奈良市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 奈良県 > 奈良市

奈良市でのバッテリー上がり救援サービス

奈良市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

奈良市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。奈良市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

奈良市内全域のバッテリー上がりトラブルに対応しております。

奈良市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

奈良市でのバッテリー上がり対応情報

奈良市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

奈良市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

奈良市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

奈良市でのバッテリー出張交換にも対応

奈良市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

JR奈良駅前:4時間ほどの半ドアでバッテリー上がり

出張場所:JR奈良駅前にある奈良市営JR奈良駅第一駐車場

車  種:ダイハツ ミラジーノ

トラブル:4時間程の駐車中に半ドアでルームランプが点きっ放しでバッテリー上がり。

コメント:JR奈良駅前にある奈良市営JR奈良駅第一駐車場に車を4時間程駐車していましたが、運転席側のドアが半ドアになっていました。多分、ルームランプが点きっ放しになってバッテリー上がりになってしまったと思います。半年ほど前に中古で購入した車なので、どのくらい使われていたバッテリーか分かりませんが、セルが回る音が弱々しくてエンジンがかかりません。

奈良市北京終町:自然放電によるバッテリー上がり

出張場所:奈良市北京終町のお客様ご自宅の車庫

車  種:日産 エクストレイル

トラブル:自然放電によるバッテリー上がり。

コメント:1ヶ月くらい車に乗る機会がなく、一度もエンジンをかけていなかったのですが、明日の朝早くに車で出掛けることになり、久しぶりに乗るので試しにエンジンをかけようとしたら、エンジンがかからなくなってしまいました。

エンジンがかかったら、1時間ほど車を乗り回してからガソリンを給油して、明朝出掛ける準備をしたいと思います。バッテリーは交換してから2年も経っていないと思います。取り敢えず、エンジンが始動できたら1時間程乗り回して来れば充電できますよね? もし、明朝出掛ける時にエンジンがかからなかったら、その時は出張でバッテリー交換をお願いするかも知れません。その際はよろしくお願いします。

奈良市:ヘッドライトとエアコン消し忘れによるバッテリー上がり

出張場所:奈良市内のコンビニ駐車場

車  種:ダイハツ ムーヴ

トラブル:ヘッドライトとエアコン消し忘れでバッテリー上がり。

コメント:コンビニでチョットした買い物がありコンビニに寄りました。車を離れる時にエンジンは止めたのですが、ヘッドライトとエアコンは消し忘れました。車を離れる時にヘッドライトとエアコンの消し忘れには気付いたのですが、車の中に家族が乗っていたこともあり、すぐに戻るので大丈夫と思いそのままにしてしまいました。

レジが少し混んでいたので、少し時間がかかりましたが10分以内には車に戻ったと思います。エンジンをかけて家に帰ろうとキーを回したところ、セルモーターの回りに元気がなくエンジンがかかりませんでした。ヘッドライトを消して、エアコンのスイッチも消して、再度エンジンをかけようとしてもエンジンがかからず諦めました。

バッテリー上がりだと思います。家族が車の中で退屈してしまうと思いますので、なるべく早く救援に来てくれると助かります。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因や対処方法について

ヘッドライトの消し忘れ

車のタイヤが擦り減って交換するのと同じ様に、バッテリーも長く使っていれば劣化により寿命を迎えて、新しいバッテリーに交換する必要があります。一般的にバッテリーの寿命は2~3年と言われておりますが、まだまだ使えるバッテリーであっても、充電量より電力消費量が大きく上回ってしまうと充電不足の状態になり、エンジンがかからなくなってしまいます。

ロードサービスを行っていて車やバイクのトラブルで比較的多いのは、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなるトラブルですので、バッテリー上がりの原因と対処法についての理解を深めておくことで、もし身近でバッテリー上がりが起きた時に冷静に対処することができます。

バッテリー上がりになる主な原因

バッテリーが上がってエンジンが始動できなくなってしまう状態になるのには様々な原因があります。ヘッドライトやスモールライトの消し忘れ、ハザードランプの長時間点灯、室内灯の消し忘れや半ドアによる長時間の点灯など、消費電力の多い電装品やエアコンの使用頻度が多くて、電力の消費量が増えているのも原因として考えられます。

エンジンをかけて車を走らせることでバッテリーの充電ができます。しかし、エンジンを止めた状態でライト類やカーナビなどの電装品を使い続けてしまうと、充電された電力がどんどん消費されてしまうだけですので、次第にバッテリー上がりになってしまいます。また、電飾品を追加して取り付けたり、電力消費の多い電装品を追加したのにバッテリーの容量を大きくしないでいると充電不足となり、この様な場合にもバッテリーが上がってしまいます。

車はエンジンを停止して止まっているいる状態でも、自然放電しておりますので電力を消費しています。そのため、長い間車に乗らないでいるとバッテリーが上がってしまいます。同じ様な理由になりますが、短い距離の走行ばかりが多い場合にも充電が十分に行われませんので、充電不足になってしまいます。

その他、車の部品の中で発電の役割をしているオルタネーターなどの部品が故障した場合や、バッテリーが劣化して弱って機能不足になっている場合にもバッテリー上がりが起きてしまいます。

バッテリーが上がった時の対処方法

バッテリーが上がってしまうと、エンジンをかける時にセルモーターを作動させる電力がなくなってしまいますので、エンジンがかからなくなり、車を運転することができなくなってしまいます。

ちょっとした不注意でライト類の消し忘れなどの電力の使い過ぎで、バッテリー上がりになってしまった場合は、エンジンをかけることができれば、そのまま走って充電することができます。この場合は、エンジンをかけるのに必要な電力を他の車のバッテリーから電気を分けてもらうことでエンジンを始動します。一般的に「ジャンピングスタート」と呼ばれていますが、車のバッテリー同士を専用のブースターケーブルでつないで電力を分けてもらいエンジンを始動します。万が一の事態に備え、ブースターケーブルを持ち歩くのも良いでしょう。

ジャンピングでエンジンを始動する為の電力を分けて貰うためには、バッテリーの電力を貸してくれる車を探す必要があります。ただ、この様な時ほど親切な人を探すのは大変面倒ですので、生活トラブルSOSのロードサービスにご連絡下さい。、24時間全国対応でバッテリー上がりでお困りの現地に急行して、エンジン始動のお手伝いをさせて頂きます。

奈良市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
奈良市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→