八幡市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 京都府 > 八幡市

八幡市でのバッテリー上がり救援サービス

八幡市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

八幡市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。八幡市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

八幡市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

八幡市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

八幡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
八幡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

八幡市でのバッテリー上がり対応情報

八幡市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

八幡市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

八幡市でのバッテリー出張交換にも対応

八幡市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

八幡市でのバッテリー出張交換にも対応

八幡市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

八幡市男山泉:3週間ぶりに乗る車がバッテリー上がり

出張場所:京都府八幡市男山泉にお住いのお客様ご自宅

車  種:ダイハツ ムーヴ

コメント:突然エンジンがかからなくなってしまったのですが、多分バッテリー上がりが原因だと思います。ヘッドライトなどを消し忘れた訳でもないので、バッテリー上がりの原因は分かりません。エンジンをかけようとした時にセルモーターの回りがいつもより弱々しかったです。

何度かエンジン始動を試みましたが、その内セルモーターがほとんど動作しなくなってしまいました。あえてバッテリー上がりの原因として考えられるのは、前回バッテリーを交換してから3年以上経過していることと、3週間くらい車のエンジンをかけていないこと、あとは2kmくらいの短距離走行が多いことです。あまりこの車で遠くまで出かけないことが悪かったのかも知れません。

エンジンを始動してもらったら、今日はこの車でドライブしてこようと思っています。多分、3時間くらい運転してくると思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりが起きてしまう主な原因

バッテリー上がりが起きてしまう主な原因

車のバッテリーは充電と放電を繰り返していますが、充電された電力を消費電力が上回ってしまうと、バッテリー上がり状態になります。また、車はエンジン始動時に多くの電力を必要としますので、電力不足でセルモーターが十分な動力を発揮できなくなるため、バッテリー上がりはエンジン始動時に気付くことが多いです。

ライト類の消し忘れや長時間の点灯

車のライトにはヘッドライト、ブレーキランプ、スモールランプ、ハザードランプ、ルームランプ、フォグランプなどの様々なライト類があります。ライトを点灯するためには電力が必要ですので、どれか一つでも消し忘れたり、長時間点灯したまま放置してしまうと、バッテリー上がりを起こしてしまいます。

エンジンがかかっていれば、オルタネーターで発電された電力が主に使われるため、ライト類を長時間点灯していてもバッテリー上がりになるリスクは減ります。しかし、エンジンが止まっている状態では、バッテリーからのみ電力が供給されますので、充電されずに放電のみが続いてしまうため、バッテリーが上がりやすくなります。

車に乗る機会が少なく長期間の放置状態

バッテリーは車のイグニッションキーをOFFにしていても、自然放電で電力を消費しています。そのため、車に乗る機会が少な過ぎたり、長期間車に乗らないでいると、バッテリー上がりになりやすくなります。時計やイモビライザーなどが、エンジンがかかっていなくても電力を消費しているのが原因ですが、ほとんど充電されなかったり、まったく充電されない期間が続いてしまうと、バッテリーが上がるという仕組みになっています。

走行距離の短さがバッテリーの寿命に影響

走行距離が短いとエンジン始動で消費された電力分も充電できません。そのため、普段から短い距離しか走らない状態が続いてしまうと慢性的な充電不足状態となり、バッテリーに負担がかかりバッテリーの寿命を縮めてしまいます。

寿命が近づいたバッテリーは、何通りかの方法でチェックすることができますが、テスターなどを使わなくても、バッテリー上がりの前兆やバッテリーのターミナル、本体の膨らみなどでも判断することもできます。

渋滞での電力消費に注意

車を運転する時は真夏にはエアコン、真冬には暖房が必需品ですが、行楽や帰省シーズンと重なってしまうと、何十キロという様な渋滞を運転しなければいけなくなることもあります。

渋滞ではエンジンの回転数も低くて充電効率も悪いですが、エアコンや暖房は電力消費も多く、ブレーキランプも頻繁に点灯しますので、バッテリー上がりには注意しなければいけません。

バッテリー上がりが渋滞している高速道路で起きてしまうと、何かと大変で危険も伴います。バッテリーが弱っていると、バッテリー上がりにもなりやすいですので、3年以上使っているバッテリーで遠距離を運転する場合には、新しいバッテリーに交換してからお出掛けすると安心です。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→