宮崎県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 宮崎県

宮崎県でのバッテリー上がり救援サービス

宮崎県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

宮崎県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。宮崎県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

宮崎県内のバッテリー上がり救援サービスは「宮崎市、延岡市、小林市、日向市、日南市」などを拠点として巡回しておりますが、宮崎県での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。宮崎県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、宮崎県内の現地に緊急出張します。

宮崎県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

宮崎県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

宮崎県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

宮崎県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

宮崎県のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】えびの市
  • 【か】串間市/小林市/児湯郡-川南町・木城町・新富町・高鍋町・都農町・西米良村/北諸県郡-三股町
  • 【さ】西都市
  • 【な】日南市/延岡市/西臼杵郡-五ヶ瀬町・高千穂町・日之影町/西諸県郡-高原町
  • 【は】日向市/東諸県郡-綾町・国富町/東臼杵郡-門川町・美郷町・椎葉村・諸塚村
  • 【ま】都城市/宮崎市

※宮崎県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

宮崎県の各施設や観光地の周辺地域でのバッテリー上がりにもスピード対応します!
宮崎空港/サンメッセ日南/宮崎港/日南海岸/天ケ城公園/垂水公園/健康ランド華の湯/都農ワイナリー/宮崎神宮/宮崎県総合博物館/宮崎県総合運動公園/イオンモール宮崎/道の駅フェニックス/青島海水浴場/エアプレインパーク/北浦臨海パーク/みやざき臨海公園/平和台公園/グリーンパークえびの/ルピナスパーク/宮崎市久峰総合公園/宮崎市フェニックス自然動物園/お倉ケ浜海水浴場/宮崎科学技術館/宮崎県立美術館/ガーデンテラス宮崎…他

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの前兆症状の確認と走行充電

バッテリー上がりの原因と対策

自動車やバイクのバッテリー上がりは、ライト類の消し忘れが原因で起きることが多いですが、バッテリーは消耗品ですので十分な機能を果たせなくなれば、新しいバッテリーに交換する必要があります。

バッテリーが過放電状態になるとバッテリー上がりになりやすいですが、過放電は様々な要因で起きるため、いくら注意していても起きる時はバッテリー上がりが起きてしまいます。

しかし、バッテリー上がりがドライブ旅行中などに突然起きた時に対処法をきちんと知っていないと、せっかくの楽しい旅行の時間を台無しにしてしまいます。バッテリーの寿命は2年~3年ですので、2年を過ぎた頃からはバッテリー上がりに気を配っておいた方が良いでしょう。

バッテリー上がりになりやすい状態になると普段とは違う症状が現れますので、その前兆症状に気づくことでバッテリー上がりを未然に防ぐことも可能になります。

バッテリー上がりの前兆症状

バッテリー上がりは突然起きることもありますが、過放電によるバッテリー上がりは、バッテリーの充電量が少なくなっていますので何らかの前兆症状が現れます。

など、電力を必要とする電装品を使った時の異変で、バッテリーが弱まっていることが分かります。これらのバッテリー上がりの前兆症状が現れ、前回のバッテリー交換時から2~3年以上経っている場合は、バッテリーの寿命(交換時期)が迫っている可能性があります。もし、バッテリー上がりになってしまい、ジャンピングスタートしてから走行充電しても、すぐにバッテリーが上がってしまう場合は、バッテリー交換を行った方が良いでしょう。(バッテリー交換を行なってもバッテリー上がりになる場合は、発電系の故障が考えられます。)

エンジン始動時の異変

バッテリーが弱ってくると、ヘッドライトやウィンカー、パワーウィンドウなどの電装品だけでなく、エンジンを始動する時の異変でもバッテリー上がりの前兆症状が現れます。具体的にはバッテリーが弱ってくると、エンジン始動時のセルモーターの音や回り方に元気がなくなってきます。

バッテリーの外観も変化

電装品やエンジン始動時に異変を感じた時は、自動車のボンネットを開けてバッテリーの外観を点検してみてください。バッテリー本体の側面が通常よりも膨らんでいたり、端子部分に白っぽい粉のようなものが付着している場合は、バッテリーの寿命が近づいているサインになります。

バッテリー上がりの前兆症状が出たらまずは充電

バッテリーの前兆症状が現れた時は、まずは充電を行います。充電器をお持ちであれば、充電器を使うのも良いですが、自動車やバイクのバッテリーは、走行することで自己充電を行いますので、走行充電を行うと良いでしょう。大体、1時間程度の走行充電をしてあげて様子を見ると良いと思います。

十分な走行充電を行なっても、バッテリー上がり間近の症状がすぐに現れる場合は、バッテリーの交換時期と判断しても良いでしょう。

バッテリー寿命ギリギリまで我慢する場合

バッテリーは決して安い部品ではありませんので、バッテリー寿命ギリギリまで使いたい場合は、ジャンプスターターを持ち歩けるのでがあれば、バッテリー寿命ギリギリまで使えるので経済的です。

宮崎県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
宮崎県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→