塩尻市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 長野県 > 塩尻市

塩尻市でのバッテリー上がり救援サービス

塩尻市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

塩尻市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。塩尻市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大門/塩尻東/片丘/広丘/吉田/高出/洗馬/宗賀/北小野/楢川地区など、塩尻市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で塩尻市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

塩尻市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

塩尻市でのバッテリー上がり対応情報

塩尻市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

塩尻市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

塩尻市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

塩尻市でのバッテリー出張交換にも対応

塩尻市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

塩尻市洗馬:ジャンピングでエンジ始動よりバッテリー交換

出張場所:塩尻市洗馬のお住いのお客様ご自宅

車  種:レクサスLS460(型番:DBA-USF40)

トラブル:バッテリー上がりでエンジンが始動できなくなったが、バッテリーが弱っている症状も出ていたので、新しいバッテリー(105D31L)に交換。

コメント:2年ほど前に中古で購入したレクサスLS460ですが、中古で購入したのでどのくらい使ったバッテリーかは分かりませんでした。購入してからバッテリー交換や充電はしていないので、2年以上使用しているのは確実です。

バッテリーが弱ってきた症状は感じていたのですが、今度の週末までは仕事が忙しくてバッテリーの充電や交換に費やす時間はありませんでした。

今朝、仕事に出掛ける時にバッテリー上がりでエンジンがかからず、バッテリー上がりを助けてくれることころがないか、車の中でネット検索してみました。

ジャンピングでエンジンをかけてくれることは分かったのですが、バッテリー交換も出張対応でしてもらえるとのことでしたので、車種名や車検証に記載されている型番、現在搭載しているバッテリーの型番などを連絡して、バッテリ交換してもらうことになりました。

ちょうどバッテリーの在庫もお持ちで、早く来て頂きましたので助かりました。

塩尻市大字柿沢:DVD観賞中に過放電でバッテリー上がり

出張場所:塩尻市大字柿沢(みどり湖パーキングエリア)

車  種:トヨタ カローラフィルダー

トラブル:エンジンを停止した状態でDVDを見ていたため、過放電でバッテリー上がり。

コメント:運転中に疲れて眠くなってしまい、パーキングの駐車場にやっとの思いで辿り着き、エンジンを止めたつもりで仮眠していました。すぐに寝てしまったのですが、目が覚めるまで40分位の間DVDなどが動いていたみたいです。キーをOFFまで戻していませんでした。

今回バッテリー上がりになってしまったバッテリーは、去年交換したものなのですが大丈夫でしょうか? ネットで調べてみると、一度バッテリー上がりになると性能は落ちるものの継続して使えるみたいですが・・・。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー取り扱い時の注意点

バッテリー取扱い時の注意

自動車に使われているバッテリーは発火事故の危険性がありますので、取り扱いには十分注意する必要があります。特に電極やケーブルのショートによる発火や液こぼれには注意が必要です。

一般的に使用されているのは開放型の鉛バッテリーですが、メンテナンスフリーなどの密封型のバッテリーといえども、取り扱い方法を誤ってしまうと発火の危険性があります。そのため、バッテリーの危険性と取り扱い方法を正しく知ることが重要です。

ショートさせないように注意する

バッテリーを充電する時は、充電用のケーブルをバッテリーの端子に接続します。そしてバッテリー交換する時は、端子からケーブルを取り外したり、バッテリー本体を載せ換えたりします。ご自分で充電やバッテリー交換をする方もいると思いますが、バッテリーの危険性を十分認識して作業を行う必要があります。

一般的なバッテリーであっても、密閉式のバッテリーであっても、負荷のない状態でプラスとマイナスをショートさせてしまうと、発火の危険性があり大変危険です。負荷のない状態で一気に電流が流れることによってスパークが発生して、バッテリーから出ている水素ガスに引火する可能性もあります。

バッテリーの端子はバッテリー本体の上部に露出していますので、工具をバッテリーの上に置いてショートさせてしまったり、プラス極につないだケーブルの先端をボディーにショートさせたりしまわないように十分に注意して取り扱う必要があります。

鉛バッテリーから発生する水素ガス

鉛バッテリーは化学反応を起こしながら充電と放電を繰り返していますが、充電している時には水素が発生しています。水素は燃焼範囲が広く、極めて小さなエネルギーでも着火する特性を持っていますので、ショートした時に発生するスパークが引火する可能性があります。

水素の濃度が高くなるほど引火の可能性も高くなりますが、空気よりも比重が軽いので換気に気を付ければ上昇して拡散することで、引火の可能性が低くなります。もし、ご自分でバッテリーの充電を行う場合は、密閉されたところでは行わないようにした方が良いでしょう。

転倒や液漏れに注意

自動車のバッテリー液は、液量不足になると電極板が腐食したり劣化を早める原因になりますので、日常的な点検が必要です。バッテリー液を補充する時には入れ過ぎに注意する必要があり、入れ過ぎた時の吸い取り用としてスポイトを用意しておくと良いでしょう。

また、バッテリーの中には希硫酸が入っていますので、バッテリー本体を転倒したりして液がこぼれてしまうと危険です。洋服などに付いてしまうと次第に溶けてしまいます。

塩尻市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
塩尻市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→