鳥羽市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 三重県 > 鳥羽市

鳥羽市でのバッテリー上がり救援サービス

鳥羽市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

鳥羽市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。鳥羽市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

鳥羽市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。
※一部離島は除きます。

鳥羽市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

鳥羽市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鳥羽市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

鳥羽市でのバッテリー上がり対応情報

鳥羽市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

鳥羽市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

鳥羽市でのバッテリー出張交換にも対応

鳥羽市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

鳥羽市でのバッテリー出張交換にも対応

鳥羽市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

鳥羽市鳥羽:バッテリー交換を前提にしたトラブル対応

出張場所:鳥羽マルシェ近くの駐車場

車  種:日産 スカイライン

コメント:家族でドライブ中に鳥羽マルシェに立ち寄りました。買い物したり食事をしたりしていたのですが、次の目的地に向かおうとしたところ、エンジンがかかりませんでした。バッテリーが古いせいも知れませんが、バッテリー上がりになる様な兆候は感じませんでした。

しかし、それほど車に詳しい訳ではありませんので、確かにバッテリー上がりの兆候があったかなかったかと問われると自信がありません。

エンジンをかけようとした時になかなかエンジンがかからず何度も試しましたが、次第にエンジンがかかる前の音もほとんどしなくなってしまいました。そのため、バッテリー交換を前提としたバッテリー上がり救援を申し込みました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因や対処法について

バッテリー上がりの原因や対処法について

車を所有していると、「バッテリー上がりでエンジンがかからない」というトラブルが起こることがあります。ロードサービスの出動案件でも、一番多いのがバッテリー上がり対応ですので、バッテリー上がりの原因や対処法について知っていれば予防もでき、いざという時に役立つと思います。

バッテリー上がりの原因

バッテリーの放電量が蓄電量を上回り、エンジン始動時に必要となる電力が足りない状態になると、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなります。バッテリーはエアコンやライト、オーディオなどにも電力を供給していますが、エンジン始動時にもバッテリーに蓄電された電気が使われています。

また、車を動かしていない状態でも、「自然放電」で僅かずつですが放電を続けています。長期間放置してしまった車がバッテリー上がりになるのは、この自然放電が原因になっています。

バッテリーはエンジンが回転している時に、オルタネーターの発電によって充電されていますので、長期間放置してしまうと全く充電されずに放電だけが続いて、バッテリーに蓄電された電気がなくなってしまいます。
自然放電以外では、ヘッドライトやルームランプなどの消し忘れ、渋滞時のエアコンやオーディオ、ブレーキランプなどの多用でバッテリー上がりになることがありますが、これらは「過放電」によるバッテリー上がりとも言われています。

また、バッテリーは消耗品ですので経年劣化します。バッテリーが古くなり劣化すると、蓄電できる容量も少なくなります。容量が少なくなれば使える電気量もすぐに不足してしまいますので、バッテリーが劣化して寿命が近づいてくるとバッテリーが上がりやすくなります。

バッテリー上がりの対処法

バッテリー上がりでエンジンが始動できない状態を解消するためには、エンジン始動に必要な電力を他から調達する必要があります。その方法は「ジャンピング」と「充電器による充電」です。

ジャンピングは、救援車両のバッテリーやジャンプスターターなどを直接つないでエンジンを始動する方法です。救援用のバッテリー電源とバッテリーケーブルがあれば、車をほとんど動かさずにその場でエンジン始動することができます。

充電器による充電は、充電器がある場所まで車両またはバッテリーを運ぶ必要があり、充電できるまで数時間待たなければいけませんので、場所が限られて時間的にも余裕が必要になります。バッテリーが劣化しているのであれば、バッテリー交換して対処する方法もあります。

ジャンピングでエンジンが始動した後

ジャンピングでエンジンが始動できても、すぐにエンジンを停止してはいけません。放電してしまっている状態ですので充電する必要があります。30分から1時間程度の走行充電が必要になります。アイドリング状態でも充電は可能ですが、エンジンの回転数が低いため効率よく充電は行われませんので、エアコンやオーディオなどの電源はOFFにして、長めにエンジンをかけて充電を行ってください。

また、走行充電する場合でも2,000~2,500回転くらいのエンジン回転数が充電に最適ですので、渋滞している道路を避けて時速50キロメートルくらいでの走行を意識して充電すると良いでしょう。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→