向日市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 京都府 > 向日市

向日市でのバッテリー上がり救援サービス

向日市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

向日市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。向日市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

向日市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で向日市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

向日市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

向日市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
向日市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

向日市でのバッテリー上がり対応情報

向日市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

向日市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

向日市でのバッテリー出張交換にも対応

向日市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

向日市でのバッテリー出張交換にも対応

向日市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

向日市寺戸町:バッテリーの寿命で出張バッテリー交換利用

出張場所:向日市寺戸町にお住いのお客様ご自宅

車  種:ホンダ レジェンド

コメント:中古で購入した車なので、今使っているバッテリーが何年くらい使っているものか分かりませんが、車を購入してから3年くらいは経っているので、バッテリーの交換が必要かもしれないと思いました。最後に車を使ったのは、先々週の日曜日でしたので、2週間ほど車のエンジンをかけていない状態ですが、先々週に車を運転している時には、特にバッテリー上がりの症状は感じませんでした。

エンジンがかかりそうでかからない状態で、エンジン始動前の音もだんだん弱くなってしまいました。20分くらい経ってからエンジンがかかるか試してみましたが、それでもエンジンをかけることはできませんでした。
自宅に出張してバッテリー交換をしてくれるとホームページで見たので、エンジンをかけるだけでなくバッテリー交換をお願いします。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの寿命が近づくと電圧が不安定になる

バッテリーの電圧チェック

いつもはすぐにエンジンがかかっていたのに、エンジンがかかり難くなった場合は、バッテリーの寿命が近づいて弱っていることが考えられます。バッテリーの寿命が近づくと、エンジンを始動するのが難しくなるだけでなく、他の電装品にも影響が現れます。電装品の動き方やライト類の明るさが不安定になった場合は、バッテリーの電圧をチェックしてみると良いでしょう。

バッテリーの電圧を測る方法

バッテリーの電圧を測る方法としては、電圧計を用いて「シガーソケット、OBD2コネクター、バッテリー端子」などから測れます。整備工場やスタンド、カーショップなどでも図ってくれると思いますが、一般の方であればシガーソケットに差し込むだけで、電圧をデジタル表示してくれるタイプが簡単で便利だと思います。

延長ケーブルが用意されているものや、スマホなどを充電できるUSB充電機能がある電圧計もあります。車の中の好みの場所に設置でき、常に電圧を確認できますので、バッテリーの電圧低下に間隔ではなく数値的にすぐに気付くこともできます。

バッテリーの電圧

一般的な車の電圧は、オルタネータが発電している状態やエンジンを停止している時では電圧が上下しますが、基本となっているのは12Vです。

エンジンが停止している状態では「12.5V~13Vくらい」が正常なバッテリーの電圧です。バッテリーを交換するか様子を見るかの迷いどころは12.5V以下からですが、電圧が低下しているとエンジンがかからなくなりますので注意が必要になります。

また、走行している時はオルタネーターから電気が供給されている状態ですので、「13.5V~14.5V」が正常なバッテリーの電圧です。走行中の状態でも13V以下になっている場合は、バッテリーかオルタネータ(発電機)の寿命の可能性があります。

しかし、車の乗り方や気温などの環境によっても左右されることがありますので、あくまでも目安として考えてください。

バッテリーの寿命

バッテリーはいつまでも使えるものではなく、寿命が来たら当たらしいものに交換する必要があります。寿命が近づくと、電圧が低下して不安定になりますので、電装品の動作や明るさに影響が出てしまいます。バッテリーの寿命は、通常の使用で2~3年と言われることが多いです。車の使用状況や環境もバッテリーの寿命に関係しますが、3年を超えている場合はバッテリーの状態に気を配った方が良いでしょう。

バッテリーにあまり負担をかけない様にすれば、バッテリーの寿命を延ばすことも可能です。例えば、車が多くの電気を消費するのはエンジンをかける時ですが、この時にエアコンやオーディオなどのスイッチがONになっているとバッテリーに負担をかけることになります。

また、うっかりしてライト類の消し忘れや半ドアなどで、バッテリー上がりを起こしてしまうことがありますが、バッテリー上がりはバッテリーに大きなダメージを与えてしまいます。一度上がってしまったバッテリーは、使用年数が2~3年以内であっても、再度バッテリー上がりになる可能性が高く、寿命が短くなる点も覚えておくと良いでしょう。

寿命が近づいたバッテリーは早めに交換

バッテリーの寿命が近づくと電圧も低下しますが、前兆としてエンジンがかかり難くなったり、ライト類も暗くなったりします。バッテリーの寿命が近づいていることが明らかな場合は、早急にバッテリー交換をしておくと、急にエンジンがかからなくなるバッテリー上がりトラブルを避けることができます。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→