東諸県郡-国富町・綾町でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 宮崎県 > 東諸県郡

東諸県郡-国富町・綾町でのバッテリー上がり救援サービス

東諸県郡のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

東諸県郡-国富町・綾町自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。東諸県郡のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

国富町・綾町など、東諸県郡にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で東諸県郡内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

東諸県郡-国富町・綾町でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

東諸県郡-国富町・綾町でのバッテリー上がり対応情報

東諸県郡-国富町・綾町内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

東諸県郡-国富町・綾町内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

東諸県郡-国富町・綾町でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

東諸県郡でのバッテリー出張交換にも対応

東諸県郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

東諸県郡国富町:冬になる前にバッテリー交換

出張場所:東諸県郡国富町のお客様ご自宅駐車スペース

車  種:フェアレディZ 2000年式

トラブル:2ヶ月間放置してしまったためバッテリー上がりでエンジンがかからない。保証期間を過ぎたバッテリーで、これから冬になるため新品にバッテリー交換。

コメント:車に2ヶ月間ほど乗る機会がなく、エンジンを一度もかけないで放置状態にしてしまったため、久しぶりに車に乗って出掛けようとしましたがエンジンがかかりませんでした。セルの音が弱々しいので、エンジンがかからない原因はバッテリー上がりだと思います。

今、使っているバッテリーは、3年半くらい使っているバッテリーでしたので、これから冬の季節になることもあり、バッテリー交換をお願いしたいと思います。

バッテリー交換をお願いしたい車は、2000年式のフェアレディZで、車両型式はGF-GZ32で排気量は3000cc、現在使っているバッテリーの型番は「55D23L」です。自宅に来て頂ける出張バッテリー交換でお願いします。

東諸県郡綾町:マツダ タイタンのバッテリー上がり

出張場所:東諸県郡綾町の運送屋さん駐車場

車  種:トラック:マツダ タイタン(24Vバッテリー)

トラブル:バッテリーの寿命によるバッテリー上がり。

コメント:エンジンがかからなくなり、バッテリー上がりで困っているのは、マツダ タイタンのトラックです。バッテリーは24V仕様ですが、最近はエンジンがかかり難くなっていました。荷物の積み下ろしをする時にパワーゲートを頻繁に使うので、バッテリーの寿命が短かったのかも知れません。

本当はバッテリー交換が必要だと思いますが、18,000円くらいしか手持ちのお金を持っていないので、バッテリーケーブルでバッテリー同士をつないでエンジンをかける作業をお願いします。

クレジットカードは持っていますが、自分個人のクレジットカードなので、お支払いは現金でお願いします。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリーを交換するタイミングの目安

車のバッテリーを交換するタイミング

バッテリーは高価なものですので、寿命ギリギリまで使用してバッテリー上がりになる前に交換するのが理想的でしょう。そのため、バッテリーの交換時期やそれを見極める方法が分かる様になると良いでしょう。

バッテリー交換時期の目安

メーカーが推奨している交換サイクルは2~3年ですが、車の使い方によって実際の交換時期は変わってきます。大体3年位使用していると性能が衰えてきますので、以下の様な方法でバッテリーを交換するタイミングを見極めると良いでしょう。

エンジン始動時に判断する

エンジンを始動する時は多くの電力が必要ですが、バッテリーの電力のみを使用しますので、バッテリーの性能が衰えているとエンジンがかかり難くなります。セルモーターが作動する音がして1発でエンジンが始動できなくなったら、バッテリーが弱ってきているサインです。

エンジンは1発でかかるものの、バッテリーが弱っているかどうか確かめたい場合は、室内灯のスイッチをONにしてエンジンを始動してみると良いでしょう。エンジンを始動している時に室内灯が暗くなった場合は、バッテリーが弱ってきています。

その他、エンジン始動時ではありませんが、アイドリング時とアクセルを踏んでエンジンの回転数を上げた時とヘッドライトの明るさが暗くなったり明るくなったり変化する場合も、バッテリーが弱っていると判断できます。

バッテリーテスターで測定して判断

バッテリーの強さには電圧が関係していますので、電圧を測定することができるマルチテスターや専用のバッテリーチェッカーで電圧を測定します。バッテリーチェッカーには様々な種類があり、数値で測定するものや電圧の範囲を「青・黄・赤」などの色別で判定するものがありますが、12V~12.5Vで弱り気味で12V以下で交換が必要と判断した方が良いでしょう。

テスターで測定する時は、エンジンを始動した状態ではオルタネーターによってバッテリーが充電されている状態になります。そのため、電圧を測定する時はエンジンを停止してからある程度時間が経過してからの方が、より正確な電圧を測定することができます。実際に測定する時は、赤色のケーブルをバッテリーの+端子に接続して、黒色のケーブルをバッテリーの-端子に接続します。

バッテリーチェッカーを購入して自分で測定する必要性を感じない場合は、ガソリンスタンドなどでしてもらえる無料点検を利用するのも良いでしょう。

東諸県郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
東諸県郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→