香芝市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 奈良県 > 香芝市

香芝市でのバッテリー上がり救援サービス

香芝市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

香芝市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。香芝市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

志都美/関屋/旭ヶ丘/二上/下田/真美ヶ丘/五位堂/鎌田/三和地区など、香芝市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で香芝市全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

香芝市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

香芝市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
香芝市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

香芝市でのバッテリー上がり対応情報

香芝市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

香芝市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

香芝市でのバッテリー出張交換にも対応

香芝市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

香芝市でのバッテリー出張交換にも対応

香芝市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

香芝市真美ヶ丘:バッテリー上がり…車検で交換を勧められていたが

出張場所:香芝市真美ヶ丘にお住いのお客様ご自宅

車  種:クラウン マジェスタ

コメント:先月の中旬頃になりますが、ディーラーに車検をお願いした時にバッテリーの交換時期が迫っていると言われました。その時は時間に余裕がなかったので聞き流してしまいましたが、車検を受けて1ヶ月も経っていないのにバッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいました。

週末の土日しか車に乗る期間がないので1週間ぶりに車で買い物に行こうとしていました。Google検索でバッテリー上がりの救援について調べていましたが、バッテリー交換も出張先で行ってくれることが分かりましたので、バッテリー交換してエンジンがかかる様にしてもらおうと思いました。

エンジン始動だけしてもらってから、オートバックスまで行ってバッテリー交換することも考えました。しかし、今日は週末なので混んでいて待たされると思ったので、自宅でバッテリー交換してもらえて助かりました。3ヶ月くらい前にドライブレコーダーをオートバックスで取り付けてもらっらのですが、2時間くらい待たされたので大変でした。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)のバッテリー上がり

ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)のバッテリー上がり

最近は電気の力を利用して走れるハイブリッド車(HV)や、電気自動車(EV)が増えてきており、街中でも良く見かける様になりました。電気の力で走りますので、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)にもバッテリーが搭載されていますが、ガソリン車と違って2つのバッテリーが搭載されています。

1つは「駆動用バッテリー」で車を走らせる役割があり、もう1つは「補機バッテリー」でシステムや電装品を動かすに電気を供給する役割をしています。

補機バッテリー

HVやEVの補機バッテリーは、ガソリン車と同様に鉛蓄電池ある場合が多く電圧もDC12Vです。また、補機バッテリーもガソリン車と同様にヘッドライトや室内灯の消し忘れなどが原因で、バッテリー上がりを起こします。

補機バッテリーが上がってしまい容量不足になってしまうと、システムも立ち上がらずエンジンもかかりませんので、車を動かすことができなくなります。

HVやEVの補機バッテリーが上がってしまった時は、ガソリン車と同じ方法のジャンピングスタートやバッテリーの充電、そしてバッテリー交換などで回復できます。但し、補機バッテリーは救援端子などもあり、ガソリン車とは勝手が違うこともありますので、初めて補機バッテリーに触る場合には、説明書で確認した方が良いでしょう。

HVやEV車を乗っている場合、ガソリン車にバッテリー上がりの救援を求められた時には、安易に引き受けてはいけません。バッテリー上がりした車のエンジンが始動できた瞬間に、大きな電流が流れてハイブリッドユニットなどが故障してしまいます。

駆動用バッテリーは最近のHVやEV車であれば、車の寿命と同じくらい使うことができますが、補機バッテリーは車の使用状況にもよりますが、一般的に2~4年くらいで交換が必要になります。ガソリン車のバッテリーと違って構造が異なるため、専用のバッテリーに交換する必要があります。バッテリーの購入費用はガソリン車のバッテリーよりも高めです。

HVやEVのジャンピングスタート

HVやEV車のバッテリーが上がった時は、HVやEV車、ガソリン車などの救援車のバッテリーとブースターケーブルでつなでジャンピングスタートすれば、エンジンを始動することができます。バッテリーが寿命を迎えていなければ、エンジン始動後に30~60分ほど走って充電すれば、次からは正常にエンジンがかかる様になります。

何度もバッテリー上がりを繰り返してしまう場合は、バッテリーの寿命で交換しなければいけなくなりますが、稀にオルタネーター(発電機)が故障している場合もあります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→