仙台市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 宮城県 > 仙台市-青葉区/宮城野区/若林区/太白区/泉区

仙台市でのバッテリー上がり救援サービス

仙台市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
仙台市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

仙台市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。仙台市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

青葉区/宮城野区/若林区/太白区/泉区など、仙台市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

仙台市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
仙台市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

仙台市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

仙台市でのバッテリー上がり対応情報

仙台市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

仙台市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

  • 仙台市青葉区新川早坂|仙台ハイランド遊園地の駐車場(日産 エルグランド):室内灯の照明をONにしたまま駐車していたためバッテリー上がり。→受付15:22~到着16:50、ジャンピングでエンジンをかけ救援。料金:13,200円(距離あり、1BOX)
  • 仙台市青葉区宮町|仙台駅周辺の駐車場(マツダ プレマシー)半ドアのまま一週間駐車してバッテリー上がり。→受付11:24~到着12:08、駐車場にてバッテリー交換作業実施。料金:29,160円(バッテリー代含む)
  • 仙台市宮城野区東仙台|お客様ご自宅(スズキ スペーシア):1か月くらいエンジンをかける機会がなかった。→受付8:42~到着9:30、ジャンピングスタートで救援。料金:8,800円
  • 仙台市若林区文化町|お客様ご自宅アパート(トヨタ パッソ):セルモーターの元気がなくなっている。→受付13:08~到着14:00、出張先のお客様ご自宅で新品バッテリーに交換。料金:25,730円(バッテリー代含む)
  • 仙台市太白区長町南|店舗駐車場(トヨタ ノア):エンジン停止でエアコンを使っていたと思えるバッテリー上がり。→受付12:54~到着13:35、ジャンプスターターでエンジン始動。料金:11,000円(1BOX)
  • 仙台市泉区将監|お客様宅バイク置き場(バイク:ホンダ スーパーカブ50):気温が冷え込んだのでバッテリーが急に弱った?→受付20:50~到着21:45、ジャンピングでエンジン始動して応急処置。料金:11,000円(夜間作業)
  • 仙台市宮城野区銀杏町|マンション内駐車場(スバル フォレスター):取付けたカーナビの操作を覚えていたらバッテリーが上がってしまいエンジンがかからない。→受付18:52~到着19:35、ジャンピングでセルモーターを回してエンジンを始動。料金:11,000円(夜間作業)
  • 仙台市太白区西の平|アパート敷地内駐車場(バイク バルカン400):昨晩からスモールライトを点けっ放しにしてしまいバッテリー上がり。→受付5:24~到着6:18、ジャンプスターターを接続してエンジン始動。料金:13,200円(特殊作業あり)
仙台市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:仙台市の警察署・市役所の連絡先

  • 仙台中央警察署:仙台市青葉区五橋1丁目3-19「TEL:022-222-7171」…他
  • 仙台市役所:仙台市青葉区国分町3丁目7番1号「TEL:022-261-1111」

仙台市でのバッテリー上がり救援対応事例

青葉区/宮城野区/若林区/太白区/泉区など、仙台市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

仙台駅周辺の駐車場:一週間半ドア放置でバッテリー上がり

出張場所:仙台駅周辺の駐車場

車  種:マツダ プレマシー

コメント:車を自分で運転して仙台駅に来ました。一週間ほど車を駐車していたのですが、半ドアのまま駐車していました。あまり仙台駅周辺に来たことがないので緊張していたのと、時間に余裕がなくなって慌てていたのかもしれません。

半ドアで室内灯が点灯したままだったのは明らかでした。バッテリーが上がってしまったかも? と思ってエンジンをかけようとしましたが、まったくエンジンがかかる気配はありませんでした。

完全にバッテリーが上がってしまった状態で数日経ってしまい、前回バッテリー交換してから3年以上経っていますので、思い切って出張バッテリー交換を利用して、新しいバッテリーに交換してしまうことにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの寿命を延ばすためのポイント

バッテリーの寿命を延ばすためのポイント

バッテリーの慢性的な充電不足状態を回避すれば、バッテリーの寿命が延びる傾向があります。その方法は様々ですが、主に以下の内容に気を付けて実行してみると良いでしょう。

車の使用状況の確認

車を駐車しているだけで車を使っていなくても、バッテリーに蓄えられた電力は自然に放電されています。そのため、車を定期的に使って充電することで、放電して減ってしまった電力を回復する必要があります。

しっかりと充電するためには、ちょい乗りの繰り返しばかりでは逆効果になりますので、少なくとも30分から時間以上はしっかりと走行充電するのが理想的です。

通勤などに車を使っていないと、車を使わない日が続いてしまいがちですが、週単位で車の使用状況を確認してみると良いでしょう。毎週でなくも2週間に1度くらいは、しっかりと走行充電することをお勧めします。

少なくとも30分~1時間程度は走行充電

車を使う機会が少なかったり、ちょい乗りなどの繰り返しばかりで車を使うことが多い場合は、週に1回または2週に1回程度は、少なくとも30分以上の走行充電をした方が良いでしょう。その際、バッテリーが効率よく充電されるのは、エンジン回転数が2000~3000rpmですので、渋滞や信号待ちが少ない道路の走行をお勧めします。

バッテリー上がりを起こさない

バッテリー上がりを起こしてバッテリーの電力を失ってしまうと、バッテリー上がりを回復するためにバッテリーにダメージを与えてしまい、結果的にバッテリーの性能も低くなり、寿命を縮めてしまうことになります。

バッテリー上がりは、人為的なうっかりミスで起こることも多いです。ヘッドライトや室内灯の消し忘れ、半ドアによる室内灯の点きっ放しなどで、バッテリーが完全放電しない様にご注意ください。

バッテリー液の状態チェック

最近のカーバッテリーは、基本的にメンテナンスフリーですので、昔の様にバッテリー液の量を頻繁にチェックする必要はありません。バッテリー液を補充することも少なくなっていますが、メンテナンスフリーのバッテリーでも、何らかの理由で過充電状態となりバッテリー液が減って、バッテリーに悪い影響を与える場合もあります。そのため、時々はバッテリー液の状態を確認することを勧めします。

後付けした電装品が多い場合

エアコンやライト類はほとんどの車が標準装備ですが、カーナビやドライブレコーダー、大容量のオーディオなどを後付けして常に使っている場合。また、スマホの充電も必ず行って電力使用量が増えている場合は、電力消費が増えますので、バッテリー上がりが心配になります。

電力使用量が増えたと思う場合には、容量の大きなバッテリーに交換することをお勧めします。容量アップの判断は難しいと思いますが、バッテリー上がりなどでバッテリー交換が必要になった場合には、容量アップの検討をお勧めします。

仙台市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
仙台市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

↑仙台市のバッテリー上がりページのトップへ

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→