延岡市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 宮崎県 > 延岡市

延岡市でのバッテリー上がり救援サービス

延岡市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
延岡市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

延岡市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。延岡市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

延岡市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

延岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
延岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

延岡市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

延岡市でのバッテリー上がり対応情報

延岡市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

延岡市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

延岡市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:延岡市の警察署・市役所の連絡先

  • 延岡警察署:延岡市愛宕町3丁目143番地2「TEL:0982-22-0110」
  • 延岡市役所:延岡市東本小路2番地1「TEL:0982-34-2111」

延岡市でのバッテリー上がり救援対応事例

延岡市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

延岡市日の出町:バッテリー寿命のため出張バッテリー交換利用

出張場所:延岡市日の出町のコンビニ駐車場

車  種:ダイハツ ハイゼットカーゴ

コメント:配達中なのにバッテリー上がりでエンジンがかからなくなり、車を動かすことができなくなってしまいました。出掛ける時にエンジンがかかり難かったので、バッテリーが弱っているらしいことは感じましたが、走っていれば充電されるだろうと思いました。

しばらくエンジンを停止しないで配達を続けていたのですが、昼休憩する時にエンジンを停止したところ、エンジンがかからなくなってしまいました。今日中に配達しなければいけないものが何十個も残っているので困り果てましたが、スマホで「バッテリー上がり 救援」と検索して出張サービスがあることが分かりました。

バッテリーをここで交換してくれるサービスにも対応しているそうでしたので、度々バッテリー上がりでエンジンがかからなくなるのは困るため、ジャンピングではなく出張バッテリー交換をお願いすることにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因

バッテリーの役割とバッテリー上がりの症状

バッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからなくなってしまいますが、その原因はうっかりミスや車の使い方、バッテリーの寿命によるものなど様々です。

原因を知っていれば、ある程度はバッテリー上がりを防ぐことが可能ですが、一般的には以下の様な原因が多いです。

ライト類の消し忘れによるもの

ヘッドライトやハザードランプ、室内灯などのライト類の消し忘れで、バッテリー上がりになることが多いです。室内灯のスイッチが「DOOR」にしている場合は、ドアをしっかりと閉めていないと点灯したままになりますので、半ドアもバッテリー上がりの原因になります。

バッテリーに蓄電できる電気には限りがありますので、その蓄えられた電気を使い切ってしまうとバッテリー上がりになってしまいます。駐車中はエンジンが停止していますので、オルタネーターで発電されていません。そのため、ライト類を消し忘れてしまうと、充電されない状態でバッテリーの電気を使い続けてしまうため、やがてバッテリー上がり状態になってしまいます。

夜中や暗い駐車場であれば、ライト類の消し忘れに気づきやすいですが、昼間は明るいですので消し忘れに気づき難いため、消し忘れが発生しやすい傾向があります。

車を使用する機会が少ない

車に乗る機会が少なかったり、走行距離が少ないとバッテリー上がりになりやすくなります。バッテリーの自然放電が原因ですが、駐車しているだけの状態でもコンピューターやセキュリティシステムなどの電装品が、バッテリーの電気を常に消費しています。

そのため、ある程度は定期的に車を使用して充電しないと、自然放電でバッテリーの電気が消費され続けてしまうため、バッテリーが上がってしまうことがあります。

車両の設定情報や記憶情報などが消えてしまうデメリットがありますが、長期間車に乗らないことが分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておくと、自然放電によるバッテリー上がり対策になります。バッテリー端子を外すのが不安な場合は、バッテリーキルターミナルという市販品を利用すると、簡単に外す操作ができる様になります。

バッテリーの寿命

車のバッテリーは、充電と放電を繰り返しながら消耗する部品ですので、経年劣化して蓄電できる容量が低下します。バッテリーの寿命は、慢性的に充電不足状態が続いてしまうと短くなる傾向がありますが、寿命を迎えてしまったバッテリーは、充電してもほとんど蓄電されませんので、バッテリーを交換して対処するしかありません。

延岡市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
延岡市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→