京都市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 京都府 > 京都市

京都市でのバッテリー上がり救援サービス

京都市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

京都市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。京都市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

京都市内全域のバッテリー上がりトラブルに対応しております。

京都市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

京都市でのバッテリー上がり対応情報

京都市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

京都市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

京都市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

京都市でのバッテリー出張交換にも対応

京都市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

京都市下京区:運転席半ドアによるバッテリー上がり

出張場所:京都市下京区京都駅近くのコインパーキング

車  種:スズキ・アルト 2010年式

トラブル:運転席のドアが半ドアになっていた為、室内灯が点灯したままになりバッテリー上がり。

コメント:車を駐車場に入れて車を離れる時に半ドアになっていました。いつも室内灯のスイッチを「DOOR」にしているので、室内灯が点灯したままになっていたみたいです。8時間程駐車していたのですが、バッテリーが上がってエンジンがかからなくなってしまうくらいなら、早く帰って来ればよかったと思います。

電話してからすぐに来てくれてありがとうございました。

京都市左京区:ハザードランプ点灯でバッテリー上がり

出張場所:京都市左京区のラーメン店前の路上

車  種:トヨタ・エスティマ 2009年式

トラブル:バッテリーが弱った状態でハザードランプを点灯していたので、バッテリー上がりになってしまった。

コメント:昨日からパワーウインドウの動きが鈍かったり、エンジンがかかり難かったので、バッテリーが弱っていたのだと思う。以前バッテリーを交換してから4年位経っており、昨日からバッテリー自体の調子が悪そうでした。ホームページを拝見したところ、出張でバッテリー交換してくれる事を知りましたので、ジャンピングではなくて、バッテリー交換で対応してほしい。

京都市中京区:室内灯消し忘れによるバッテリー上がり

出張場所:京都市下京区京都駅近くのコインパーキング

車  種:トヨタ・アルファード 2011年式

トラブル:出勤前に車のエンジンが始動できず困っています。セルの音がいつもより弱々しくて元気がないので、バッテリー上がりの症状だと思います。ジャンピングでエンジンの始動をお願いします。

コメント:昨晩、帰宅した時に車の室内灯を点けて探し物をしたのを記憶しています。多分、室内灯の消し忘れだと思います。いつも車を離れる時にドアを閉めますが、ドアを閉めた跡でも室内灯が暫く点灯しているので、室内灯のスイッチをONにしたのを忘れていました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー上がりと交換の目安

バッテリー交換

ひと昔前の車と比べると、最近の車は電装品の種類が増えてきましたので、その役割はより重要となっています。以前の車は、窓は手でグルグル回して開け閉めしたり、サイドミラーも手動で位置合わせをしていましたが、今ではほとんどの車が、窓の開け閉めはパワーウインドウで、サイドミラーは電動が標準になってきています。また、カーナビやドライブレコーダー、電動で動くサンルーフやサイドドアなど、コンピューター制御の装備が増えましたので、バッテリーの消費電力もそれに伴い増えてきています。

新車で購入してから電気を消費する機器やライトをたくさん増設していなければ、特に問題はないと思いますが、明らかに電気の消費量が多くなっている場合は、容量の大きいバッテリーに交換する必要があります。そうでなければ、消費電力ばかりが多くなって充電不足となり、バッテリーが上がってしまいます。

バッテリーの性能が弱くなってくると出る症状

バッテリーは消耗品ですので、長く使っていれば性能が低下して弱ってきます。性能が低下したバッテリーを使っていると、以下の様な症状が出てきます。

毎日の様にある程度走行して車を使用しているのに症状が出てきた場合は、バッテリーの交換時期が迫ってきています。

主なバッテリー上がりの原因

バッテリー上がりは、主に以下の様な原因で起きてしまいます。

オルタネーター(発電機)の故障やベルト切れで発電がストップしてしまうと、充電機能が停止してしまう為、バッテリーが上がってしまいます。

バッテリーの寿命と交換の目安

一般的に車のバッテリーの寿命は2年~3年と言われていますが、車の使用状況によって異なりますので、5年以上使える場合もあります。バッテリーが劣化して寿命を迎えてしまうと、充電器で充電しても回復できませんのでバッテリー交換が必要です。

ライト類が暗くなったり、ワイパーやパワーウインドウの動きが鈍くなった時は、バッテリーの電力不足で弱っている可能性がありますので、バッテリー交換の目安となります。また、バッテリーは寒さの影響を受け易い部品ですので、寒いところでは性能も低下します。その上、気温が低くなるとエンジンオイルの粘度が増し、ガソリンも気化し難くなりますので、よりバッテリーのパワーが必要になります。

冬が近づいた時にバッテリー交換の目安症状が確認できた場合は、早めにバッテリーを交換された方が良いでしょう。また、安心して電装品を使用できる様、交換時に1サイズ容量の大きいバッテリーに交換するのも良いでしょう。

京都市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
京都市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→