雲仙市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 長崎県 > 雲仙市

雲仙市でのバッテリー上がり救援サービス

雲仙市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

雲仙市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。雲仙市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

雲仙市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で雲仙市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

雲仙市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

雲仙市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
雲仙市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

雲仙市でのバッテリー上がり対応情報

雲仙市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

雲仙市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

雲仙市でのバッテリー出張交換にも対応

雲仙市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

雲仙市でのバッテリー出張交換にも対応

雲仙市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

雲仙市小浜町:ダイハツ タントのバッテリー上がり対応

出張場所:雲仙市小浜町内の道路沿い路肩

車  種:ダイハツ タント

コメント:ラーメン屋さんの駐車場が満車だったので、路肩に車を停めておきました。道幅が広いので駐車してもほとんど邪魔にならないし、他の2~3台くらいの車も駐車していました。

このラーメン屋さんは、仕事帰りに時々立ち寄るのですが、注文すればすぐにラーメンが出てくるので、路肩に駐車するとしても15分くらいあれば戻って来れます。今日は混んでいたので少し時間がかかりましたが・・。

但し、駐車中にハザードランプは点灯していたのですが、ヘッドライトを消し忘れていました。今迄ヘッドライトを消し忘れたことなどなかったのに残念です。自分が店内に行こうとした時に家族連れがいたので、早く店内に入ろうとして急いで車から降りたのがいけなかったと思います。

バッテリーを交換してから4年以上は経っています。待っている間にスマホで車のバッテリーについて調べていましたが、バッテリーの交換時期は一般的に2~3年らしいです。また、バッテリー上がりをやってしまうと、バッテリーの性能が落ちてしまうとも掲載されていました。

電話した時にはジャンピングスタートで申し込みましたが、もしサービスカーにこの車に適合するバッテリーを積んであるのであれば、バッテリー交換で対応してください。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がり以外でエンジンがかからない原因

バッテリー上がり以外でエンジンがかからない原因

車のエンジンがかからないトラブルで一番多いのは、やはりバッテリー上がりによるものです。バッテリーが寿命状態でなければ、ジャンピングやバッテリーを充電することでエンジンを始動することができます。

バッテリーが寿命で交換が必要な場合は、新しいバッテリーに交換することで対処することになりますが、バッテリートラブル以外でもエンジンがかからなくなることがあります。

もし、エンジンがかからなくなった場合は、うっかりミスなどのケースもありますので、もしもの場合は以下の内容を確認してみてください。

(1)エンジン始動時の操作ミス

エンジン始動時に以下のような操作ミスでエンジンがかからないことがあります。レンタカーや代車など、いつも乗っている車以外を運転する時は要注意です。

年式が新しい車になると、誤発進防止の安全装置が付く場合もあり、エンジンの始動条件が変わってくる可能性もあります。

(2)スマートキーの電池切れ

スマートキーの電池切れでエンジンがかからない場合もあります。電池が切れてすぐであれば、車体側のエンジンスタートボタンにスマートキーを近づけることでエンジンが始動できる場合もあります。

(3)セルモーターの故障

エンジンを始動させるには、最初は強制的にセルモーターを回転させる必要があります。バッテリーに異常がないのにセルモーターが回る音がしない場合は、セルモーターの故障が考えられます。

セルモーターの場所が分かる時は、外部から衝撃を加えることで、断線している部分が一時的に接触してセルモーターが回る場合もあります。

(4)点火プラグやプラグコードの不具合

セルモーターがしっかりと回転する音が聞こえるのにエンジンがかからない場合は、点火プラグやプラグコードの不具合が考えられます。車種や年式にもよりますが、点火プラグやプラグコードは車に複数箇所使われていますので、不安定でもエンジンがかかる場合があります。しかし、エンジンに不調が感じられる場合は、早めに点検整備を受けた方が良いでしょう。

(5)ガス欠

ガス欠状態ではエンジンがかかりません。燃料計を見過ごしたりするケースもありますが、エンプティーランプが点灯した時は早めに給油してください。稀に何らかの故障でエンプティーランプが点灯しない場合もありますので、運転する前に燃料計でどれくらい燃料が入っているか確かめること大切です。

燃料計が壊れていなければ、ガス欠は未然に防げるトラブルですので、早めに給油することがトラブル回避につながります。

(6)ハンドルロック

盗難防止用のハンドルロックが解除できなくなり、キーが回せないためエンジンがかからなくなることもあります。ハンドルロックがかかっている場合は、キーに力を込めて回してしまうとキーが折れてしまう場合もあります。

ハンドルロックを解除する時は、左右にハンドルを揺さぶりながらキーを回します。キーレスエントリーキー・スマートキーの場合は、やはり左右にハンドルを揺さぶりながらエンジンスタートさせれば、ハンドルロックは解除できます。

(7)ヒューズ切れ

何らかの原因で過電流が流れた時には、電気回路を守るためにヒューズが切れて電気回路を遮断してくれます。ヒューズを入れ替えてエンジンがかかる場合もありますが、ヒューズ切れの原因を改善しなければ、再度ヒューズが切れてしまいます。また、どこかで火花が出る危険性もありますので、早めに整備工場に相談してください。

(8)その他のトラブル

車には様々な部品が使われています。燃料計や給排気系などのトラブルでエンジンがかからないケースもあります。エンジンがかからなければ、車を運転して整備工場にいけませんので、その場合は当社のようなレッカーサービスをご利用ください。

雲仙市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
雲仙市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→