば、バッテリーの負担を軽減できます。カーナビやテレビが必要ない時は電源を切ったりすることや、電力消費が多いエアコンの過度な使用を控えることも効果があります。

夜間に運転する機会が多い場合や、渋滞道路を走る機会が多い場合は、ヘッドライトやブレーキランプ、その他の電装品などの使用で、電力の消費量が充電量を超えてしまいやすいため、バッテリーが慢性的に弱い状態が続いてしまいます。

これらの電力消費の対処方法としては、信号待ちなどで停止する時には、ヘッドライトを消して車幅灯にしたり、長い信号待ちでは後続車の安全を確認してからサイドブレーキをかけ、フットブレーキを離す(ブレーキランプを消す)などの気遣いをすることでも、バッテリーの延命に効果があります。

熊本市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
熊本市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→