三重郡でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 三重県 > 三重郡-菰野町/朝日町/川越町

三重郡-菰野町/朝日町/川越町でのバッテリー上がり救援サービス

三重郡-菰野町・朝日町・川越町のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

三重郡-菰野町・朝日町・川越町自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。三重郡のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

菰野町/朝日町/川越町など、三重郡にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で三重郡全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

三重郡でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

三重郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
三重郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

三重郡でのバッテリー上がり対応情報

菰野町/朝日町/川越町など、三重郡にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

三重郡内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

三重郡-菰野町・朝日町・川越町でのバッテリー出張交換にも対応

三重郡でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

三重郡-菰野町・朝日町・川越町でのバッテリー出張交換にも対応

菰野町/朝日町/川越町など、三重郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

三重郡菰野町:コンビニ駐車場で仮眠中にバッテリー上がり

出張場所:三重郡菰野町内のコンビニ駐車場

車  種:マツダ デミオ

コメント:コンビニの駐車場を借りて仮眠させてもらっていたのですが、疲れていたせいか結構な時間寝てしまいました。車の周りは騒がしく、仮眠なので10分か20分くらいで目が覚めると思ったので、エンジンを停止して音楽をかけていました。

目が覚めてエンジンをかけようとした時には、セルモーターが弱々しく回ってくれました。しかし、何回もエンジン始動を試していたので、今はほとんどセルモーターが回らない状態です。

地元でバッテリー上がりになったのであれば、家族や友達を呼ぶことができたのですが、この辺には誰も知り合いがいないので、ロードサービスのお世話になるしかありませんでした。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの症状と原因

バッテリー上がりの症状と原因

車やバイクのバッテリー上がりは、エンジンが始動できなくなった時に気付くことが多いですが、どんな症状が現れるかが分かっていれば、いざという時に的確に対処できます。また、バッテリー上がりになる原因を知っていることで、寿命があるバッテリーを長持ちさせることも可能です。

バッテリー上がりの症状

バッテリー上がり状態になると、電気装置に供給できる電力が不足しますので、室内灯やヘッドライトなどの照明やメーターパネルの警告灯などが暗くなったり、点灯しなくなったりします。また、パワーウィンドウもエンジン停止中はバッテリーの電力で動きますので、バッテリーが弱っているとパワーウィンドウの動きが鈍くなったり動かなくなったりします。

バッテリーの状態や電力の残量によって様々な症状が現れますが、エンジンを始動する時には、セルモーターをバッテリーの電力で回転させます。この時にたくさんの電力を必要としますので、バッテリーが弱っているとセルモーターの回転が弱々しくなり、エンジンが始動できなくなります。バッテリーの状態によっては、カチカチと音しかしなくなる場合もあります。

また、スマートキーを持っていることでドアロックの開閉ができますが、バッテリーが完全に放電していると、ドアロックも解除できなくなります。但し、スマートキーに内蔵されている電池が切れている場合にも、バッテリーの完全放電状態と同じ様な症状が現れますので、勘違いしない様にご注意ください。

バッテリー上がりの原因

車のバッテリーはタイヤなどと同じ様に消耗品ですので永久には使えません。そのため、定期的または状態に応じて交換が必要になりますが、バッテリー上がりは以下の様なことが原因で起こることが多いです。

◆ヘッドライトや室内灯など電気装置の消し忘れ
◆バッテリーの経年劣化による寿命
◆エンジンをかけずに長期間放置

バッテリーのメーカー保証は一般的に2~3年ですが、車の使い方によっては保証期間よりも長く使えることが多いです。しかし、ライト類の消し忘れなどで何度もバッテリー上がりを起こしてしまうと、寿命を縮めてしまいますので注意が必要です。

ヘッドライトや室内灯など電気装置の消し忘れでバッテリー上がりになった場合は、ジャンピングスタートでエンジンを始動できることが多いです。エンジンが始動できた後は走行充電が必要ですが、バッテリー上がりはバッテリーに大きなダメージを与えますので、バッテリー上がりになった後は、一度バッテリーの点検をして良否を判定した方が良いでしょう。

経年劣化による寿命でバッテリー上がりになった場合は、ジャンピングスタートでエンジンがかかったとしても、ほとんど充電されませんのでバッテリー交換が必要です。

車のバッテリーはエンジンを停止して駐車しているだけでも電力を消費しています。暗電流といいますが、コンピューターやナビ、ドライブレコーダーなどのバックアップ電源として、バッテリーの電力が使われています。

バックアップ電源がないと、エンジンを停止した時に記憶されたデータが初期化されてしまいます。バッテリーが完全放電してしまった場合も初期化されてしまいますが、バッテリー交換時も同様ですので作業方法にはご注意ください。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→